中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリアをダッシュする

地元をダッシュするニュースサイト ジモッシュ

ジモプチトリップvol.131 豊前市が誇る大スター! 大河内傳次郎生家跡【豊前市】

公開日:2022年03月12日 (更新日:2024年04月13日)

ライター:Yosaroh

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

歴史的に名を残した偉人、大スター。一体どんな場所で生まれて育ったのか…。とっても気になりませんか?今回ライターが訪れたのは豊前市。大正の銀幕スター大河内傳次郎の生家跡があると聞きつけ、行って来ました!

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

山手へ

豊前市国道10号線上にあるローソン豊前千束店の交差点を山手に進んでいきます。合岩小学校を過ぎて少しすると左手にご覧のような案内板を見つけることができます。

案内板に従って従って進もう

先程の案内板の場所を左折して進むと突き当たりに更なる案内板が。

300m程先に目的地があるようです。広葉杉も有名なようですね。ここから更に道なりどんどん進んでいきましょう。

駐車場

少し道が狭いので不安になってしまいそうでしたが、無事に駐車場に到着!

奥には案内板らしきものも見えます。しかし、墨で書かれていたようで、風化して読めなくなっていました。残念…。しかし、駐車場の目印になりますね。

奥へ

奥の方へ進んでみると、まず目に入ったのは広葉杉の説明板。

なんと天然記念物なんだとか!

揺るがない

この「国内でも有数の樹齢を持つ」とある大杉。

確かに大きい!!!天然記念物となったのが昭和31年とのことなので、その頃よりもっと昔からここに在るんですね。

揺るがない自然の力を感じます。

さらに奥へ

更に奥へ進んでみましょう。

現在は大分自然の姿が多く残っていますが、飛び石があるおかげで迷わずにすみますね。この飛び石も傳次郎縁のものだったんだろうか…と思うと感慨深いものがあります。

垣間見える生家の存在

生家跡とのことなので、何も残っていないのだろうと思っていましたが、よくみて見るとそこかしこに少しずつ生家の名残が残っていました。

「日本映画史上最高のスター」とされる大河内傳次郎。素朴な田舎でありながら落ち着いた雰囲気を持つこの地で生まれ育ったんですね。

店舗名 大河内傳次郎生家跡
住所
〒828-0082 福岡県豊前市大河内

内容は2024年04月13日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です



Instagram LINE あなたのお店を紹介しませんか?
あなたのお店を紹介しませんか?