中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリアをダッシュする

地元をダッシュするニュースサイト ジモッシュ

ジモプチトリップvol.115 僧侶が救った軌跡 東方延命地蔵尊【中津市】

公開日:2021年11月06日 (更新日:2024年04月13日)

ライター:Yosaroh

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

 

中津市の国道213号線から県道697号線へ入ってすぐにある今回のスポット。見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

中津港入口交差点

中津市の国道213号線、「中津港入口」と書かれているそちらの交差点を本耶馬渓方面へ曲がって進みます。

見えた!

曲がって間もなくあるS字カーブの終点まで行くと左手に見えるのがこちらの建物。きっと通りすがりに見たことがある人も多いですよね。

広い

建物手前の道へ入って行くと、現れたのは意外と広い駐車場。

 

少し入り口が狭いですがこれだけのスペースがあると安心して駐車できますね。

由来

さて。一番気になるのは一体この「東方延命地蔵尊」がなんなのか、ですよね。

 

説明板によると、こちらの地蔵尊に関する「記録」は残っておらず、世代を超えて語り継がれてきたものなんだそう。

 

かつてこの土地に疫病が流行った際にある僧侶が疫病を鎮めるために、穴を堀り、その中で疫病の退散を願いながら念仏を唱えたのだとか。そしてついにその僧侶が即身仏と化した後に疫病も鎮まったそうです。土地の人々はこの僧侶に感謝して地蔵尊と五輪塔を建てて祀ったということです。

 

即身仏の話はライターも幾度と聞いたことがありますが、まさかこんなに身近な場所で即身仏となった方の話を聞くとは思いませんでした。

 

※即身仏そのものは祀られていません。

お地蔵さま

さっそくお堂の中へ入ってみましょう。

 

駐車スペースもですが、お堂の中も綺麗にされており、地域の方々から大切にされているのがわかりますね。

 

祠の上には般若心経が書かれた布があります。

安心感

お地蔵さまの顔をまじまじと見ていると、ほんのり笑顔のようにも見えます。何だか安心感を与えてくれるお顔ですよね。

 

そういえば、説明板にも「いつしか心安らぎ」、「他にはやさしく」といったフレーズもありました。実際お参りしたライターの心も心なしか穏やかになったような気も。

 

心に安らぎを感じさせてくれるお地蔵さま。皆様も一度参拝してみてはいかがでしょうか。

店舗名 東方延命地蔵尊
住所
〒871-0004 大分県大分県中津市上如水

内容は2024年04月13日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です



Instagram LINE あなたのお店を紹介しませんか?
あなたのお店を紹介しませんか?