中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.59 町中城跡巡り!犬丸城跡と中尾城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

意外と城跡が多いNOASエリア。町中にもチラホラと城跡があるのにお気づきでしょうか。今回は犬丸城跡と中尾城跡にプチトリップしてきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

(2020.10.11)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

犬丸城跡へ!

犬丸城跡へ!

今回の目的地である城跡はどちらも地域の中に溶け込んだ場所にあります。

 

まずは犬丸城跡を目指します。10号線を中津から宇佐方面へ進み、犬丸のセブンイレブンの交差点を海側へ進みます。

 

マップをご覧になっていただくと分かる通り、意外とここからはすぐなのですが、いかんせん町中なので、目印がありません。ナビに従って進むのがオススメです。

到着

到着

交差点を曲がって道なりに進んだ後、ぐるりと囲むように地区の内部への道を進んでいくと左手奥に案内板を発見しました。

 

ちょうどこのあぜ道の入り口にゴミ捨て場と防火用水があるので、そこを目印にすると分かりやすいかと思います。

犬丸城とは

犬丸城とは

あぜ道を進んで行くと、犬丸城跡の説明板と御堂の様な建物が。

 

しかし城跡の様なものが見当たりません。

 

説明板によると、この犬丸城は豊後への繋ぎの城として建設された豊前五城のひとつで、加来氏の子孫が犬丸氏と名乗り、住んでいたとのことです。戦国時代の犬丸城主は黒田官兵衛の豊前入りに反対し、国民一揆に参加しました。その後、犬丸氏は黒田長政によって討ち取られたんだとか。

これが犬丸城跡!

これが犬丸城跡!

説明板をよく見てみると、

 

↗︎犬丸城跡(伝本丸跡の高台)

 

と書かれていました。

 

その矢印の方向を見てみると‥

 

森⁈

 

つまりはこちらが城跡になるようです。何も知らなければ木が繁った場所、という感じですが、これが城跡だと思うと、悲しいようななんだか複雑な気分になりますね。

犬丸城跡

所在地
〒879-0105 大分県中津市犬丸

次は中尾城へ!

次は中尾城へ!

続いてライターが向かったのは中尾城跡。

 

こちらも同じ犬丸エリアにあるのですが、犬丸城へ向かう際に曲がったセブンイレブンの交差点を今度は山手に進みます。

 

こちらも入り組んでいるのでナビがオススメです。

公園?

公園?

到着した先には…公園?

 

城跡の「し」の字も見当たりません。

 

これは間違えたか?と思いつつ、中を少し散策してみることに。

あった!

あった!

公園内を歩きつつ、ふと脇に目をやると…

 

ありました!「中尾城址」の文字が!しかし、下に「墓地公園建設記念碑」と書いてあります。

 

墓地…公園…なかなかリンクしない2つの言葉です。

なるほど

なるほど

更に奥へと進むとお墓がありました。

 

なるほど…それで墓地公園なのですね。

 

中尾城主の中尾氏は宇都宮氏の一族で、中尾氏も黒田氏に※討たれたのだそう。(※しかし、場所は中津城とのこと)

中尾城跡

所在地
〒879-0105 大分県中津市犬丸

近くの神社へ

近くの神社へ

あまりにさっぱりしすぎている今回のジモプチトリップ…。他にも何かないものか、とキョロキョロしていると、近くに犬丸天満宮があることが判明したので、そちらにも立ち寄ってみることに。

 

犬丸天満宮は、かの菅公こと菅原道真を祀る神社。境内内の雰囲気も清らかで気持ちが良いです。お手水鉢もシダが生えていて趣があります。

偶然?

偶然?

本殿手前に左に池が見えたのでフラフラと行ってみると、鳥居を発見しました。

 

よくよく見てみると…

 

「中尾鎮守社」

 

と書かれています。ん?鎮守社(ちんじゅのもり)となんぞや?と思い、調べてみると、いわゆる土地神を祀る社のことだそうです。

 

中尾氏、中尾城と中尾鎮守社…。

 

偶然なのでしょうか。調べてみましたが由来を見つけることはできませんでした。同じ土地と同じ氏…なにか共通点があるような気がしてなりませんね。

 

 

あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をお寄せください。

犬丸天満宮

所在地
〒879-0105 大分県中津市犬丸1530
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

ジモプチトリップvol.61 一日中楽しめる!天地山公園【豊前市】

ジモプチトリップvol.61 一日中楽しめる!天地山公園【豊前市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回ライターが訪れたのは豊前市にある天地山公園。実はこちらの公園は全国の公園の模範となるべく選ばれた「日本の都市公園100選」のひとつで、立派な名所のひとつなんです。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

カレー巡りの旅【ナチュラルファーム菓樹/上毛町】

カレー巡りの旅【ナチュラルファーム菓樹/上毛町】

皆さんはカレーライス、好きですか?

実は中津市にゆかりのある福沢諭吉が広めたとされる【カレーライス】。

ここノースエリアには沢山のカレー店があります。

そんな誰もが愛してやまないカレーを、ジモッシュ!webライターがお店を巡って取材します!

今回の取材先はスイーツでも評判、上毛町の「ナチュラルファーム菓樹」さんです。

※ライターは新型コロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお召し上がりください。

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回訪れたのは宇佐市にある葛原古墳。四日市からすぐのその場所は市街地からほど近いとは思えない所でした。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

【上毛町】ジモッシュランチまとめ決定版!4選

【上毛町】ジモッシュランチまとめ決定版!4選

ジモッシュ!webが過去に取材してきたランチ情報をまとめた、ランチ情報決定版!今日のランチはどこに行く??

今回は上毛町エリアから4件をご紹介します★

※内容は過去の取材内容を基に構成しています。写真は取材当時の物を使用しています。

※情報は取材・公開日時の物です。最新の営業時間、価格などは異なる場合がございます。

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

豊前市の宇島駅近くにあるスーパーマーケット「マルショク」。豊前市のみならず、他のNOASエリアでも馴染み深いスーパーマーケットのひとつだが、ここマルショク豊前店は地域の人々にとってより深い存在意義を持っている。

 

様々な理由で今まで色んな店舗が閉店されてきた。一消費者として、閉店する店舗を寂しくも黙って見つめてきた経験をした人はかなりいるのではないだろうか。

 

小さな個人だから?口出しする権限がないから?

「そんなことはない。想いを伝えることは出来る。」

 

地区民が今立ち上がる。一体こういう時、我々に何が出来るのか。ライターが立ち上がった地区の方々に取材してきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.61 一日中楽しめる!天地山公園【豊前市】

ジモプチトリップvol.61 一日中楽しめる!天地山公園【豊前市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回ライターが訪れたのは豊前市にある天地山公園。実はこちらの公園は全国の公園の模範となるべく選ばれた「日本の都市公園100選」のひとつで、立派な名所のひとつなんです。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回訪れたのは宇佐市にある葛原古墳。四日市からすぐのその場所は市街地からほど近いとは思えない所でした。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

豊前市の宇島駅近くにあるスーパーマーケット「マルショク」。豊前市のみならず、他のNOASエリアでも馴染み深いスーパーマーケットのひとつだが、ここマルショク豊前店は地域の人々にとってより深い存在意義を持っている。

 

様々な理由で今まで色んな店舗が閉店されてきた。一消費者として、閉店する店舗を寂しくも黙って見つめてきた経験をした人はかなりいるのではないだろうか。

 

小さな個人だから?口出しする権限がないから?

「そんなことはない。想いを伝えることは出来る。」

 

地区民が今立ち上がる。一体こういう時、我々に何が出来るのか。ライターが立ち上がった地区の方々に取材してきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

ジモプチトリップvol.58 伝説と伝統が残る!古要神社【中津市】

ジモプチトリップvol.58 伝説と伝統が残る!古要神社【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

前回ご紹介した、凶首塚(きょうしゅづか)古墳。こちらの伝説にて隼人討伐に活躍したとされる傀儡(くぐつ)ですが、今も尚、傀儡による「傀儡の舞と相撲」が伝統的に残っているのだとか。

 

その伝統が残る神社とは?一体どんな場所なのでしょうか。今回は隼人討伐に参加したとされる神社の内のひとつ、中津市にある古要神社に訪れてみました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.57 首が眠る?! 凶首塚古墳【宇佐市】

ジモプチトリップvol.57 首が眠る?! 凶首塚古墳【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

何やら宇佐に凶首塚(きょうしゅづか)古墳なる、それはそれは恐ろしげな名前の古墳があることを聞きつけたライター。とにかく名前が不吉極まりない…。意を決して行ってきました!

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

一覧はこちら

ページTOPへ