中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.54 お堀がスゴイ!光岡城跡【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回訪れたのは宇佐市赤尾にある光岡城跡。10号線を通って中津から宇佐へ向かう途中に案内板を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

市街地から少し奥に入ったところにあるのでアクセスはgoogleのナビを使うと便利です。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

(2020.9.06)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

駐車場その1

駐車場その1

ナビに導かれて着いた先は光岡城跡の駐車場。かなり広く、バスも余裕で何台も停められる広さがあります。

 

ここから徒歩かな、と思いきや、車で上に上がっていけるようなので、この駐車場はスルーして車で上を目指すことに。道の脇には文殊菩薩堂(もんじゅぼさつどう)があるのですぐに分かりますよ。


道

山道を上り始めた時は道幅が狭いかな、と思ったのですが、少し進むと車2台分くらいの道幅に。

 

このようなスポットは道幅が狭いことが多いのですが、意外とここは広いです。

駐車場その2

駐車場その2

サクサク車で進んでいくと、頂上と思わしき場所に到着しました。

 

道の右側が駐車場になっていて、ご覧の様に20台くらい停められそうな程、駐車可能台数が多いです。

※写真は頂上方面から撮ったものです。

 

駐車場横にはトイレも完備されていましたよ。

いざ!

いざ!

ここから先は車両が通れないようになっているので徒歩で進みます。

 

道が整備されているので歩きやすいですね。

到着

到着

駐車場からさほど歩かずに城跡に到着しました。

 

こちらを訪れた際は梅雨シーズンが終わって少したっただけだったので、草も伸び伸びとしていました。

 

しかし、日頃から手入れされているようで、草が伸びている割には歩きやすかったです。

どこから行こうか

どこから行こうか

敷地内へ入ると開けた場所が。そこから辺りを見回すと、何かの石堂や東屋が見えます。

 

今までに訪れた城跡はかすかにその跡が残されている事が多かったので、こちらもそうなのかな、と思いつつ辺りを散策することに。

おおっ!

おおっ!

周囲をキョロキョロしていると、盛り上がった土塁と思しき場所に説明板らしきものを発見。

 

そちらの方へ行ってみると…おおっ!これは!

 

お堀跡!!

 

写真では実感しづらいですが、土塁はお堀から結構な高さがあります。すごくはっきりしているので、城跡の周囲を囲うようにぐるっとお堀があるのが説明なしでも分かるほど。宇佐市のホームページによれば、土塁が高さ2m、そして、お堀がなんと深さが6mもあるんだそうです。こちらの土塁とお堀は修復されたものだそう。

 

NOASエリアの城跡の中でもこのお堀の規模はトップクラスなのではないでしょうか。というより、ライターはこんなに分かりやすいお堀に出会ったことがないです。

土塁からの景色

土塁からの景色

そしてこの土塁からは宇佐の山々を見ることが出来るそうでご覧の通りの絶景が!

 

遠い昔の城からの景色を眺める…なんだか不思議な体験です。

様々な跡地

様々な跡地

更に散策を続けると櫓跡(やぐらあと)を発見。

柱列跡

柱列跡

こちらは柱列(ちゅうれつ)跡。

 

文字通り、柱の列、柱がたくさんあった跡地の模様です…が、残念ながらよく分かりませんね。

 

しかし、物は無くともここに存在したんだというのが分かるだけでも見方が変わりますね。

何だろう

何だろう

もう何もないかな?と思いきや、どんどん出てくる光岡城。

 

散策の際に、敷地の端を辿っていくと説明板と共に色々出てきます。

 

と、次に発見したのがこちら。これは一体?なにか金属製の箱のようなものが付いているので史跡ではないのでしょうか。

物見台跡

物見台跡

こちらはまた別の端で見つけた物見台の跡地。

 

先ほどの「箱付きの何か」から端を伝って辿り着いたのですが、それまでに「箱付きの何か」が何個が見つかりました。

 

しかもベンチがその「箱付きの何か」に向かって設置されている箇所もあったので、やはり史跡なのでしょうか。

 

物見台も端にあるので物見台と関連があるのか…。柱跡がたくさん出た史跡でもあるそうなので、それと関係があるのかも…。うーん…想像が止まらない!

堪能

堪能

他にも文学碑を見たり、城の歴史を説明板で学んだりと色々堪能し、城の入り口へ戻った時…。

 

ふと脇へ目をやると、目の前にお堀が!本当にぐるっと囲まれているのですね。歩いてお堀を周るのも楽しそうです。

 

かつて赤塚氏が築いた光岡城。宇佐市のホームページによると、かつては柵で周囲を迷路のような通路があったりとなかなか強固な城だったそう。同ホームページの航空写真と現地を見比べるのも面白いのではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。城好きもそうではなくても楽しめる光岡城跡。一度フラっと訪れてみては。土塁には柵などはなく、高さがあるので、小さなお子さんを連れて行かれる際はお気をつけくださいね。

 

あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をお送りください。

光岡城跡

所在地
〒879-0233 大分県宇佐市赤尾
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

カレー巡りの旅【あっちゃん亭/豊前市道の駅「豊前おこしかけ」内】

カレー巡りの旅【あっちゃん亭/豊前市道の駅「豊前おこしかけ」内】

皆さんはカレーライス、好きですか?

実は中津市にゆかりのある福沢諭吉が広めたとされる【カレーライス】。

ここノースエリアには沢山のカレー店があります。

そんな誰もが愛してやまないカレーを、ジモッシュ!webライターがお店を巡って取材します!

今回の取材先は道の駅「豊前おこしかけ」のフードコート内にある「あっちゃん亭」さんです。

※ライターは新型コロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお召し上がりください。

ジモプチトリップvol.56 絶景とお地蔵さま 尾曲疣取地蔵尊/須磨の景【中津市山国町】

ジモプチトリップvol.56 絶景とお地蔵さま 尾曲疣取地蔵尊/須磨の景【中津市山国町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回ライターが訪れたのは中津市山国町草本。猿飛千壺峡横穴群がある同地区ですが、更に英彦山方面へ車を走らせると見えてくるのが今回のスポット、尾曲疣取地蔵尊(おまがりいぼとりじぞうそん)と須磨の景です。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

【新店舗】中津市大貞に新しくセブンイレブンが建設中!

【新店舗】中津市大貞に新しくセブンイレブンが建設中!

中津市大貞に新しくセブンイレブンが建設中との情報が!現地の看板にて情報が確認できました。

 

場所は中津市大貞にあるパン屋さん「魔法の樹」の近く、交差点の角の空き地です。前がスーパーだった空き地のところで、同じ敷地内に「グリーンショップあいびー」さんがあります。

 

この通り沿いにはセブンイレブンさんはなかったので、また便利になりますね♪

 

※ジモッシュ!webでは、地元のニュース情報、新店舗、閉店の情報を募集しています。ぜひ「zimo@789.fm」まで情報をお寄せください!※

 

ジモプチトリップvol.55 気軽に行ける!割掛遺跡史跡公園【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.55 気軽に行ける!割掛遺跡史跡公園【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

皆さま、遺跡といえば山の中や少し外れたところにある…といったイメージがありませんか?実は簡単、しかもさほど歩かずに遺跡を見られる場所があるんです!

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

カレー巡りの旅【キャロット/中津市上宮永】

カレー巡りの旅【キャロット/中津市上宮永】

皆さんはカレーライス、好きですか?

実は中津市にゆかりのある福沢諭吉が広めたとされる【カレーライス】。

ここノースエリアには沢山のカレー店があります。

そんな誰もが愛してやまないカレーを、ジモッシュ!webライターがお店を巡って取材します!

今回の取材先は中津市上宮永の老舗、キャロットさんです。

※ライターは新型コロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお召し上がりください。

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.56 絶景とお地蔵さま 尾曲疣取地蔵尊/須磨の景【中津市山国町】

ジモプチトリップvol.56 絶景とお地蔵さま 尾曲疣取地蔵尊/須磨の景【中津市山国町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回ライターが訪れたのは中津市山国町草本。猿飛千壺峡横穴群がある同地区ですが、更に英彦山方面へ車を走らせると見えてくるのが今回のスポット、尾曲疣取地蔵尊(おまがりいぼとりじぞうそん)と須磨の景です。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.55 気軽に行ける!割掛遺跡史跡公園【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.55 気軽に行ける!割掛遺跡史跡公園【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

皆さま、遺跡といえば山の中や少し外れたところにある…といったイメージがありませんか?実は簡単、しかもさほど歩かずに遺跡を見られる場所があるんです!

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

【行ってみた!】ひまわりフェスタ2020で夏満喫!【豊後高田市】

【行ってみた!】ひまわりフェスタ2020で夏満喫!【豊後高田市】

梅雨があけてからの猛暑…。暑さで動きたくない…。自粛中だし近場で何か夏を満喫できないかしら…。

 

なんて思ってたライターに朗報が!なんと8月22日から豊後高田市の長崎鼻リゾートキャンプ場で九州最大級のひまわりを楽しめるイベント、ひまわりフェスタ2020が開催中なのだとか!

 

屋外、自然…ジモトで夏を満喫するのにぴったりなのでは⁈…ということで、ひまわりフェスタ2020に行ってみました!

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.53 穴場癒しスポット 中津干潟【中津市】

ジモプチトリップvol.53 穴場癒しスポット 中津干潟【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

 

今回ライターが訪れたのは中津市にある、意外と穴場なあのスポットです。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.52 古墳にまみれよう! 宇佐風土記の丘【宇佐市】

ジモプチトリップvol.52 古墳にまみれよう! 宇佐風土記の丘【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

ライターが訪れたのは宇佐市にある、宇佐風土記(ふどき)の丘。なんとここは6つもの古墳が集まった場所なんだとか。一体今回はどんな場所なのでしょうか。

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

一覧はこちら

ページTOPへ