中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.29 自然とアートが同時に楽しめる!並石ダムグリーンランド【豊後高田】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

なにやら透明感のあるオブジェがある、と聞きつけてやって来た並石ダムグリーンランド。そこには豊かな自然とアート作品がありました。

(2019.12.29)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

駐車場

駐車場

並石ダムの案内板を目印に道を曲がると、里の駅こっとん村の前に駐車場があります。

目的のアート作品へはここから徒歩で歩いていきます。

まずは…

まずは…

まずは駐車場の目の前に見える風車から散策することに。

ゴトン…ゴトン…とゆったり今も動いている水車。ゆったりとしたリズムが心地よいです。

脇道

脇道

風車のスペースの横に小道を発見。

遠目に見えるアート作品らしきものを目指して行ってみることに。

秋のお土産

秋のお土産

アート作品へ向かう途中、道の脇に秋の忘れ物を発見しました。

冬になってもまだ綺麗に色付いた落ち葉はいわば「秋のお土産」と言った所でしょうか。

シーズンには綺麗な彩りの紅葉を見せてくれるのでしょうね。

着いた

着いた

そうこうしている内に、目指していたアート作品に到着!

こちらの作品は「月の木」という作品。

豊後高田市公式観光サイトによると、作者は勅使河原三郎さんという方で世界中で活躍しているダンサーの方だとか。この月の木は天気の良い日に水面に反射する様が見所のようですよ。

とにかく広い

とにかく広い

ひとつ目の作品を見たところで、一旦駐車場に帰ることに。

というのも、この並石ダムグリーンランドはとにかく広い!歩いて一周することも可能なのですが、もう一つのアート作品を目指すとなるとほぼまるまる一周する形になるのです。

そこで、一旦駐車場に戻り、奥のダムゾーンの道を経由します。

途中、道から見えるダムの迫力がすごい!

見渡す限りの

見渡す限りの

歩いていると端っこが見えないほど広い…!この周りに道が一本で繋がってて歩くことが出来るってなかなかの贅沢ではないでしょうか。

ウォーキングしながら自然も満喫できて、アートも…なんて最高すぎる!

おや?

おや?

なにやら建物を発見。

鬼城弘法大師堂…とかかれていますね。

よくこの連載で仏像などを参拝することの多いライターですが、こちらも例外ではなかったようです。

もちろん参拝します。

石仏たち

石仏たち

説明板がなかったので詳細は分かりませんでしたが、台座に番号が書かれた石仏たちが鎮座していました。

アドベンチャーへの誘い

アドベンチャーへの誘い

さらに進んで行くと、このような案内板が!

これは山に入って神社を目指す山道ということなのでしょう。

矢印の先を見てもなかなかのアドベンチャー度がうかがえます。

ライターは山へは入らず、このまま遊歩道を進みます。

あれは!

あれは!

ほどなくしてライターの視線の先に何か見えました!

棒のようなものの先になにやら透明なものがついています。

綺麗だ

綺麗だ

こちらは「光の水滴」という作品なんだそう。
作者は月の木と同じ勅使河原三郎さん。

棒の先の滴が人の頭より絶妙に高いところにあるので陽の光や空の色が滴の中に溶け込んですごく綺麗です。

素敵なアート作品鑑賞と自然に囲まれての散歩をしに訪れてみては。ゆったりとした時間を過ごせるのでとても癒されますよ。訪れる季節によって違う顔を見せてくれるのも魅力的です。アート作品には触れないようにご注意くださいね。

今年のジモプチトリップもこれで最後となりました。皆さま、よいお年をお過ごし下さいね。


あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をお送りください。

並石ダムグリーンランド

所在地
〒879-0722 大分県豊後高田市一畑1587
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

めちゃ美味しい隠れ家のようなエクレア専門店に行ってきました[アカゲラ]

めちゃ美味しい隠れ家のようなエクレア専門店に行ってきました[アカゲラ]

院内に移り住んでから時々話に出ていたエクレア専門店。

「エクレア専門店」...

男性一人だと敷居が高かったのですが、思い切っていってきました。

ジモプチトリップvol.33 再興された隠れた名所!猪川内岩屋堂【中津市】

ジモプチトリップvol.33 再興された隠れた名所!猪川内岩屋堂【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

タレコミによりプチトリップ情報を入手したライター。なんでも、丁度1年くらい前に地元の地域おこしグループと有志が再興を始めた名所があるのだとか。

その名所は八面山に位置する猪川内岩屋堂(いのこちいわやどう)。これはプチトリッパーとしては行ってみなくては!ということで、取材してきました。

「すまいるマルシェ」に行ってきました。

「すまいるマルシェ」に行ってきました。

1月18日土曜日、宇佐市四日市にある、「地域総合支援センター」で行われた「すまいるマルシェ」に行ってきました。

出産に寄り添うバースドレス「hahagi〜ははぎ〜」を見てきたよ!【宇佐市上拝田/母の家】

出産に寄り添うバースドレス「hahagi〜ははぎ〜」を見てきたよ!【宇佐市上拝田/母の家】

十月十日の妊娠期間を経て、我が子に会える喜びに溢れた人生の一大イベント、出産。
その一方で、健診・分娩時の恥ずかしさ、不安、煩わしさなど、お母さんの負担がないがしろにされがちです。

助産師として、多くの妊婦さんの側に寄り添ってきた宇留嶋(うるしま)さんがプロデュースした、
お産に臨むための分娩衣、「hahagi(ははぎ)」。

1月25日(土)に行われるhahagi新作発表会に先立って、たくさんお話を伺ってきました!

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

2週にも渡り、まだ目的の名所へ辿り着けなかったライター。今週はやっとその名所へ辿り着くことが出来ました!

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.33 再興された隠れた名所!猪川内岩屋堂【中津市】

ジモプチトリップvol.33 再興された隠れた名所!猪川内岩屋堂【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

タレコミによりプチトリップ情報を入手したライター。なんでも、丁度1年くらい前に地元の地域おこしグループと有志が再興を始めた名所があるのだとか。

その名所は八面山に位置する猪川内岩屋堂(いのこちいわやどう)。これはプチトリッパーとしては行ってみなくては!ということで、取材してきました。

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

2週にも渡り、まだ目的の名所へ辿り着けなかったライター。今週はやっとその名所へ辿り着くことが出来ました!

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

前回、とある名所を訪れようとしたものの違う場所なや辿り着いてしまったライターYosaroh。豊後高田の観光協会の方の助言により、再び「その場所」を目指す…も⁈

ジモプチトリップvol.30 日の光と田を見守る観音さま 朝日観音・夕日観音【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.30 日の光と田を見守る観音さま 朝日観音・夕日観音【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

新年1発目となるジモプチトリップ。今回の目的は実は違う場所だったのです…が観音さま達との出会いがありました。

【祝】中津市出身の研究者が「大来賞」を受賞したぞ!

【祝】中津市出身の研究者が「大来賞」を受賞したぞ!

中津市出身で研究者の友松夕香さんが一般財団法人国際開発機構(FASiD)が主催する第23回国際開発研究大来賞(おおきたしょう)を受賞。今月24日にFASiD事務所にて表彰式が催された。

大来賞とは、国際開発の分野の様々な課題に関して優れた指針を示す研究図書に与えられる賞のこと。

今回友松さんが受賞した作品は「サバンナのジェンダー:西アフリカの農村経済の民族誌」。ジェンダーとは性別のこと。しかし、生まれ持った生物学的な性差ではなく、社会で身につけた男、女としての性別規範であり、役割を意味している。この本には友松さんが数年に渡って西アフリカ現地でのフィールドワークにおいて調査した結果が詰め込まれており、学術書でありながらサクサク読める軽快さも大きく評価されている。

今回は友松さんに色々話を聞いてみた。

一覧はこちら

ページTOPへ