中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.23 歴史を旅する!天仲寺公園【吉富町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回訪れたのは吉富町。なにやら歴史を旅する様な感覚が味わえる公園があるということで行ってきました!

(2019.11.17)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

駐車場

駐車場

天仲寺公園の駐車場は案内マップによると2ヶ所。

ライターは今回、吉富小学校脇の道を上がった先にある、給水塔の駐車場をチョイスしました。
敷地も広く、スムーズに車が停められます。

広い公園なので、駐車場で公園マップの案内板を見つけたら、スマホで写真を撮っておくことをオススメします。

剣心一致の碑

剣心一致の碑

とにかく広い天仲寺公園。とりあえず、マップ情報を見ながら移動することに。

まず目指したのは島田虎之助という、あの勝海州の師匠である人物が修練していたという場所です。

虎之助は精神の統一を剣術の目標としていたそうで、剣心一致の碑とはそこからきているようですね。

なんと毎晩山国川を渡ってここまで来て、鍛錬していたのだとか。公園といえどもちょっとした山なので、虎之助の心の強さが見えてきそうな話です。

平和観音

平和観音

虎之助ゆかりの石碑から横を見ると巨大な観音像が。

しかも結構大きい・・・。

次は・・・

次は・・・

次は車を停めた給水塔の場所に一旦戻り、給水塔の向かって右側へぐるっと進んで真っ直ぐに進みます。道路を横断すると、もう1ヶ所の天仲寺公園へたどり着きます。

おや?と思った方。正解です。なかなかこの様な公園はないので不思議に思う方も多いと思いますが、この天仲寺公園、道路を挟んで2ヶ所に分かれているんです。

道路を渡ったら、坂道の方の道へと進んでみました。

すると、写真のような場所か。こちらは公園の名前ともなっている天仲寺の跡地なのだそう。かつて中津小笠原藩の菩提寺として建設されたんだとか。明治時代には初代吉富小学校として利用されていたそうですよ。残念ながら、その後、無人の状態が続き、平成15年に取り壊され、現在の史跡公園となっているんだそうです。

鯉も

鯉も

この天仲寺公園、ご近所の方々からウォーキングのコースとしても愛されているそうで、ウォーキング中の方から鯉もいる、との情報がありました。

この池の前には椅子が置かれ、ゆっくりできるようになっていました。

自然に囲まれて空気もいいし、なにより山なのでいい運動にもなる!そして疲れたら鯉に癒される・・・。ダイエット中のライターにももってこいの場所です。

神社も

神社も

さらに進んでいくと立派な鳥居の神社が。最初の天仲寺公園にも神社があったのですが、こちらにもあるとは。

案内板によると、こちらは「瑜珈(ゆか)稲荷神社」といって、五穀豊穣、災厄を除く神様として祀られているそうです。

この神社のすぐ隣には1818年(文化15年)に造られた観音堂もあり、33体の観世音菩薩像は中津船町の井筒屋から寄付されたもの、であるそう。

まさか井筒屋の名前が出てくるとは。びっくりです。

3人の小笠原氏

3人の小笠原氏

神社、観音堂を過ぎて、広場に出ると、そこには3人の小笠原氏が眠るお墓があります。

こちらは長次(ながつぐ)氏のお墓。善政で家臣や民に愛される中津八万石の初代城主です。この地へは、長次氏の遺言で葬られたのだとか。

まさに歴史を感じる場ですね。

ん?

ん?

長次氏のお墓の手前には気になる櫓(やぐら)が。

これは上るでしょう!

実はこの櫓からは、NOASエリアでは中津~豊前の山が見渡せるんです!これだけの山が一望できる場所は近隣ではなかなかないかもしれませんね。

最後に向かうのは

最後に向かうのは

ライターがこの公園で最後に向かったのは・・・・古墳。

過去の偉人達の石碑やお墓があるかと思えば、絶景スポットもあり、鯉もいる。そしてまさかの古墳まで!

これは行ってみるしかない!!

案内板の通りに道に足を踏み入れると、そこは若干竹が茂るあぜ道。そこを抜けた先が写真のこちら。

・・・ひっ!

まるで工事の足組じゃないか・・・。若干高所恐怖症ぎみのライターですが、手すりにガッシリ掴まって下まで下りることができました。

み・・・見えない!!

み・・・見えない!!

辿り着いた先の古墳がこちら。

な・・・なにも見えない・・・。しかし鍵が開いていた所で怖くて中には入れませんよね。

ただ、奥がものすごく広そうなことだけは分かります。


この古墳、肉眼ではその凄さが分かりずらいんですが、なんと九州最古の円筒埴輪が出土していたり、奥までの深さは豊築地方で最大であったりとなにかとすごい古墳なんです。他にも今後の調査が期待されているほどのホープなんだとか。調査の進展が楽しみですね。


いかがでしたでしょうか。一言では語りつくせない歴史を見せて語ってくれる公園、天仲寺公園。ウォーキングも兼ねて歴史の旅、してみませんか?



あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。
件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をお送りください。

天仲寺公園

所在地
〒871-0811 福岡県築上郡吉富町大字広津633
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

出産に寄り添うバースドレス「hahagi〜ははぎ〜」を見てきたよ!【宇佐市上拝田/母の家】

出産に寄り添うバースドレス「hahagi〜ははぎ〜」を見てきたよ!【宇佐市上拝田/母の家】

十月十日の妊娠期間を経て、我が子に会える喜びに溢れた人生の一大イベント、出産。
その一方で、健診・分娩時の恥ずかしさ、不安、煩わしさなど、お母さんの負担がないがしろにされがちです。

助産師として、多くの妊婦さんの側に寄り添ってきた宇留嶋(うるしま)さんがプロデュースした、
お産に臨むための分娩衣、「hahagi(ははぎ)」。

1月25日(土)に行われるhahagi新作発表会に先立って、たくさんお話を伺ってきました!

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

2週にも渡り、まだ目的の名所へ辿り着けなかったライター。今週はやっとその名所へ辿り着くことが出来ました!

世界に一つがたくさん!手作り作家さんが集まるショップ「夢はうす おかりや」【宇佐市】

世界に一つがたくさん!手作り作家さんが集まるショップ「夢はうす おかりや」【宇佐市】

宇佐市下高(しもたか)にある「夢はうす おかりや」
こちらは100名ものハンドメイド作家の作品を展示、販売している雑貨店です。

店主の内尾さんも海をモチーフにした作品を制作されていて、
お店も海の家をイメージしているんですって!

素敵なエッセンスが散りばめられたこちらのお店、お写真多めにご紹介いたします。

NOAS民の日常 vol.1「宇佐神宮周辺の10号線の、年末年始あるある。」

NOAS民の日常 vol.1「宇佐神宮周辺の10号線の、年末年始あるある。」

はじめまして。この度新しくNOASライターとなりました、ユキノジと申します。
Usa市在住のアラフィフ、日々の事をマンガにしています。
よろしくお願いします。

Mさん、ネタ提供ありがとうございます。m(_ _)m

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

前回、とある名所を訪れようとしたものの違う場所なや辿り着いてしまったライターYosaroh。豊後高田の観光協会の方の助言により、再び「その場所」を目指す…も⁈

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

2週にも渡り、まだ目的の名所へ辿り着けなかったライター。今週はやっとその名所へ辿り着くことが出来ました!

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

前回、とある名所を訪れようとしたものの違う場所なや辿り着いてしまったライターYosaroh。豊後高田の観光協会の方の助言により、再び「その場所」を目指す…も⁈

ジモプチトリップvol.30 日の光と田を見守る観音さま 朝日観音・夕日観音【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.30 日の光と田を見守る観音さま 朝日観音・夕日観音【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

新年1発目となるジモプチトリップ。今回の目的は実は違う場所だったのです…が観音さま達との出会いがありました。

ジモプチトリップvol.29 自然とアートが同時に楽しめる!並石ダムグリーンランド【豊後高田】

ジモプチトリップvol.29 自然とアートが同時に楽しめる!並石ダムグリーンランド【豊後高田】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

なにやら透明感のあるオブジェがある、と聞きつけてやって来た並石ダムグリーンランド。そこには豊かな自然とアート作品がありました。

【祝】中津市出身の研究者が「大来賞」を受賞したぞ!

【祝】中津市出身の研究者が「大来賞」を受賞したぞ!

中津市出身で研究者の友松夕香さんが一般財団法人国際開発機構(FASiD)が主催する第23回国際開発研究大来賞(おおきたしょう)を受賞。今月24日にFASiD事務所にて表彰式が催された。

大来賞とは、国際開発の分野の様々な課題に関して優れた指針を示す研究図書に与えられる賞のこと。

今回友松さんが受賞した作品は「サバンナのジェンダー:西アフリカの農村経済の民族誌」。ジェンダーとは性別のこと。しかし、生まれ持った生物学的な性差ではなく、社会で身につけた男、女としての性別規範であり、役割を意味している。この本には友松さんが数年に渡って西アフリカ現地でのフィールドワークにおいて調査した結果が詰め込まれており、学術書でありながらサクサク読める軽快さも大きく評価されている。

今回は友松さんに色々話を聞いてみた。

一覧はこちら

ページTOPへ