中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・上毛町・吉富町

ジモプチトリップvol.5 見どころ多し!川中不動【豊後高田】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが向かったのは豊後高田市長岩屋。なんでも川の中に名所があるということで行ってきました。周辺の名所や施設も見逃せないこのスポット。一体どんな場所なのか?!

(2019.7.07)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

アクセス

アクセス

カーナビで豊後高田市長岩屋の代表地点を設定し、意気揚々と出かけたライター。まんまと目的地を通り過ぎてしまい、最終的にスマホの地図アプリに連れて行ってもらいました。最後の曲がり道が細めなのでちょっと迷いやすかったです。こちらへ向かう際は川中不動近くの歴史資料館鬼会の里(おにえのさと)を目指して行くと迷いにくいかと思われます。ナビで行く方は「豊後高田市長岩屋1152」でセットしてください。

駐車場は鬼会の里だけでも31台停めることができ、その周辺にも駐車場が充実しています。圧倒的な駐車場の数にびっくりします。ライターは鬼会の里横の駐車場に停めていざ川中不動へ。

圧倒的存在感

圧倒的存在感

駐車場から「川中不動尊」と書かれた標識の方向へ川沿いに進んで行くと、橋向こうに見えてきました。大きいと言っても想像できるくらいかな、と思っていたのですが、存在感がもの凄い!!写真だと大きさや迫力が伝わりにくいのが残念ですが、遠目に見てもその大きさ、神聖さがビシビシ伝わってきます。

なんだかワクワクする!

なんだかワクワクする!

橋を渡ったところに坂道があり、ちょうど川中不動の目の前まで行くことができる小さな橋が架けられていました。遠目に見ても迫力があるのに近くまで行くとどんな感じなのか・・・。ドキドキしながら川中不動の目前へ!

やはりでかい!石自体の大きさはおよそ3メートルあるそうです。真ん中に彫られているのが不動明王、その脇に居るのが「制多迦(せいたか)童子」(左)と「矜羯羅(こんがら)童子」(右)とのこと。石に彫られたのはなんと安土桃山時代だそうですよ!鬼会の里のパンフレットによれば、この三体は水害防除を祈願して彫られたそうです。

不思議とこの圧倒的な大きさと雰囲気を前にすると、なんだかワクワクしてきます。このワクワク感は実物を前にしなければ味わえないものかもしれません。

指定文化財がたくさん

指定文化財がたくさん

川中不動周辺にはなんと国や県、市指定の文化財がたくさん!目の前にある天念寺やその隣の講堂にも指定文化財の仏像などがあり、無料で見ることができます。一つの地域でこんなに文化財があるなんてライターもびっくりしました。案内板によると、全部で15の文化財があるようです。

しかも、建物の前に立つと自動音声案内が流れて施設や像の説明や歴史を教えてくれます。こんなに充実しているのに無料とは・・・。なんでしょう、このすごいお得感は・・・。嬉しすぎる!!

有料だけど要注目の歴史資料館「鬼会の里」

有料だけど要注目の歴史資料館「鬼会の里」

今回、国指定重要文化財の木造阿弥陀如来立像(もくぞうあみだにょらいりゅうぞう)も見ることができるということで、歴史資料館鬼会の里へ。この地域では毎年旧正月7日に国指定重要無形民俗文化財の天念寺修正鬼会(しゅじょうおにえ)が行われるそうなのですが、鬼会がどんなものなのか映像で見ることもできます。この2つを目的に有料ゾーンを訪れたライター。

像のすばらしさもありますが、驚くべきはVR体験!無明橋という天念寺の裏山に架かる橋があるのですが、手すりもなく、高さもアーチも渡るには怖いんです。実際に渡るには危険ですが、なんとこの施設ではVRで橋の上の景色を体感できちゃいます。

ライター個人的におすすめなのが鬼会の紹介映像。ここでは詳細は書くことはできませんが、びっくりすること間違いなしです。ライターは一人で驚愕しておりました。

また、お食事、お土産処もあり、見るだけでも楽しめます。ライターはちゃっかり災いを払う赤鬼、「災払鬼(さいばらいおに)」のお守りをゲット。災払鬼は愛染明王を表現しているそうです。黒鬼は鎮鬼(しずめおに)と言って不動明王を表しており、争いなどを鎮めるとか。

最後に振り返ると見えるのは!!

最後に振り返ると見えるのは!!

鬼会の里を出て駐車場から振り返り、山の方を見ると!!なんとそこには無明橋が。高い・・・高すぎる・・・。この無明橋、自己責任にて渡ることができるそうです。恐ろしすぎる・・・。高所恐怖症のライターには無理です。


一つの地域でこんなにも盛りだくさんの川中不動へのプチトリップ、いかがでしたでしょうか。帰り際、なんだかまた気になってしまってもう一目見ようかどうしようかと後ろ髪を引かれつつ現地を後にしました。みなさんも是非一度行ってみてくださいね。


あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。
件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をメールしてください!

川中不動

所在地
〒879-0731 大分県豊後高田市長岩屋
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

脱・マンネリメニューということで、宇佐市の「ふるさと給食」を作ってみました。

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

リズム感がないので、〇RFのメンバーにもなれませんでした汗

「うちのお母さん」面白エピソード集

「うちのお母さん」面白エピソード集

NOASエリアに実在する最強天然お母さん達。
爆笑・赤面エピソードを毎回2つずつ紹介していきます。
(ライター:バンビ)

食事処 松和(まつわ)オープン!

食事処 松和(まつわ)オープン!

※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

宇佐市上田、「よ〜ちゃんラーメン」さんの跡地の店舗に食事処『松和』(まつわ)さんがオープンしました。
「おや?こんなところに・・・」と、昼食がてらお邪魔しました。

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回訪れたのは深耶馬渓。有名な観光地のひとつで美味しいお蕎麦が食べられる観光地としても有名な場所です。NOASエリアの地元民にもこのエリアの蕎麦ファンが多くいますよね。

深耶馬渓といえば一目百景。恥ずかしながらライターは近すぎて一目八景自体に注目して訪れたことがなかったんです。いわば一目八景未経験者。ライター周辺のNOAS民にもこういった人が意外とたくさんいました。

外出自粛中の今、なかなかお出かけすることは難しくなってきており、今は我慢の時期…。
せめて記事を通して季節を感じ、自粛解除後の楽しみとして読んで頂ければ幸いです。

ということで!いざ一目八景へ訪れてきた時の様子をリポートします!

※取材は2020年3月29日(日)現在の情報です。
※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材をしています。

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回訪れたのは深耶馬渓。有名な観光地のひとつで美味しいお蕎麦が食べられる観光地としても有名な場所です。NOASエリアの地元民にもこのエリアの蕎麦ファンが多くいますよね。

深耶馬渓といえば一目百景。恥ずかしながらライターは近すぎて一目八景自体に注目して訪れたことがなかったんです。いわば一目八景未経験者。ライター周辺のNOAS民にもこういった人が意外とたくさんいました。

外出自粛中の今、なかなかお出かけすることは難しくなってきており、今は我慢の時期…。
せめて記事を通して季節を感じ、自粛解除後の楽しみとして読んで頂ければ幸いです。

ということで!いざ一目八景へ訪れてきた時の様子をリポートします!

※取材は2020年3月29日(日)現在の情報です。
※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材をしています。

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

豊後高田のある場所に釈迦如来の脇侍がひっそりと祀られている場所を発見。ネットでは調べてもあまり情報のない場所ですが、一体どんな場所なのでしょうか。

ジモプチトリップvol.41 迫力の巨石「和与石」と新展望台【中津市】

ジモプチトリップvol.41 迫力の巨石「和与石」と新展望台【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

NOASエリアの住民にとって馴染み深い山のひとつ、八面山。離合できる幅の整備された道路が山頂まで続き、アクセスが容易なのも魅力的な八面山。実は名所の宝庫でもあるんです。今回は八面山の名所の中から「和与石」、そしてリニューアルされた新展望台をご紹介します。

【新店舗】カワイイが詰まったアウトドアショップがついに中津に上陸!世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト【中津市】

【新店舗】カワイイが詰まったアウトドアショップがついに中津に上陸!世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト【中津市】

空前のアウトドアブームとなっている今、遂に中津にもアウトドアショップ専門店がオープンしました。

「世界一小さなアウトドアショップ」のキャッチフレーズの通り、可愛らしいサイズのお店です。

しかし侮るなかれ。中にはぎゅぎゅっと女子にも嬉しいオシャレなアウトドアが叶うグッズがたくさん詰まっていました。

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市三光10号線からグッデイ大貞店に繋がる道をドライブ中、左側に見つけた案内板。よくよく案内板を読んでみると、どうやらここは城跡だったよう。

一体中はどんな感じなのでしょうか。

一覧はこちら

ページTOPへ