中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.5 見どころ多し!川中不動【豊後高田】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが向かったのは豊後高田市長岩屋。なんでも川の中に名所があるということで行ってきました。周辺の名所や施設も見逃せないこのスポット。一体どんな場所なのか?!

(2019.7.07)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

アクセス

アクセス

カーナビで豊後高田市長岩屋の代表地点を設定し、意気揚々と出かけたライター。まんまと目的地を通り過ぎてしまい、最終的にスマホの地図アプリに連れて行ってもらいました。最後の曲がり道が細めなのでちょっと迷いやすかったです。こちらへ向かう際は川中不動近くの歴史資料館鬼会の里(おにえのさと)を目指して行くと迷いにくいかと思われます。ナビで行く方は「豊後高田市長岩屋1152」でセットしてください。

駐車場は鬼会の里だけでも31台停めることができ、その周辺にも駐車場が充実しています。圧倒的な駐車場の数にびっくりします。ライターは鬼会の里横の駐車場に停めていざ川中不動へ。

圧倒的存在感

圧倒的存在感

駐車場から「川中不動尊」と書かれた標識の方向へ川沿いに進んで行くと、橋向こうに見えてきました。大きいと言っても想像できるくらいかな、と思っていたのですが、存在感がもの凄い!!写真だと大きさや迫力が伝わりにくいのが残念ですが、遠目に見てもその大きさ、神聖さがビシビシ伝わってきます。

なんだかワクワクする!

なんだかワクワクする!

橋を渡ったところに坂道があり、ちょうど川中不動の目の前まで行くことができる小さな橋が架けられていました。遠目に見ても迫力があるのに近くまで行くとどんな感じなのか・・・。ドキドキしながら川中不動の目前へ!

やはりでかい!石自体の大きさはおよそ3メートルあるそうです。真ん中に彫られているのが不動明王、その脇に居るのが「制多迦(せいたか)童子」(左)と「矜羯羅(こんがら)童子」(右)とのこと。石に彫られたのはなんと安土桃山時代だそうですよ!鬼会の里のパンフレットによれば、この三体は水害防除を祈願して彫られたそうです。

不思議とこの圧倒的な大きさと雰囲気を前にすると、なんだかワクワクしてきます。このワクワク感は実物を前にしなければ味わえないものかもしれません。

指定文化財がたくさん

指定文化財がたくさん

川中不動周辺にはなんと国や県、市指定の文化財がたくさん!目の前にある天念寺やその隣の講堂にも指定文化財の仏像などがあり、無料で見ることができます。一つの地域でこんなに文化財があるなんてライターもびっくりしました。案内板によると、全部で15の文化財があるようです。

しかも、建物の前に立つと自動音声案内が流れて施設や像の説明や歴史を教えてくれます。こんなに充実しているのに無料とは・・・。なんでしょう、このすごいお得感は・・・。嬉しすぎる!!

有料だけど要注目の歴史資料館「鬼会の里」

有料だけど要注目の歴史資料館「鬼会の里」

今回、国指定重要文化財の木造阿弥陀如来立像(もくぞうあみだにょらいりゅうぞう)も見ることができるということで、歴史資料館鬼会の里へ。この地域では毎年旧正月7日に国指定重要無形民俗文化財の天念寺修正鬼会(しゅじょうおにえ)が行われるそうなのですが、鬼会がどんなものなのか映像で見ることもできます。この2つを目的に有料ゾーンを訪れたライター。

像のすばらしさもありますが、驚くべきはVR体験!無明橋という天念寺の裏山に架かる橋があるのですが、手すりもなく、高さもアーチも渡るには怖いんです。実際に渡るには危険ですが、なんとこの施設ではVRで橋の上の景色を体感できちゃいます。

ライター個人的におすすめなのが鬼会の紹介映像。ここでは詳細は書くことはできませんが、びっくりすること間違いなしです。ライターは一人で驚愕しておりました。

また、お食事、お土産処もあり、見るだけでも楽しめます。ライターはちゃっかり災いを払う赤鬼、「災払鬼(さいばらいおに)」のお守りをゲット。災払鬼は愛染明王を表現しているそうです。黒鬼は鎮鬼(しずめおに)と言って不動明王を表しており、争いなどを鎮めるとか。

最後に振り返ると見えるのは!!

最後に振り返ると見えるのは!!

鬼会の里を出て駐車場から振り返り、山の方を見ると!!なんとそこには無明橋が。高い・・・高すぎる・・・。この無明橋、自己責任にて渡ることができるそうです。恐ろしすぎる・・・。高所恐怖症のライターには無理です。


一つの地域でこんなにも盛りだくさんの川中不動へのプチトリップ、いかがでしたでしょうか。帰り際、なんだかまた気になってしまってもう一目見ようかどうしようかと後ろ髪を引かれつつ現地を後にしました。みなさんも是非一度行ってみてくださいね。


あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。
件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をメールしてください!

川中不動

所在地
〒879-0731 大分県豊後高田市長岩屋
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

ジモプチトリップvol.15 霊山の麓のストーンサークル「佐田京石」【宇佐市】

ジモプチトリップvol.15 霊山の麓のストーンサークル「佐田京石」【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回も石のご紹介…となるジモプチトリップ。しかし、今回の石は一味違うようで…。

【2019】豊前神楽奉納予定まとめ【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】※随時更新

【2019】豊前神楽奉納予定まとめ【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】※随時更新

国指定重要無形民俗文化財になっている豊前神楽。そろそろシーズンの時期がやってきました!

今回はNOASエリアの豊前神楽の奉納スケジュールをリストアップ!リストの最後には今年度の京築地域の神楽の奉納鑑賞に関するスペシャルな情報も!

毎回観に行く人も観に行った事がない人も今年の神楽の奉納を楽しんでくださいね。

地元の赤グルメ取材②in中津市

地元の赤グルメ取材②in中津市

暦の上ではもう秋なのに、日差しがまだまだ厳しい9月。
そんな暑い時には、辛い物を食べて、もっともっと汗をかいて、
時折吹く風で秋の訪れを感じちゃいましょう!

※再掲載※
記事は2018年12月掲載の内容です。
過去掲載のお電話番号を正しい番号へ訂正させて頂いております。
電話番号をご登録頂いておりますお客様に関しましては、今一度番号をお確かめ頂きます様お願い致します。

ジモプチトリップvol.14 絵巻物風の石⁈青宇田画像石【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.14 絵巻物風の石⁈青宇田画像石【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは豊後高田市にある、青宇田(あうだ)画像石。

なんでも、何かの絵が描かれた石であるとか。一体どんな石なのでしょうか。

知るともっと楽しめる神楽!「駈仙(みさき)」【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】

知るともっと楽しめる神楽!「駈仙(みさき)」【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】

NOASエリアが誇る豊前神楽。しかし地域によって馴染みが薄い人がいるのも事実。

今回は馴染みが薄い人も神楽好きの人にも知るともっと楽しめる話をご紹介します。

演目はどの神楽の団体も奉納している「駈仙」です。

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.15 霊山の麓のストーンサークル「佐田京石」【宇佐市】

ジモプチトリップvol.15 霊山の麓のストーンサークル「佐田京石」【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回も石のご紹介…となるジモプチトリップ。しかし、今回の石は一味違うようで…。

【2019】豊前神楽奉納予定まとめ【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】※随時更新

【2019】豊前神楽奉納予定まとめ【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】※随時更新

国指定重要無形民俗文化財になっている豊前神楽。そろそろシーズンの時期がやってきました!

今回はNOASエリアの豊前神楽の奉納スケジュールをリストアップ!リストの最後には今年度の京築地域の神楽の奉納鑑賞に関するスペシャルな情報も!

毎回観に行く人も観に行った事がない人も今年の神楽の奉納を楽しんでくださいね。

ジモプチトリップvol.14 絵巻物風の石⁈青宇田画像石【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.14 絵巻物風の石⁈青宇田画像石【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは豊後高田市にある、青宇田(あうだ)画像石。

なんでも、何かの絵が描かれた石であるとか。一体どんな石なのでしょうか。

知るともっと楽しめる神楽!「駈仙(みさき)」【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】

知るともっと楽しめる神楽!「駈仙(みさき)」【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】

NOASエリアが誇る豊前神楽。しかし地域によって馴染みが薄い人がいるのも事実。

今回は馴染みが薄い人も神楽好きの人にも知るともっと楽しめる話をご紹介します。

演目はどの神楽の団体も奉納している「駈仙」です。

ジモプチトリップvol.13 アートと匠の技の融合!安心院の鏝絵【宇佐市】

ジモプチトリップvol.13 アートと匠の技の融合!安心院の鏝絵【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ご紹介するのは宇佐市安心院にある鏝絵(こてえ)。なんと、全国一の密集度を誇るのだとか。町の中の風景に溶け込むように現れる絵は匠の技を感じるアートです。古いものでは明治時代の頃のものも!

一覧はこちら

ページTOPへ