中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

自分だけの作品を!15年ぶりに復活、東山窯(とうざんがま)【福岡県築上郡上毛町/東山窯】

上毛町で行われた登り窯復活イベント、
「登り窯で焼く作品を作ろう」に参加してきました〜!

唐津系陶芸家の畑辺玄機(はたべげんき)先生に教えてもらいながら、
大人も子供も世界で一つだけの自分の作品を作り上げることができます。
かなりエキサイティングな体験でした!!

(2019.8.15)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

行き方注意!

行き方注意!

県道10号線(豊前バイパス)を行橋方面に進み、下野地交差点を左折します。
ニシケン中津営業所を通り過ぎてすぐ左折し、そのまま道なりに進みます。
写真の茶色い小屋と赤い自動販売機が目印ですよ!

まっすぐ

まっすぐ

ナビだと手前で右折するよう指示が出ますが、ずっと直進です。

看板発見!

看板発見!

「東山窯」と書かれた看板を曲がれば、
今回の舞台である東山窯に到着です。

道がわからなくなった時は、
今回のイベントを主催している上毛町地域おこし協力隊隊員の
桑原さん、原野さんにお問い合わせを。

上毛町 大平支所内 地域おこし協力隊 (桑原、原野)
電 話:0979-72-2111(内線310)

小さな工房

小さな工房

到着してみると、小さな工房が一軒。
外では登り窯に使われる薪割りを行なっていました。

作品いろいろ

作品いろいろ

中には畑辺玄機(はたべげんき)先生の作品がずらりと飾られています。
どれも繊細で温かみのある美しい作品ばかりです。

聞くところによると、作品の表面を覆う「釉薬(ゆうやく)」も
東山窯の前にある茶畑から採集した茶葉から先生が手作りされているそうで、
焼き入れの条件にもよりますが、茶葉に含まれる鉄分によって独特のシワが入った表情になるそうです。

今回のワークショップで作成した作品にもこちらを使っていただけるということで感激!
出来上がりがとっても楽しみです…!

登り窯

登り窯

建物の裏から外に出ると、大きな登り窯が。
登り窯とは焼き物を効率的に大量に焼成するために作られたもの。
主にマツなどの薪材でゆっくり温度を上げ、1日かけて1,300度までもっていきます。
温度管理は熟練の職人でもかなりむずかしいそう。

焼成する際の火のあたり加減と灰のかかり具合で色合いや模様が変わり、
その出来上がりは予測できません。
自分の作品がどのように仕上がるか、わくわくしますね。

こんな機会滅多にないぞ…!

いざ!!

いざ!!

石膏の型を使用するか、ろくろを回すか、ひも状に伸ばした粘土をとぐろを巻くように成形するやり方から選ぶことができますが、

小学生の頃のろくろ体験で苦い思い出があるので、「ろくろ」リベンジを決めました。

畑辺玄機先生にやりやすいところまで粘土の塊を整えてもらって、いざ挑戦!
足元のペダルで回る速さを微調整しながら慎重に進めていきます…

が、気持ちとは裏腹にぐにゃぐにゃとあらぬ方向に曲がっていく私の作品(に、なるはずだったもの)
先生に助けを求めると、ダメになった部分をスパッと切ってまた綺麗に整えていただけます。
本当にお手数をおかけしました…。

1人1,000円の参加費で使える粘土の量は500gまで。
(量の目安は記事トップの器が3つ並んだ写真をご確認ください。)
もっとたくさん作りたい方は追加購入することもできます。

なんども失敗と成功を繰り返しながらも、
よく言えば味のある、少しいびつな愛しい作品を作ることができました…!

お早めに

お早めに

形が完成したらゆっくり乾燥させて2度素焼き、釉薬をかけて最後にもう一度焼成します。
乾燥作業も一歩間違えばひび割れてしまいますし、とてつもなく時間のかかる作業です。

プロでも焼き上がりが予測できない登り窯の作品。
先生手作りの釉薬の仕上がりもとっても気になる!

参加してみたい、という方はFacebookページから申し込みフォームへ必要事項を入力の上ご予約ください。
前回もかなり早い段階で予約締め切りとなりましたので、ご予約はお早めに、ですよ〜!!

【日時】
 3回目:8月24日(土)10時00分~15時00分
 4回目:8月25日(日)10時00分~15時00分
 ※2時間程度/1名
 ※各回8名程度(先着順)

【場所】
 福岡県築上郡上毛町大字下唐原2260-54 東山窯

【参加費】
 1,000円/人

登り窯の火入れの様子も見学イベントとして開催予定だそう。
貴重な機会ですので、奮ってご参加くださいね!

詳細は上毛町公式Facebookでご確認を。

東山窯(とうざんがま)

所在地
〒871-0923 福岡県築上郡大字下唐原2260-54
営業時間
9:00~18:00

詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

ジモプチトリップvol.27 夫婦愛の伝説が残る久福寺【中津市耶馬渓町】

ジモプチトリップvol.27 夫婦愛の伝説が残る久福寺【中津市耶馬渓町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今週は先週に引き続き、文化財の宝庫、耶馬渓城井エリアスペシャル第2弾!こちらの久福寺(きゅうふくじ)には夫婦愛溢れる伝説が残っているそうです。

【グルメ】湯の迫温泉大平楽「みくりやDining」で子どもも大人もお腹いっぱい【上毛町】

【グルメ】湯の迫温泉大平楽「みくりやDining」で子どもも大人もお腹いっぱい【上毛町】

 皆さん、突然ですが上毛町にある湯の迫温泉大平楽に行った事がありますか?!湯の迫温泉大平楽は、温泉だけでなくお芝居も楽しめて、美味しいお食事も楽しめるレジャースポットです。
 その大平楽の中にあるお食事処の一つ、「みくりやDining」のお子様ランチが「え?!これお子様ランチ?!」って驚いてしまうクオリティーなのでご紹介します。
 もちろんお子様ランチだけじゃありません。大人も満足のメニューがたくさん揃ってますよー。

秘密にしておきたい日本酒BARへ潜入してみた!(中津市中殿)

秘密にしておきたい日本酒BARへ潜入してみた!(中津市中殿)

忘年会・新年会と続くこの時期、
「まだ飲み足りない」「たまには1人でお酒を楽しみたい」
そんな方に激押ししたいお店を発見しました。
お一人様でも大丈夫かなぁ?と思いつつ入りましたが、
大当たりでした★

メディア初掲載とのこと。
お店、名前は「日本酒バー ちろり」です。

中津市牛神町の美庵が閉店して…ない!【大分県中津市・移転】

中津市牛神町の美庵が閉店して…ない!【大分県中津市・移転】

シャトレーゼ中津店向かい、中津市牛神にあった「美庵(びあん)」が入っていたテナントが空いていました。

ライターが調査したところ、
新たな場所へ移転し、プライベートサロンとして生まれ変わっていたことがわかりました!

【ランチ】宇佐で洋食ランチならココ!宇佐ホテルリバーサイド

【ランチ】宇佐で洋食ランチならココ!宇佐ホテルリバーサイド

宇佐でランチ。洋食が食べたい。
予約無しOKの所がいい。土日祝もランチやってるところあるかな?

それ、ぜーんぶ叶えてくれるレストランを発見!
なんと、言わずと知れた宇佐市のあのホテル、
「宇佐ホテルリバーサイド」さんの中にありました♪

(ライター:バンビ)

一覧はこちら

与太郎の関連記事WRITER ARTICLE POST

中津市牛神町の美庵が閉店して…ない!【大分県中津市・移転】

中津市牛神町の美庵が閉店して…ない!【大分県中津市・移転】

シャトレーゼ中津店向かい、中津市牛神にあった「美庵(びあん)」が入っていたテナントが空いていました。

ライターが調査したところ、
新たな場所へ移転し、プライベートサロンとして生まれ変わっていたことがわかりました!

【閉店】せみかわパン(大分県中津市牛神)

【閉店】せみかわパン(大分県中津市牛神)

シャトレーゼ中津店向かい、
中津市牛神にあった「せみかわパン」が閉店しているのを現地にて確認しました。

閉店時期の詳細は不明ですが、現在は工房での生産のみだそうです。
こちらのテナントやせみかわパンの続報がありましたらジモッシュ!webにてお伝えします!


=======================
ジモッシュ!webでは、地元のニュース情報、
新店舗、閉店の情報を募集しています。
ぜひ「zimo@789.fm」まで情報をお寄せください!
=======================

ジモッシュ公式LINEアカウントがあるんです…

ジモッシュ公式LINEアカウントがあるんです…

毎日新鮮な情報を更新しております、ジモッシュ!web。
耳より情報を見逃さないために、SNSアカウントにもかいつまんで速報お届けしています。

中でもLINE公式アカウントからは、
気になっている新店舗・閉店調査依頼もできちゃうんです。

今日はフォローの仕方、調査依頼のやり方をレクチャーします!

宇佐市役所新庁舎内覧会に行ってきたよ!【大分県宇佐市】

宇佐市役所新庁舎内覧会に行ってきたよ!【大分県宇佐市】

現在の宇佐市役所は建築されてから45年が経過し、建物の老朽化が進んでいます。

全7棟からなる行政機能も、バリアフリー対応が不十分であると指摘されていましたが、
今回の建て替えにより全ての機能がが一つの建物に集約され、ずっと快適に利用できるようになるそう。

新庁舎建設のの基本方針である、
(1)利用しやすく分かりやすく親しみやすい庁舎
(2)機能的・効率的な庁舎
(3)議会が身近に感じられる庁舎
(4)安全・安心な庁舎
(5)環境にやさしく、景観を創造する庁舎

も含めて、宇佐市役所はどのように変貌しているのか。

実際の建物の様子を撮影してまいりましたので、
順番にご紹介します!

【閉店】みたつ家(ラーメン)が閉店【中津市】

【閉店】みたつ家(ラーメン)が閉店【中津市】

中津市大字一ツ松にあったラーメン店「みたつ家(みたつや)」の閉店を現地にて確認いたしました。

スタッフ調査で11月23日(土)で閉店していたことがわかりました。
残念ですね・・・。

空きテナントには何が入るのかな??
何か新しい情報が入り次第、ジモッシュ!webにてお知らせします。

=======================
ジモッシュ!webでは、地元のニュース情報、
新店舗、閉店の情報を募集しています。
ぜひ「zimo@789.fm」まで情報をお寄せください!
=======================

一覧はこちら

ページTOPへ