中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・上毛町・吉富町

日本初?「絵本屋創業コンサルタント」始めました。

ユキノジは、某小学校で読み聞かせのボランティアをしています。そこで知り合ったのが、豊後高田市で中古絵本の販売や読み聞かせ活動を行っている、金谷道範(かなや どうはん)さん。
先日、久しぶりに金谷さんにお会いした時に、

「今度、絵本屋創業コンサルタントを始めたんですよ。どなたか絵本屋始めたいって方がいらしたら、相談に乗るのでよろしく。」

とおっしゃいます。

さっそく、豊後高田にあるお店へ取材に伺いました。

(2020.2.17)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

絵本屋創業コンサルタントって何ですか?

絵本屋創業コンサルタントって何ですか?

文字通り、絵本のお店を開きたいという方にアドバイスを行う仕事です。

僕がこの店を始めて、おかげさまで3年目になるんですが、お店に来てくださったお客さんから「こういったお店を始めたいのだけど、どうしたら良いでしょうか?」といった相談を受けることがちょくちょくあったんですね。

そういったお客さんのために、起業相談みたいなのを不定期にやっていたのですが、「ちょっとしたアドバイスをする」位で終わってしまうことが多かったんですね。

やりたい気持ちがある方に対して、こちらとしても本気で相談に乗りたいと思うようになってきたんです。それで、絵本屋を始めるにあたってのノウハウを、コンサル業としてきちんとお伝えできればと考えたのがきっかけです。

多分これをやってるのは日本で僕が初めてだと思いますよ(笑) このコンサル業の名称は、僕が自分自身で思いついて言い出しただけなんで。しかも、まだ宣伝始めて半月くらい。言ったもん勝ちですね(笑)

コンサルタントの内容は?

コンサルタントの内容は?

中古絵本屋を開業するまでをサポートしてます。絵本の仕入れ方法などの運営のノウハウや、必要な許可証の申請のやり方などです。5万円で相談をお引き受けしてます。

相談されてから、だいたい半年を目安にお店がオープンできるように持っていきます。開店後のアドバイスや SNSなどの管理、アフターフォローなどは別途となるんですが、詳しくはうちの店のホームページを見ていただければと思います。

金谷さんの想い

金谷さんの想い

僕は「絵本を通じて、人生を豊かにするお手伝い」や「絵本を通じて地域活動・世代間交流をしたい方の支援」をしたいと思っています。

絵本は人と人をつなぐための1つの方法でもあるんです。

自分でいうのもアレなんですが、僕がやっているような商売とか活動は、一般の主婦の方がやった方が上手くいく可能性が高いんじゃないかと思うんですよ。

というのが、起業相談を持ち掛けてくるのは、大体が子育てがひと段落ついた女性の方が多いのですが、お店を持つとなると、経営に関しての知識がないので尻込みしてしまうんです。でも、お店って別にたった一人で立ち上げなくても良いわけで、何人か集まってやっても構わないんですよ。

相談を持ち掛けてくる方って、ママ友や地域の知り合いが結構いたりするんですね。さまざまなつながりがあるというか。

そういうつながりで何人かの友人知人といっしょにやってみると良いと思うんです。お店を「構える」みたいに堅苦しく考えずにね。
知り合いのツテをたどって場所を借りたり、いらなくなった絵本を持ち寄って来たりしてゆるくお店を立ち上げるんです。
持ち寄った絵本はもちろん売ってもいいし、図書館のような形にするのもアリです。

それでそこを単に絵本を売っているだけの店にするのではなくて、「子育てが終わった方々の憩いの場」、「世代間交流ができる場所」のようにしていければ、と思うんです。

そういった絵本を通じての地域活動・世代間交流支援に入っていきやすいのは、僕のようなオジサンではなくて(笑)主婦というか、女性の方のほうなんじゃないかと感じているんです。
オジサンは最近色々と風当たりが強かったりしますから(笑)

だから、僕が動くより、やる気のある女性の方のほうがやっていきやすいと思うんですね。

こんな事もしてます。

こんな事もしてます。

金谷さんは日本でも数少ない(?)鼻笛演奏者です。この楽器の良いところは、「楽譜が読めなくても演奏できる」ところ。ふんふんふふーん♪と、鼻歌(ハミング)する要領でできちゃいます。

絵本屋創業コンサルタントと併せて興味を持たれた方は、「えほん 月波や」金谷さんまでお問い合わせください。

えほん 月波や (つきなみや)

所在地
〒879-0606 豊後高田市玉津379-1
営業時間
平日:午後2時~午後6時 土日祝日:午前10時~午後6時 定休日 水曜日
電話番号
0978-25-6334

詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

脱・マンネリメニューということで、宇佐市の「ふるさと給食」を作ってみました。

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

リズム感がないので、〇RFのメンバーにもなれませんでした汗

「うちのお母さん」面白エピソード集

「うちのお母さん」面白エピソード集

NOASエリアに実在する最強天然お母さん達。
爆笑・赤面エピソードを毎回2つずつ紹介していきます。
(ライター:バンビ)

食事処 松和(まつわ)オープン!

食事処 松和(まつわ)オープン!

※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

宇佐市上田、「よ〜ちゃんラーメン」さんの跡地の店舗に食事処『松和』(まつわ)さんがオープンしました。
「おや?こんなところに・・・」と、昼食がてらお邪魔しました。

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回訪れたのは深耶馬渓。有名な観光地のひとつで美味しいお蕎麦が食べられる観光地としても有名な場所です。NOASエリアの地元民にもこのエリアの蕎麦ファンが多くいますよね。

深耶馬渓といえば一目百景。恥ずかしながらライターは近すぎて一目八景自体に注目して訪れたことがなかったんです。いわば一目八景未経験者。ライター周辺のNOAS民にもこういった人が意外とたくさんいました。

外出自粛中の今、なかなかお出かけすることは難しくなってきており、今は我慢の時期…。
せめて記事を通して季節を感じ、自粛解除後の楽しみとして読んで頂ければ幸いです。

ということで!いざ一目八景へ訪れてきた時の様子をリポートします!

※取材は2020年3月29日(日)現在の情報です。
※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材をしています。

一覧はこちら

ユキノジの関連記事WRITER ARTICLE POST

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

脱・マンネリメニューということで、宇佐市の「ふるさと給食」を作ってみました。

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

リズム感がないので、〇RFのメンバーにもなれませんでした汗

NOAS(ノース)民の日常 Vol.4

NOAS(ノース)民の日常 Vol.4

マスク以上に心がザワつく外箱。

八面山 展望所が知らない間にバージョンアップ

八面山 展望所が知らない間にバージョンアップ

NOAS民の日常Vol.3

NOAS民の日常Vol.3

一覧はこちら

ページTOPへ