中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリアをダッシュする

地元をダッシュするニュースサイト ジモッシュ

ジモプチトリップvol.167 【松尾山13ヶ所霊所】矢方毘沙門堂【上毛町】

公開日:2023年01月14日 (更新日:2024年04月11日)

ライター:Yosaroh

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

なんと幸運なことに松尾山13ヶ所霊所の所在地についての更なるタレコミが寄せられました。今回と次回は引き続き、山伏が松尾山に峰入りする際に訪れるスポットをお届けします。

【関連記事はこちらをクリック♪↓】

ジモプチトリップvol.166隠れた名所 貴船地蔵堂

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

公民館

今回のスポットがあるのは上毛町矢方の矢方公民館の敷地内です。豊前市と築上町のちょうど境目付近にあたる場所ですが、少し入り組んでいるので土地勘がない方はナビで行くのがベター。

町指定文化財

公民館に近付くと、町指定文化財「矢方毘沙門天(びしゃもんてん)」の看板がありました。

毘沙門天が眠る場所且つ公民館…。一体どんな場所なのでしょうか。

御堂

公民館の入り口に到着すると、見えるのは至って普通の公民館…と御堂。

どうやら今回の目的のスポットはあちらの御堂のようですね。

閉ざされた扉

少し御堂に近付いてみました。扉は固く閉ざされています…。

う〜ん…残念…。

?!

その時でした。ライターが閉ざされたその扉にて発見したものとは?!

これって覗き窓では?!

こ…これは!!!

覗き窓からそっと中を覗くも、もちろん中は真っ暗闇。

ダメ元でカメラで中を撮影してみると…こ、これは!!!

こちらの御本尊は実は3体。「毘沙門天」、「不動明王」、そして「地蔵菩薩」です。見えているのも3体。しかも人くらいの大きさがありそうですね。

まさかこうして御本尊が見られるとは思っていませんでした。ありがたや。

説明板によると、こちらはかつて「第九永正山源正寺」というお寺であったそうです。現在は廃寺となり、こちらに3体をお祀りしているんだとか。

かつての寺院がなくなっても、こうして現在まで大切に引き継がれているのは素晴らしいことですね。

店舗名 矢方毘沙門堂
住所
〒871-0906 福岡県築上郡上毛町矢方478

内容は2024年04月11日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です



Instagram LINE あなたのお店を紹介しませんか?
あなたのお店を紹介しませんか?