中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリアをダッシュする

地元をダッシュするニュースサイト ジモッシュ

【寺町散策シリーズ】ジモプチトリップvol.132 増田宋太郎生誕の地【中津市】

公開日:2022年03月26日 (更新日:2024年04月13日)

ライター:Yosaroh

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

NOASエリアの著名人といえば誰を思い浮かべますか?前回ご紹介した大河内傳次郎?それとも福沢諭吉?まだまだ他にもNOASエリア出身の著名人はいるんです!

 

今回ご紹介するのは増田宋太郎生誕の地です。 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

福沢旧邸からスタート!

中津市の福沢通り(県道530号線)を市街地側から海側へ。そしてデリマートかなえだの交差点を右へ進んだ場所にあるのが、皆様ご存知の福沢旧邸。

 

今回ご紹介する名所はこちらのすぐ側にあるんです。

案内板も

駐車場側から案内板を見つけることができます。案内板の矢印に沿って進みましょう。

徒歩1分

先程の案内板から徒歩で進むこと約1分(※ライターの体感によるものです。)。

 

一見公園のようなさっぱりとした敷地を発見しました。

到着

入り口には生誕地であることが記された案内板の役割の石碑。そして敷地内には説明板もあり、この場所で間違いないようです。

 

こうして見ると一軒家が建つのに丁度いい広さがありますね。

奥には

そして敷地奥には増田宋太郎生誕の地を表す記念碑がありました。

増田宋太郎とは

当たり前のようにご紹介していますが、中にはこの「増田宋太郎」氏が何者であるのか疑問に思う方もいるかもしれません。

 

この宋太郎氏は実は福沢諭吉先生のまた従兄弟にあたる人物で、福沢先生の慶應義塾で学んでいた時期もあったのだそう。そして、中津の地方新聞の初代編集長を務め、自由民権や主権在民を説いた人物でもあります。

 

とても精力的に活動をしていたことがこの時点でも分かりますが、宋太郎氏はそれだけではなく、あの有名な西南戦争に西郷隆盛氏が率いる軍に中津隊の隊長として参戦しています。

 

宋太郎氏が居たこの地を感じに、一度この場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗名 増田宋太郎生誕の地
住所
〒871-0085 大分県中津市弓町

内容は2024年04月13日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です



Instagram LINE あなたのお店を紹介しませんか?
あなたのお店を紹介しませんか?