中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリアをダッシュする

地元をダッシュするニュースサイト ジモッシュ

ジモプチトリップvol.103 【滝シリーズ】とっても可愛らしい?!洞鳴瀑布(どうめきばくふ)【中津市】

公開日:2021年08月13日 (更新日:2024年04月14日)

ライター:Yosaroh

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

NOASエリアに数多ある滝。その中のひとつ、洞鳴瀑布(どうめきばくふ)という滝をご存知でしょうか。何でもとっても可愛らしい滝であるとか。一体どんな場所なのでしょうか。

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ナビがおすすめ!

中津市本耶馬溪町の国道500号線上にある上津小学校を過ぎ、道なりに川を渡って進んでいくとあるこちらのスポット。少し分かりづらいので、ナビで行くのがおすすめです。

橋の片側には洞鳴橋、反対側には跡田川と書かれています。

滝はどこ?

ぐるっと見回すと、美しい川景色が。しかし、「滝」というものはどこかというと、良く分かりません。

向かって左手の景色では、湧水のように流れ出ている小さな滝のようなものが何箇所かありましたが、今回探している滝はどうやらこの小さな滝ではないようです。

階段を発見!

景色を楽しみつつ橋を渡ると、右手に下へ下りることができる階段を発見しました。

ここですよ!という声が聞こえてくるようですね。行ってみましょう!

川へ

道からはそんなに距離もなく、川へ到着。

立ち位置が…

滝を探して右往左往するライター…。水しぶきは確認できるものの、どこが何だかさっぱり分かりません。

これは立ち位置が悪いに違いない…。おそらく、ライターが立っている場所は滝の上部だと思われます。ということで、橋の上に戻ってみましょう。

発見!

先程の洞鳴橋。進んできた方向から見て右手の景色の中に、その滝はありました。先程は左手を見ていたので気付かなかったんですね…。何とも間の悪いライターです…。

いかがでしょうか。背景の山と合わさって、とても美しいですよね。豪快な名前に反してプチサイズな可愛らしい滝、洞鳴瀑布。しかし、その存在感と美しさは大きな滝にも決して負けていないのではないでしょうか。

店舗名 洞鳴瀑布(どうめきばくふ)
住所
〒871-0312 大分県中津市本耶馬溪町折元

内容は2024年04月14日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です



Instagram LINE あなたのお店を紹介しませんか?
あなたのお店を紹介しませんか?