中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.57 首が眠る?! 凶首塚古墳【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

何やら宇佐に凶首塚(きょうしゅづか)古墳なる、それはそれは恐ろしげな名前の古墳があることを聞きつけたライター。とにかく名前が不吉極まりない…。意を決して行ってきました!

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

(2020.9.27)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ナビの果て

ナビの果て

今回もgoogle先輩にナビをしてもらい、目的地に向かうことにしたライター。しかし!今回はgoogle先輩もあまり頼りにはならなかった…。

 

着いた先は田んぼと民家に囲まれた集落ど真ん中。一体どうしたものか…取り敢えず道の突き当たりで工事をしていたので、聞いてみると、確かにこの近辺に遺跡らしきものがあるとか。

 

取り敢えず、聞いた先へ向かうと、写真の場所に駐車場を発見しました。

※取材時は工事中でした。工事車両の出入りがあるので、駐車の際は工事車両への配慮をしましょう。

 

改めて周囲を見回すと…ふむふむ…10号線を中津方面から来て、南宇佐の交差点を右。これが1番アクセスしやすいかと思います。

化粧井戸

化粧井戸

駐車場の横には見るからに何か言われがあるような井戸が3つ並んでいました。

 

説明板曰く、「化粧井戸」とのことです。説明板によると、NOASエリア内である、中津市の古要(こよう)神社、吉富町の古表(こひょう)神社の傀儡(くぐつ)に隼人が見惚れている間に隼人を成敗した、という伝説があるのだそう。そして、隼人の霊を慰める為に始まった放生会の儀式に参加する傀儡をこの井戸で洗ったのだとか。

 

傀儡、って響きが怖いですが、要は人形のことで、隼人が見惚れたのはこの傀儡たちによる人形舞のことのようです。今でも数年に一度は各神社で行われているらしいので、見てみたいですね。

中を見てみた

中を見てみた

少し怖いですが、中を覗いてみました。

 

思ったより随分浅い…。3つともこのくらいの深さで底が見える深さ。下手したら普通に立って頭が見えるくらいの深さではないでしょうか。ライターは目算が怪しいので正確な深さは断定できませんが、つまりはそのくらい浅いということです。

古墳はどこ?

古墳はどこ?

しかし、これは目的の古墳ではない…。隼人というワード。凶首塚古墳の伝説ではこの隼人という人物の首が埋葬されているというので、共通点はあるようです。

 

ライターが頭を悩ませていると、工事の方が、

 

「別の遺跡が反対側にあるよ。」

 

と教えてくださいました。そちらの方へ行ってみると…おおっ!入口発見!

 

ここから少し先にある案内板によると、伝説では隼人の首が埋まる場所、ですが、実際は時代がずれた、隼人の時代よりももっと古い横穴式石室ということです。

 

一体どんな見た目なのでしょうか。

あった!

あった!

先ほどの入口からほどなくして、田んぼの端に発見!

 

明らかに異質…。明らかに古墳…。

凶首塚古墳

凶首塚古墳

こちらが凶首塚古墳。

 

実際は横穴式石室との事ですが、剥き出し状態で見る機会はあまりないのではないでしょうか。

 

伝説のせいか不気味に見えてしまいます。

なぜ

なぜ

そして何故かミニチュアの鳥居が。

 

正式なものなのか、誰かが置いたのかは謎です。

百体社

百体社

更に、古墳からほど近くにあるのが百体社。説明板によると、こちらには隼人の霊が祀られているのだとか。

絶景かな!

絶景かな!

神社を出て、ふと先に目をやると、宇佐神宮の鳥居が!ちょうど西参道方面とのこと。

 

こちらの通りはかつて天皇から派遣された勅使が使っていた「勅使道」なんだそうですよ。

 

ライターはNOASエリアに住んでいながらこのような場所を知りませんでした。景色も街並みも美しく、まるで京のようですね。訪れた際は是非この景色も楽しんでくださいね。

 

 

あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をお寄せください。

凶首塚古墳(きょうしゅづかこふん)

所在地
〒872-0103 大分県宇佐市北宇佐
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

カレー巡りの旅【ナチュラルファーム菓樹/上毛町】

カレー巡りの旅【ナチュラルファーム菓樹/上毛町】

皆さんはカレーライス、好きですか?

実は中津市にゆかりのある福沢諭吉が広めたとされる【カレーライス】。

ここノースエリアには沢山のカレー店があります。

そんな誰もが愛してやまないカレーを、ジモッシュ!webライターがお店を巡って取材します!

今回の取材先はスイーツでも評判、上毛町の「ナチュラルファーム菓樹」さんです。

※ライターは新型コロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお召し上がりください。

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回訪れたのは宇佐市にある葛原古墳。四日市からすぐのその場所は市街地からほど近いとは思えない所でした。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

【上毛町】ジモッシュランチまとめ決定版!4選

【上毛町】ジモッシュランチまとめ決定版!4選

ジモッシュ!webが過去に取材してきたランチ情報をまとめた、ランチ情報決定版!今日のランチはどこに行く??

今回は上毛町エリアから4件をご紹介します★

※内容は過去の取材内容を基に構成しています。写真は取材当時の物を使用しています。

※情報は取材・公開日時の物です。最新の営業時間、価格などは異なる場合がございます。

ジモプチトリップvol.59 町中城跡巡り!犬丸城跡と中尾城跡【中津市】

ジモプチトリップvol.59 町中城跡巡り!犬丸城跡と中尾城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

意外と城跡が多いNOASエリア。町中にもチラホラと城跡があるのにお気づきでしょうか。今回は犬丸城跡と中尾城跡にプチトリップしてきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

豊前市の宇島駅近くにあるスーパーマーケット「マルショク」。豊前市のみならず、他のNOASエリアでも馴染み深いスーパーマーケットのひとつだが、ここマルショク豊前店は地域の人々にとってより深い存在意義を持っている。

 

様々な理由で今まで色んな店舗が閉店されてきた。一消費者として、閉店する店舗を寂しくも黙って見つめてきた経験をした人はかなりいるのではないだろうか。

 

小さな個人だから?口出しする権限がないから?

「そんなことはない。想いを伝えることは出来る。」

 

地区民が今立ち上がる。一体こういう時、我々に何が出来るのか。ライターが立ち上がった地区の方々に取材してきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回訪れたのは宇佐市にある葛原古墳。四日市からすぐのその場所は市街地からほど近いとは思えない所でした。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.59 町中城跡巡り!犬丸城跡と中尾城跡【中津市】

ジモプチトリップvol.59 町中城跡巡り!犬丸城跡と中尾城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

意外と城跡が多いNOASエリア。町中にもチラホラと城跡があるのにお気づきでしょうか。今回は犬丸城跡と中尾城跡にプチトリップしてきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

豊前市の宇島駅近くにあるスーパーマーケット「マルショク」。豊前市のみならず、他のNOASエリアでも馴染み深いスーパーマーケットのひとつだが、ここマルショク豊前店は地域の人々にとってより深い存在意義を持っている。

 

様々な理由で今まで色んな店舗が閉店されてきた。一消費者として、閉店する店舗を寂しくも黙って見つめてきた経験をした人はかなりいるのではないだろうか。

 

小さな個人だから?口出しする権限がないから?

「そんなことはない。想いを伝えることは出来る。」

 

地区民が今立ち上がる。一体こういう時、我々に何が出来るのか。ライターが立ち上がった地区の方々に取材してきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

ジモプチトリップvol.58 伝説と伝統が残る!古要神社【中津市】

ジモプチトリップvol.58 伝説と伝統が残る!古要神社【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

前回ご紹介した、凶首塚(きょうしゅづか)古墳。こちらの伝説にて隼人討伐に活躍したとされる傀儡(くぐつ)ですが、今も尚、傀儡による「傀儡の舞と相撲」が伝統的に残っているのだとか。

 

その伝統が残る神社とは?一体どんな場所なのでしょうか。今回は隼人討伐に参加したとされる神社の内のひとつ、中津市にある古要神社に訪れてみました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.56 絶景とお地蔵さま 尾曲疣取地蔵尊/須磨の景【中津市山国町】

ジモプチトリップvol.56 絶景とお地蔵さま 尾曲疣取地蔵尊/須磨の景【中津市山国町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回ライターが訪れたのは中津市山国町草本。猿飛千壺峡横穴群がある同地区ですが、更に英彦山方面へ車を走らせると見えてくるのが今回のスポット、尾曲疣取地蔵尊(おまがりいぼとりじぞうそん)と須磨の景です。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

一覧はこちら

ページTOPへ