中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.56 絶景とお地蔵さま 尾曲疣取地蔵尊/須磨の景【中津市山国町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回ライターが訪れたのは中津市山国町草本。猿飛千壺峡横穴群がある同地区ですが、更に英彦山方面へ車を走らせると見えてくるのが今回のスポット、尾曲疣取地蔵尊(おまがりいぼとりじぞうそん)と須磨の景です。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

(2020.9.20)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

看板が目印

看板が目印

猿飛千壺峡横穴群のある国道500号線を更に英彦山方面へ車を走らせると見えてくるのが2つの看板。

 

1つ目は右手に見える「尾曲疣取地蔵尊」の看板で、2つ目は左手に見えるグリーンの色味が目を引く「須磨の景」の看板です。

 

地蔵尊の看板よりも須磨の景の看板の方が目立つので、こちらを目印にした方が迷いにくいかもしれません。

 

須磨の景の看板側はご覧の通りの広さで、駐車も楽々でしたよ。

階段を上ろう

階段を上ろう

地蔵尊の看板の横の階段を上ると境内に辿り着きます。

 

少し苔むした雰囲気は神聖な雰囲気を醸し出しています。こざっぱりと丁寧に手入れされていて、地域の人に愛された場所であるのが伺えますね。

 

こちらの地区に伝わる地蔵尊の謂れはこうなんだそうです。

 

---------------------------------------

昔々、信心深いお婆さんが宿を求めて訪ねてきた若い僧侶を快く招き入れた。

 

僧侶はお礼に石で作った手水鉢(ちょうずばち)をお婆さんに残した。お婆さんの手にはたくさんの疣(いぼ)があったが、僧侶が残した手紙の通りに手水鉢に水を張り、使っていたところ、お婆さんの手にあった数多の疣は無くなっていた。

 

この地区の人はこの僧侶こそ地蔵菩薩だったのに違いない、と御堂を建て、手水鉢と共に菩薩像を祀った。

---------------------------------------

 

こちらの話は地区の方々に口伝で伝わったものなのだそう。こちらのお地蔵さまは耶馬溪の中でも数少ないお地蔵さまのひとつなんだとか。そして、この辺り一帯は「地蔵堂」と呼ばれているのだそうです。地域の方々との密接な関係が分かる話ですね。

拝観させていただきましょう

拝観させていただきましょう

こちらがメインの御堂のお地蔵さま。

歴史を感じます。

伝承の手水鉢

伝承の手水鉢

そしてこちらが伝承に残る手水鉢。

 

ゴツゴツした感じから手彫りというのが伝わってきますね。しっかり水も溜まる深さです。

 

伝承を知ると興味深いですね。

小さな御堂

小さな御堂

本堂の横には小さな御堂がありました。こちらには地蔵菩薩が祀られているとのこと。

 

説明板によると、なんと地蔵菩薩は救世主がいなかった56億7千万年の暗黒時代に民衆を救済し、地獄を救う仏という位置付けなんだとか!

 

億とか千万とか単位がすごい!この世にそんな暗黒時代があったとは…。

 

そして、ご利益としては、

・即佛縁(佛縁/ぶつえん→仏様との間に結ばれる縁)

・悪夢退散

・豊作

・家内安全

・長寿

…など、たくさんありました。

須磨の景

須磨の景

そして気になる「須磨の景」を求めて駐車した場所へ戻ってみました。

 

どこだ、どこだ?と探して、地蔵尊の方を振り返ると…

 

!!!!

 

まさかの展望台兼任。

…いざ、再び地蔵尊へ!

展望台からの景色

展望台からの景色

こちらが展望台からの景色。

 

肉眼で見ると、目が痛くなるほど壮大な景色で心が癒されます。

 

しかし、この景色で合っているのかがよく分かりません。

え?

え?

すると、ちょうどいいタイミングで、須磨の景の説明板を発見しました。

 

大正時代に書かれたものの写しの様ですが、須磨の景が須磨の渓になっていますね。

 

「景色」から「渓谷」だと意味合いが変わってきます。要は紅葉の名勝地であるとのこと。

 

しかし、最後に気になる説明が…。

 

「川姫の棲む蛇淵といふ。」

 

…。川姫といえば、目が合えば生気を吸い取られる…妖怪じゃないか…。

 

NOASエリアの名所を巡るこの連載。鬼の伝承が残る名所は数あれど、妖怪がこの様な形で出てきたのは初ではないでしょうか。

 

なんとも興味深い、須磨の渓…。

神戸の景色?

神戸の景色?

最後に、駐車場から英彦山方面を眺めた景色がこちら。

 

神戸にも須磨という名が付く山があるそうで、ライターの知り合いは、

「山の景色の雰囲気が似てる気がするし、名前も同じだから、そこからだったりして。」

なんて言ってましたが、真相は謎のまま。

 

しかし、説明板の通り、紅葉の景色は絶景であることは間違いないのではないでしょうか。もうすぐ紅葉の季節がやってくるので、リフレッシュに訪れてみては。

 

 

あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をお寄せください。

尾曲疣取地蔵尊(おまがりいぼとりじぞうそん)/須磨の景

所在地
〒871-0702 大分県中津市山国町草本
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

ジモプチトリップvol.61 一日中楽しめる!天地山公園【豊前市】

ジモプチトリップvol.61 一日中楽しめる!天地山公園【豊前市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回ライターが訪れたのは豊前市にある天地山公園。実はこちらの公園は全国の公園の模範となるべく選ばれた「日本の都市公園100選」のひとつで、立派な名所のひとつなんです。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

カレー巡りの旅【ナチュラルファーム菓樹/上毛町】

カレー巡りの旅【ナチュラルファーム菓樹/上毛町】

皆さんはカレーライス、好きですか?

実は中津市にゆかりのある福沢諭吉が広めたとされる【カレーライス】。

ここノースエリアには沢山のカレー店があります。

そんな誰もが愛してやまないカレーを、ジモッシュ!webライターがお店を巡って取材します!

今回の取材先はスイーツでも評判、上毛町の「ナチュラルファーム菓樹」さんです。

※ライターは新型コロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお召し上がりください。

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回訪れたのは宇佐市にある葛原古墳。四日市からすぐのその場所は市街地からほど近いとは思えない所でした。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

【上毛町】ジモッシュランチまとめ決定版!4選

【上毛町】ジモッシュランチまとめ決定版!4選

ジモッシュ!webが過去に取材してきたランチ情報をまとめた、ランチ情報決定版!今日のランチはどこに行く??

今回は上毛町エリアから4件をご紹介します★

※内容は過去の取材内容を基に構成しています。写真は取材当時の物を使用しています。

※情報は取材・公開日時の物です。最新の営業時間、価格などは異なる場合がございます。

ジモプチトリップvol.59 町中城跡巡り!犬丸城跡と中尾城跡【中津市】

ジモプチトリップvol.59 町中城跡巡り!犬丸城跡と中尾城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

意外と城跡が多いNOASエリア。町中にもチラホラと城跡があるのにお気づきでしょうか。今回は犬丸城跡と中尾城跡にプチトリップしてきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.61 一日中楽しめる!天地山公園【豊前市】

ジモプチトリップvol.61 一日中楽しめる!天地山公園【豊前市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回ライターが訪れたのは豊前市にある天地山公園。実はこちらの公園は全国の公園の模範となるべく選ばれた「日本の都市公園100選」のひとつで、立派な名所のひとつなんです。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

ジモプチトリップvol.60 史跡名勝天然記念物!葛原古墳【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

今回訪れたのは宇佐市にある葛原古墳。四日市からすぐのその場所は市街地からほど近いとは思えない所でした。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.59 町中城跡巡り!犬丸城跡と中尾城跡【中津市】

ジモプチトリップvol.59 町中城跡巡り!犬丸城跡と中尾城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

意外と城跡が多いNOASエリア。町中にもチラホラと城跡があるのにお気づきでしょうか。今回は犬丸城跡と中尾城跡にプチトリップしてきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

署名で祈るマルショクの存続!心はいつも私たちと共に!【豊前市】

豊前市の宇島駅近くにあるスーパーマーケット「マルショク」。豊前市のみならず、他のNOASエリアでも馴染み深いスーパーマーケットのひとつだが、ここマルショク豊前店は地域の人々にとってより深い存在意義を持っている。

 

様々な理由で今まで色んな店舗が閉店されてきた。一消費者として、閉店する店舗を寂しくも黙って見つめてきた経験をした人はかなりいるのではないだろうか。

 

小さな個人だから?口出しする権限がないから?

「そんなことはない。想いを伝えることは出来る。」

 

地区民が今立ち上がる。一体こういう時、我々に何が出来るのか。ライターが立ち上がった地区の方々に取材してきました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

ジモプチトリップvol.58 伝説と伝統が残る!古要神社【中津市】

ジモプチトリップvol.58 伝説と伝統が残る!古要神社【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

 

前回ご紹介した、凶首塚(きょうしゅづか)古墳。こちらの伝説にて隼人討伐に活躍したとされる傀儡(くぐつ)ですが、今も尚、傀儡による「傀儡の舞と相撲」が伝統的に残っているのだとか。

 

その伝統が残る神社とは?一体どんな場所なのでしょうか。今回は隼人討伐に参加したとされる神社の内のひとつ、中津市にある古要神社に訪れてみました。

 

 

※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

一覧はこちら

ページTOPへ