中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.41 迫力の巨石「和与石」と新展望台【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

NOASエリアの住民にとって馴染み深い山のひとつ、八面山。離合できる幅の整備された道路が山頂まで続き、アクセスが容易なのも魅力的な八面山。実は名所の宝庫でもあるんです。今回は八面山の名所の中から「和与石」、そしてリニューアルされた新展望台をご紹介します。

(2020.3.23)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

八面山入山

八面山入山

八面山は前述した通り、道路が整備されているので車のまま登ることが可能です。

登山道もありますが、今回の目的地へは車でのアクセスが可能なのでこのまま車で上を目指します。

カーブを過ぎる度に現れる「第◯カーブ」の案内板。ご存知の方も多いとは思いますが、八面山を登るにつれてカーブの◯の部分、つまり数字は小さくなっていきます。

16カーブある内の第7カーブまで登ったところで祠を発見。よく見るとめちゃくちゃ小さな観音さまと思しき像が!

八面山は元々修験道の山であったそうなので、このように祀られている像があるのでしょうね。

巨石

巨石

修験道といえば巨石信仰。

名所レベルではないものの、それでも見た瞬間に「でかっ!」と言ってしまうような大きさの石が。

車道からでも所々に興味深い八面山の文化が見えてきます。

ゆ…雪?!

ゆ…雪?!

続いて差し掛かった第5カーブ。

取材したこの日は寒さがまだ残る早朝だったのですが、街中では雪なんてみる影もありませんでした。

が、山は雪が積もりやすいとはよく言ったもので、ここからの八面山は姿を変えていきます。

和与石

和与石

第1カーブを過ぎ、さらに進んで行くと、左手に和与石と書かれた案内板を発見。

写真では見づらいですが、獣道のようにちゃんと
歩ける場所が分かるようになっています。

少し歩きます

少し歩きます

先ほどの案内板から、人が通った跡が残る道を頼りに少し歩いて行きます。

大きい

大きい

そうこうしている内に目の前に巨石が!

やはり名所レベルの石となると大きさの桁が違いますね。

正面から見てみよう

正面から見てみよう

正面から見た和与石はこんな感じです。

孫悟空でも下に埋まってるんじゃないか、という程の大きさの巨石です。念のため調べてみましたが悟空が埋まっている様子はありませんでした。

しかしデカい!

このくらい

このくらい

ライターの身長ほどの場所に手をかざしてみました。やはりデカい。

和与石って不思議な名前と形をしていますよね。

案内板によると、その起源は大宝元年である701年に起こったそう。

現世で苦しむ全てのものを救いたいと考えた八幡大菩薩。そこで願い事が叶う宝珠を英彦山権現から授かるために大菩薩は宇佐から英彦山へ行った。

その時、英彦山で修行していた僧の法蓮がやって来た。法蓮が宝珠を見たことない、というと権現は法蓮に宝珠を見せてあげようとした。

しかしその時、八幡に仕える翁が権現と法蓮を騙して宝珠を持って逃走。激怒して翁を追いかけて箭山までやって来た法蓮は大菩薩を問い詰めた。

話し合いの結果和解。大菩薩は宝珠を正式に手に入れ、引き換えに法蓮は宇佐の神宮寺の別当(長官)の座に着任した。

和解までの話し合いを行った場所がこの「和与石」であったそう。

なるほど…。ということは和解の「和」に与えるの「与」ということでしょうか。面白い伝承ですね。

さらに進むよ

さらに進むよ

八面山の展望台が新しくなっている、という情報を掴んでいたライター。

和与石を後にして次は展望台を目指します。

道は一本道…かと思いきや2手に分かれた道に遭遇しました。

しかし案内板が教えてくれるので安心です。向かって左の道へ進みます。

駐車場

駐車場

進んで行くと広々とした駐車場が。

こちらが展望台の駐車場です。ここからは歩いて展望台へ進みます。

新しくなってる

新しくなってる

展望台に到着しました。

向かって左手はスロープになっています。

すごく綺麗に改装されていますね。

デッキへ続く道

デッキへ続く道

デッキへ向かう道はこのような感じです。

写真右手の怪談の先は以前の展望台を活かした造りになっているのが嬉しいですね。

デッキ

デッキ

こちらが新デッキです。

すでにここから見える景色の美しさに興奮しちゃいます。

案内板

案内板

デッキの先に新しい案内板が設置されていましたよ。

番号と施設名が書かれています。実際の景色と照らし合わせて見ることが出来るのでどこに何があるのか分かりやすくていいですね。

いざ景色を

いざ景色を

そしてお待ちかねの展望台からの景色がこちら。

清々しい!
これからの山のシーズンが楽しみになるような展望台でした。また夏には違う景色を見せてくれることでしょう。

いかがでしたでしょうか。まだまだ気になる名所がたくさんある八面山。また別の機会にご紹介したいと思います。


あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をお送りください。

和与石/八面山園地

所在地
〒871-0103 大分県中津市三光田口
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

【豊後高田市】心温まる郷土料理!ふきの里

【豊後高田市】心温まる郷土料理!ふきの里

豊後高田市の富貴寺の前にあるお店。
地元ならではの郷土料理と温かい店員さんに癒されてきました。

豊後高田市昭和の町で長く愛される大寅屋食堂!

豊後高田市昭和の町で長く愛される大寅屋食堂!

創業昭和3年の老舗、大寅屋食堂。
地方に住む常連さんもいる人気店に行ってきました。

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

豊後高田のある場所に釈迦如来の脇侍がひっそりと祀られている場所を発見。ネットでは調べてもあまり情報のない場所ですが、一体どんな場所なのでしょうか。

【豊後高田市】お酒の名店!銘酒処田染荘

【豊後高田市】お酒の名店!銘酒処田染荘

ここにしかないお酒もあるので遠方から来る方も。
気になったので行ってみました!

八面山 展望所が知らない間にバージョンアップ

八面山 展望所が知らない間にバージョンアップ

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

豊後高田のある場所に釈迦如来の脇侍がひっそりと祀られている場所を発見。ネットでは調べてもあまり情報のない場所ですが、一体どんな場所なのでしょうか。

【新店舗】カワイイが詰まったアウトドアショップがついに中津に上陸!世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト【中津市】

【新店舗】カワイイが詰まったアウトドアショップがついに中津に上陸!世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト【中津市】

空前のアウトドアブームとなっている今、遂に中津にもアウトドアショップ専門店がオープンしました。

「世界一小さなアウトドアショップ」のキャッチフレーズの通り、可愛らしいサイズのお店です。

しかし侮るなかれ。中にはぎゅぎゅっと女子にも嬉しいオシャレなアウトドアが叶うグッズがたくさん詰まっていました。

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市三光10号線からグッデイ大貞店に繋がる道をドライブ中、左側に見つけた案内板。よくよく案内板を読んでみると、どうやらここは城跡だったよう。

一体中はどんな感じなのでしょうか。

ジモプチトリップvol.39 一石何鳥?!の穴場スポット 小平遺跡公園【中津市】

ジモプチトリップvol.39 一石何鳥?!の穴場スポット 小平遺跡公園【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは中津市にある小平(こべら)遺跡公園。そこには遺跡だけではない様々な魅力を放つ、まさに一石何鳥?!とも言える穴場スポットでした。

ジモプチトリップvol.38 懐かしさに心温まる 耶馬渓駅跡【上毛町】

ジモプチトリップvol.38 懐かしさに心温まる 耶馬渓駅跡【上毛町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが向かったのは耶馬渓の青の洞門から程近い、福岡県上毛町のとある地区。

ここには上毛町でありながら「耶馬渓駅」があるのだそう。

手元にあった情報は「有野」という地名だけでしたが、意外とすんなりと発見することができました。

一覧はこちら

ページTOPへ