中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・上毛町・吉富町

ジモプチトリップvol.14 絵巻物風の石⁈青宇田画像石【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは豊後高田市にある、青宇田(あうだ)画像石。

なんでも、何かの絵が描かれた石であるとか。一体どんな石なのでしょうか。

(2019.9.15)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

目立つ

目立つ

宇佐方面から豊後高田市国東線を進んでいくと、なにやら目立つ石が。

これだけ目立つと素通りできません。分かりやすくて助かります。

駐車場

駐車場

目印の石の看板の側にはすごく広い駐車場が。バスやトラックでも余裕で停められそうな広さです。

案内板

案内板

駐車場からどこに行けばいいのかキョロキョロしていると、側にこじんまりした案内板が。

色が緑色なので大きさの割に意外と目立ちます。

階段が

階段が

案内板に従って進むと、民家の間を抜けて階段が。

民家に一瞬怯みましたが、ちょうど居合わせたおうちの方に聞いてみると、この道で大丈夫とのことでした。

気をとりなおして進みます。

上がった先には

上がった先には

階段を上りきると、仁王像のような石仏があり、横に道が続いていました。

てっきりサバイバル感のある道を想像していたので、綺麗に整備された道に感動です。

とりあえずお参りを

とりあえずお参りを

所々に石仏が安置されており、祀られている石仏も発見したのでとりあえずお参りすることに。

しかし、目的の画像石は見当たりません。

真っ直ぐ進んでみよう

真っ直ぐ進んでみよう

おそらく頂上に画像石はあるのではないか、と踏んだライター。

御堂脇、そしてその横の管理者の方の住居のような建物を抜け、道なりに沿ってサバイバルモードへ。

しかし何も見当たりませんでした。

このままでは帰れない!

このままでは帰れない!

取材に来たライターとしてこのままでは帰れません。御堂の横に管理者の方の住居のような建物があるのを思い出し、訪ねてみることにしました。


⁈

インターホンもないので、あれ?と思いながらも恐る恐る玄関口の扉を開けるライター。

そこにあったのは!!

なんと画像石!この建物は住居ではなく、収納庫でした。

案内板によると、画像石は元々、この収納庫裏の崖の上にあったお寺で作られ、崖にはめ込まれていたらしいものが、いつの頃からか崖下で安置されていた、とのことです。

雨風等からの磨耗で失われたり、見えづらいものもあるらしいのですが、絵巻物風に地獄と極楽の様子をたくさんの石板に線彫りで表現しているのは全国的に見て、他にはなく大変貴重なんだそう。

では早速拝見していきましょう。

観音菩薩立像

観音菩薩立像

一番初めにお出迎えしてくれるのが、こちらの観音菩薩立像です。

やはり磨耗があるせいか、肉眼でも見えづらいところがありますが、離れてみてみるとうっすら観音様のシルエットが見える気がします。

地獄

地獄

お分かりいただけるでしょうか。拡大出来る方は画像を拡大して頂くと、より見やすいかと思います。

こちらは十王庁展開図という死者への裁き、地獄の様子などが彫られています。

肉眼では、角度を変えつつ見ていくと少しずつ見える感じです。

見えやすいものも

見えやすいものも

こちらの画像石は比較的見えやすいのではないでしょうか。

青宇田画像石は1390年頃に製作されたそうなので、外での保存時期の経年劣化を考えると、今尚これだけの線画が目に見える形で残っていることが奇跡のように思えますね。

今回ご紹介しきれなかった画像石と合わせると極楽の様子から地獄までの様子を絵巻物風に見ることができますよ。駐車場からのアクセスも容易なので、一度見に行ってみてはいかがでしょうか。



あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。
件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をメールしてください!

青宇田画像石

所在地
〒879-0604 大分県豊後高田市美和1007
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

脱・マンネリメニューということで、宇佐市の「ふるさと給食」を作ってみました。

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

リズム感がないので、〇RFのメンバーにもなれませんでした汗

「うちのお母さん」面白エピソード集

「うちのお母さん」面白エピソード集

NOASエリアに実在する最強天然お母さん達。
爆笑・赤面エピソードを毎回2つずつ紹介していきます。
(ライター:バンビ)

食事処 松和(まつわ)オープン!

食事処 松和(まつわ)オープン!

※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

宇佐市上田、「よ〜ちゃんラーメン」さんの跡地の店舗に食事処『松和』(まつわ)さんがオープンしました。
「おや?こんなところに・・・」と、昼食がてらお邪魔しました。

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回訪れたのは深耶馬渓。有名な観光地のひとつで美味しいお蕎麦が食べられる観光地としても有名な場所です。NOASエリアの地元民にもこのエリアの蕎麦ファンが多くいますよね。

深耶馬渓といえば一目百景。恥ずかしながらライターは近すぎて一目八景自体に注目して訪れたことがなかったんです。いわば一目八景未経験者。ライター周辺のNOAS民にもこういった人が意外とたくさんいました。

外出自粛中の今、なかなかお出かけすることは難しくなってきており、今は我慢の時期…。
せめて記事を通して季節を感じ、自粛解除後の楽しみとして読んで頂ければ幸いです。

ということで!いざ一目八景へ訪れてきた時の様子をリポートします!

※取材は2020年3月29日(日)現在の情報です。
※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材をしています。

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回訪れたのは深耶馬渓。有名な観光地のひとつで美味しいお蕎麦が食べられる観光地としても有名な場所です。NOASエリアの地元民にもこのエリアの蕎麦ファンが多くいますよね。

深耶馬渓といえば一目百景。恥ずかしながらライターは近すぎて一目八景自体に注目して訪れたことがなかったんです。いわば一目八景未経験者。ライター周辺のNOAS民にもこういった人が意外とたくさんいました。

外出自粛中の今、なかなかお出かけすることは難しくなってきており、今は我慢の時期…。
せめて記事を通して季節を感じ、自粛解除後の楽しみとして読んで頂ければ幸いです。

ということで!いざ一目八景へ訪れてきた時の様子をリポートします!

※取材は2020年3月29日(日)現在の情報です。
※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材をしています。

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

豊後高田のある場所に釈迦如来の脇侍がひっそりと祀られている場所を発見。ネットでは調べてもあまり情報のない場所ですが、一体どんな場所なのでしょうか。

ジモプチトリップvol.41 迫力の巨石「和与石」と新展望台【中津市】

ジモプチトリップvol.41 迫力の巨石「和与石」と新展望台【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

NOASエリアの住民にとって馴染み深い山のひとつ、八面山。離合できる幅の整備された道路が山頂まで続き、アクセスが容易なのも魅力的な八面山。実は名所の宝庫でもあるんです。今回は八面山の名所の中から「和与石」、そしてリニューアルされた新展望台をご紹介します。

【新店舗】カワイイが詰まったアウトドアショップがついに中津に上陸!世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト【中津市】

【新店舗】カワイイが詰まったアウトドアショップがついに中津に上陸!世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト【中津市】

空前のアウトドアブームとなっている今、遂に中津にもアウトドアショップ専門店がオープンしました。

「世界一小さなアウトドアショップ」のキャッチフレーズの通り、可愛らしいサイズのお店です。

しかし侮るなかれ。中にはぎゅぎゅっと女子にも嬉しいオシャレなアウトドアが叶うグッズがたくさん詰まっていました。

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市三光10号線からグッデイ大貞店に繋がる道をドライブ中、左側に見つけた案内板。よくよく案内板を読んでみると、どうやらここは城跡だったよう。

一体中はどんな感じなのでしょうか。

一覧はこちら

ページTOPへ