中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.10 静かなる迫力!東光寺五百羅漢【宇佐】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

羅漢像といえば、耶馬渓が有名ですが、実はNOASエリアには他にも羅漢像を見ることができるスポットがあるんです。今回は宇佐市にある東光寺を訪れてきました。

(2019.8.11)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

到着

到着

宇佐市の柳ヶ浦高校のすぐ側にある東光寺。看板が分かりやすいので迷うことなく到着することができました。

駐車場も広々としています。この位置からはまだ何も見えませんが、奥にたくさんの羅漢像があると思うとドキドキしてきます。

東光寺の歴史

東光寺の歴史

駐車場からすぐの案内板によると、この東光寺は600年以上もの歴史があるとか。宗派は最初、天台律宗から始まり、臨済宗を経て、その後、曹洞宗に改められたようです。

本尊は薬師如来で、古仏や不動明王も安置されている、とのことで進んですぐに地蔵菩薩や他の仏像も安置されていました。羅漢像のみの安置かと思っていたライターでしたが、この不意打ちは参拝者には嬉しいサプライズです。

まだ見えない

まだ見えない

早く羅漢像を拝みたい気持ちのライターですが、まだ羅漢像の顔は見えません。

焦る気持ちを抑えて先を進みます。この植え木の柵でまだ見えない、というところが見たいという気持ちを焦らせてくれます。

羅漢像の入り口へ

羅漢像の入り口へ

植え木の柵が生える道を進んでいくとそこに羅漢像の入り口が!指示に従って参拝料の100円を賽銭箱に入れましょう。

奥の方にチラっとお顔が見えてきました!

ご対面!

ご対面!

ワクワクしながら羅漢像のゾーンに足を踏み入れたライター。どうですか?この迫力!自然の木の中に佇む羅漢像たちがなんとも言えぬ雰囲気を醸し出しています。

宇佐市観光協会のホームページによると、この五百羅漢というのはお釈迦様の教えを広めるべく集まった阿羅漢(悟りを達した聖者)達の集まり、ということです。

ライターは羅漢は仏様の一種なのかと思っていたのですが、そうではなくて、羅漢とは聖者、つまり人なのですね。

案内板によると、この五百羅漢は15代目の和尚様が住民を救うため、日出の石工に頼んで19~24年の間に520体もの石像を造ったものだそうです。

24年としても年間約21体ペース・・・。つまりは月1~2体です。これだけ表情豊かな羅漢たちを見てもわかるように、当時の技術も考えればこのペースで石仏を作っていくのは並大抵ではないような感じがしますね。

自分に似ている羅漢

自分に似ている羅漢

一説にはこうした羅漢像の中に自分とそっくりな羅漢像があるというのはよく聞く話ですよね。ということでライターも探してみました。

じっくり見ていると、喜怒哀楽豊かな顔つきでなんとも可愛らしく見えてきます。後ろ姿もなんとも言えぬ愛らしさが。

そうこうしている内に自分と似てる?な羅漢像を発見!!探索中も色んな羅漢像が見られて楽しめました。

更に奥には

更に奥には

実はこの東光寺、この五百羅漢でおしまいではないんです。更に奥へ進むと今度は十六羅漢と仏足跡が見られます。仏足跡は仏足石とも呼ばれ、全国でも数が少なく珍しいものであるそう。仏足跡は五百羅漢と共に市の有形民俗文化財に指定されています。

今の季節は蚊がすごく多い場所なので、行く場合は虫対策をしっかりしておくか、蚊のいない秋~春くらいに行くのがおすすめです。自分と似ている羅漢像をじっくりと探してみてはいかがでしょうか。


あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。
件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をメールしてください!

東光寺五百羅漢

所在地
〒872-0032 大分県宇佐市江須賀 1754番地
営業時間
参拝料100円
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

【ランチ】限定10食!おふくろの味をワンコインで【中津市】

【ランチ】限定10食!おふくろの味をワンコインで【中津市】

以前、ジモッシュ!webの元にユーザーさんから届いた新店舗情報です!
中津市加来に7月7日オープンのお食事処「仁兵衛(じんべえ)」のランチを取材して来ました。

(ライター:HARA-chan)

【新店舗】推しは”居心地”。中津市に和モダンなカフェ登場!【TOCOMA coffee&meal】

【新店舗】推しは”居心地”。中津市に和モダンなカフェ登場!【TOCOMA coffee&meal】

地元の新店舗をお届けするコーナー。
今回は中津市京町。ユニークな店が立ち並ぶ京町にて
どうやら和モダンなカフェがオープンするとの情報が。

ちなみに地元ではメディア初公開です。

(ライター:HARA-chan)

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

全3回にわたってお送りしているNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。最後となる 第3怪は「巨大な物体」です。

【お昼はお弁当】丸善かまぼこ店のお惣菜で自分だけのお弁当

【お昼はお弁当】丸善かまぼこ店のお惣菜で自分だけのお弁当

 中津市の老舗かまぼこ店、丸善かまぼこ店のお惣菜が美味しい。お昼に行くとマイ弁当を作ることが出来ます。
 丸善かまぼこ店のお惣菜は、野菜、お肉、海の幸とたくさんの種類が。美味しそうなお惣菜が目の前に並ぶとどれにしようか迷ってしまいます。さて、どんなお弁当が出来上がったでしょうか?!

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市の山国町の「さるとび村のさんぽ道」は猿飛千壺峡、念仏橋、魔林峡をみることが出来る遊歩道です。3カ所の内のひとつに行くなら、遊歩道を歩いて全てを見ないともったいないですよ!

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

全3回にわたってお送りしているNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。最後となる 第3怪は「巨大な物体」です。

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市の山国町の「さるとび村のさんぽ道」は猿飛千壺峡、念仏橋、魔林峡をみることが出来る遊歩道です。3カ所の内のひとつに行くなら、遊歩道を歩いて全てを見ないともったいないですよ!

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第2怪】隣のおじいさん

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第2怪】隣のおじいさん

全3回にわたってお送りしているNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。 第2怪となる今回は「隣のおじいさん」です。

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第1怪】ボールの音

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第1怪】ボールの音

暑い夏はひんやりしたいですよね。今夜から3回にわたってお送りするのはNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。

第1怪となる今回は「ボールの音」です。

ジモプチトリップvol.9 意外と穴場?!石堂池【中津】

ジモプチトリップvol.9 意外と穴場?!石堂池【中津】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市の213号線モスバーガー前のセブンイレブンの脇道にひっそりとある「石堂池」の案内板。気付いたことがある人も多いのではないでしょうか。

脇道を覗いてみると、そこは住宅街。しかし案内板があるくらいなら名所に違いない!ということで、今回は石堂池にプチトリップ!

一覧はこちら

ページTOPへ