中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.9 意外と穴場?!石堂池【中津】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市の213号線モスバーガー前のセブンイレブンの脇道にひっそりとある「石堂池」の案内板。気付いたことがある人も多いのではないでしょうか。

脇道を覗いてみると、そこは住宅街。しかし案内板があるくらいなら名所に違いない!ということで、今回は石堂池にプチトリップ!

(2019.8.04)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

案内板

案内板

石堂池の案内板で気になるのが一緒に描かれた謎のイラスト。水車なのでしょうか。

とりあえず、案内板に従って進んでみることに。

少しわかりずらい

少しわかりずらい

案内板に沿って脇道に入り、まっすぐ進むと住宅街で行き止まりに!他に案内板はないし・・・。

少し道を戻ってみると、更なる脇道を発見!この脇道は意外とセブンイレブンを曲がって近くにありました。セブンイレブンから奥に進んで左に入りましょう。

道なりに進むと、アパート横に広々とした駐車場が。注意書きによると、ここは公園のようです。

とりあえずぐるっと一周

とりあえずぐるっと一周

見たところ、何もない池のようですが、綺麗に整備されています。

地図アプリを開いてみると、遺跡、キリシタン墓地の名前が。見た感じでは全くそういうものがある雰囲気ではありません。

とりあえず地図アプリを開いたまま池の周囲を歩いてみることに。

池の生き物たち

池の生き物たち

地図アプリを見ながら歩いてみても遺跡は湖の真ん中、キリシタン墓地は竹藪の中を指すばかりでいくら歩いてもたどりつけずに断念。大人しく、池の周囲を歩き進めることにしました。

ふと池の方を見ると、おびただしい数のアメンボが!!さらに耳を澄ませると、低音のバス音が・・・。

ウシガエルです・・・。

しかも声が近い・・・。ウシガエルが飛び出して来たらどうしよう、と恐る恐る歩みを進めていくと、あちらもライターが怖いようで一触即発を免れました。ほっ・・・。

いきなりボチャンという音が!!

いきなりボチャンという音が!!

ウシガエルとの接触を免れて胸を撫でおろしたのも束の間・・・次は何やら大きなボチャン!という音が!!

何事か!?と思い、音のする方を見ると・・・


カメです。


なんだ、カメか、と思い、池の奥の方へ目をやるとそこには凄まじい光景が!!
その場で確認できるだけでも10匹以上のカメが!!

実際に自然の状態でこんなにたくさんのカメを見たことがなかったのでびっくりしました。
池を見ていると、おそらくウシガエルの赤ちゃんとみられる大きなオタマジャクシもいましたよ。

ウォーキングに最適

ウォーキングに最適

気をとりなおして歩き続けると、池の周りを一周して駐車場に戻ってきました。

道がぐるっと一周つながっていることと、池に生き物がいるので生き物ウォッチングをしながらあっという間に1周ウォーキングができました。

ちなみにカメの種類はよく分からず、もしかすると外来生物の宝庫の池なのかもしれません。

案内板のイラストの場所が

案内板のイラストの場所が

最後にライターがこの池で向かったのが池の畔にあった案内板のイラストのものと思われる水車です。

近づいてみると、なんとも趣があります。水車には臼のようなものが付いていました。ちょうどご近所の方がいたので色々と話を聞いてみることに。

昔はこの水車と臼でもちをついたり脱穀したりと色々と使用されていたそうです。しかし、近年では精米機も登場し、誰もこの水車と臼を使わなくなった、とのことでした。遺跡とキリシタン墓地は残念ながら今はない、とのこと。

ライターはこの水車と臼のようなものは見たことがありませんでした。昔使用されていたものが使用されなくなっても、こうして保管されていることは素晴らしいことですね。残念なことに落書きやゴミのポイ捨てがありますが、皆で大事に守っていきたいですね。散歩がてらに一度見に行ってみてはいかがでしょうか。


あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。
件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をメールしてください!

石堂池公園

所在地
〒871-0011 大分県中津市下池永932
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

【ランチ】限定10食!おふくろの味をワンコインで【中津市】

【ランチ】限定10食!おふくろの味をワンコインで【中津市】

以前、ジモッシュ!webの元にユーザーさんから届いた新店舗情報です!
中津市加来に7月7日オープンのお食事処「仁兵衛(じんべえ)」のランチを取材して来ました。

(ライター:HARA-chan)

【新店舗】推しは”居心地”。中津市に和モダンなカフェ登場!【TOCOMA coffee&meal】

【新店舗】推しは”居心地”。中津市に和モダンなカフェ登場!【TOCOMA coffee&meal】

地元の新店舗をお届けするコーナー。
今回は中津市京町。ユニークな店が立ち並ぶ京町にて
どうやら和モダンなカフェがオープンするとの情報が。

ちなみに地元ではメディア初公開です。

(ライター:HARA-chan)

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

全3回にわたってお送りしているNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。最後となる 第3怪は「巨大な物体」です。

【お昼はお弁当】丸善かまぼこ店のお惣菜で自分だけのお弁当

【お昼はお弁当】丸善かまぼこ店のお惣菜で自分だけのお弁当

 中津市の老舗かまぼこ店、丸善かまぼこ店のお惣菜が美味しい。お昼に行くとマイ弁当を作ることが出来ます。
 丸善かまぼこ店のお惣菜は、野菜、お肉、海の幸とたくさんの種類が。美味しそうなお惣菜が目の前に並ぶとどれにしようか迷ってしまいます。さて、どんなお弁当が出来上がったでしょうか?!

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市の山国町の「さるとび村のさんぽ道」は猿飛千壺峡、念仏橋、魔林峡をみることが出来る遊歩道です。3カ所の内のひとつに行くなら、遊歩道を歩いて全てを見ないともったいないですよ!

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

全3回にわたってお送りしているNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。最後となる 第3怪は「巨大な物体」です。

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市の山国町の「さるとび村のさんぽ道」は猿飛千壺峡、念仏橋、魔林峡をみることが出来る遊歩道です。3カ所の内のひとつに行くなら、遊歩道を歩いて全てを見ないともったいないですよ!

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第2怪】隣のおじいさん

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第2怪】隣のおじいさん

全3回にわたってお送りしているNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。 第2怪となる今回は「隣のおじいさん」です。

ジモプチトリップvol.10 静かなる迫力!東光寺五百羅漢【宇佐】

ジモプチトリップvol.10 静かなる迫力!東光寺五百羅漢【宇佐】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

羅漢像といえば、耶馬渓が有名ですが、実はNOASエリアには他にも羅漢像を見ることができるスポットがあるんです。今回は宇佐市にある東光寺を訪れてきました。

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第1怪】ボールの音

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第1怪】ボールの音

暑い夏はひんやりしたいですよね。今夜から3回にわたってお送りするのはNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。

第1怪となる今回は「ボールの音」です。

一覧はこちら

ページTOPへ