中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

【豊前市】エリア初!SNSでも話題沸騰中の最新スイーツ上陸!【甘味処 こな雪】

中津や宇佐からも1日限定10個のパンケーキを求めてお客さんが来るという甘味処こな雪。そんなこな雪にNOASエリア初上陸の話題のスイーツが!他にもたくさんの甘~い誘惑盛りだくさんのこな雪に突撃してきました!

(2019.6.27)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

超話題!タピオカラードリンク

超話題!タピオカラードリンク

NOASエリア初上陸となるタピオカラードリンク(400円税込)は色々な色のカラフルなタピオカが入っていてとても綺麗。このタピオカ、実はひとつひとつにフルーツジュースが入っているんです。味はピーチ、マンゴー、ブルーベリー、キウイ、ストロベリーの5種類。すべてのフルーツとソーダが合わさって実に爽快!これからの季節にもピッタリです。

特に驚きなのがこの不思議な食感!噛むとプチンとイクラのように弾けて中のフルーツジュースがじゅわっと出てきます。この不思議な食感はクセになりそう!若い子たちにも大人気のドリンクだそうですよ。

みんな大好き!タピオカも!!

みんな大好き!タピオカも!!

まだエリアでも提供しているお店が少ないタピオカも、こな雪ではラテ、ミルクティー、オレンジ、アップル、マンゴーの5種類もの味から選べます。この日ライターが頂いたのはミルクティー。もっちりとしたタピオカとミルクティーの甘さが実にいいバランスです。

オーナーに伺ったところ、このタピオカもこだわっていて、毎回作り置きはせずに注文が入ってから調理しているんだとか。また、味に差が出るので乾燥ではなく冷凍の生のタピオカを使っているんだそうです。毎回フレッシュなタピオカが食べられるのはとても嬉しいですね!

どっしりとした、貫禄のソフトクリーム!

どっしりとした、貫禄のソフトクリーム!

今回最後にご紹介するのはこな雪自慢のソフトクリーム(400円税込)。なんでもオーナーは開業当初、ソフトクリームとかき氷の専門店としてお店をオープンさせようと思っていたほど、ソフトクリームとかき氷には自信があるそうです。ソフトクリームの絞り金口には特注の丸型を使用しているそう。見た目が丸っこくてとっても可愛い!

そのお味は・・・・!

濃厚でずっしりクリーミーなのにさっぱりもしていていくらでもいけそうなお味です。コーンの先までソフトが入っていて最後まで楽しめます。

なんと、こちらのソフトクリームは季節によってフレーバーが変わるんだそうです。今回はバニラとチョコのミックスを頂きましたが、前回はチョコの代わりに佐藤錦のソフトをなんと激安の450円(税込)で提供していたそう。本物の果物を使って作られているのでフレーバーはその時の旬な果物が味わえるそうです。毎シーズン、楽しみが増えますね。また、こちらのソフトクリームはファンが実に多く、味が忘れられずにソフトクリームを求めてやってくるリピーターもたくさんいらっしゃるとか。

まだまだ盛りだくさん

まだまだ盛りだくさん

当初こな雪はオーナーが脱サラして、ソフトクリームとかき氷の専門店をこじんまりする予定だったそう。しかし、今の店舗がたまたま空いており、思ったより広かったのでメニュー数を増やしたんだとか。おかげで色んなスイーツが楽しめますね。

こな雪自慢のふわふわかき氷(650円税込)は100%果汁のソースが使用されていたり、スイーツの他にも人気のあるカレーは毎日オリジナルスパイスで仕込みをしているそう。これだけのこだわりが詰まっているにも関わらず、学生のお客さんも多いので全体的に値段はリーズナブルに抑えているそうです。

また、店内はトイレに至るまで全てバリアフリーになっているので誰でも気軽に立ち寄ることができます。席もカウンター10席、2~4人掛けのテーブルが5卓と充実しており、夏には外の席でも楽しめるとか。

かき氷(テイクアウト用・300円税込)、ソフトクリーム、ドリンク各種、一部のフード(たこ焼き、焼きそばなど)はテイクアウト可能だそうです。

まさに地域の人々や市外の人からも愛される甘味処こな雪。一度味わってみればきっとあなたもクセになる?!

甘味処 こな雪

所在地
〒828-0021 豊前市八屋1873-1(駐車場: 4台)
営業時間
11:30~19:00(店休日: 水曜)
電話番号
080-1748-4624
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

出産に寄り添うバースドレス「hahagi〜ははぎ〜」を見てきたよ!【宇佐市上拝田/母の家】

出産に寄り添うバースドレス「hahagi〜ははぎ〜」を見てきたよ!【宇佐市上拝田/母の家】

十月十日の妊娠期間を経て、我が子に会える喜びに溢れた人生の一大イベント、出産。
その一方で、健診・分娩時の恥ずかしさ、不安、煩わしさなど、お母さんの負担がないがしろにされがちです。

助産師として、多くの妊婦さんの側に寄り添ってきた宇留嶋(うるしま)さんがプロデュースした、
お産に臨むための分娩衣、「hahagi(ははぎ)」。

1月25日(土)に行われるhahagi新作発表会に先立って、たくさんお話を伺ってきました!

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

2週にも渡り、まだ目的の名所へ辿り着けなかったライター。今週はやっとその名所へ辿り着くことが出来ました!

世界に一つがたくさん!手作り作家さんが集まるショップ「夢はうす おかりや」【宇佐市】

世界に一つがたくさん!手作り作家さんが集まるショップ「夢はうす おかりや」【宇佐市】

宇佐市下高(しもたか)にある「夢はうす おかりや」
こちらは100名ものハンドメイド作家の作品を展示、販売している雑貨店です。

店主の内尾さんも海をモチーフにした作品を制作されていて、
お店も海の家をイメージしているんですって!

素敵なエッセンスが散りばめられたこちらのお店、お写真多めにご紹介いたします。

NOAS民の日常 vol.1「宇佐神宮周辺の10号線の、年末年始あるある。」

NOAS民の日常 vol.1「宇佐神宮周辺の10号線の、年末年始あるある。」

はじめまして。この度新しくNOASライターとなりました、ユキノジと申します。
Usa市在住のアラフィフ、日々の事をマンガにしています。
よろしくお願いします。

Mさん、ネタ提供ありがとうございます。m(_ _)m

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

前回、とある名所を訪れようとしたものの違う場所なや辿り着いてしまったライターYosaroh。豊後高田の観光協会の方の助言により、再び「その場所」を目指す…も⁈

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.32 御堂の後ろは不思議空間 穴井戸観音【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

2週にも渡り、まだ目的の名所へ辿り着けなかったライター。今週はやっとその名所へ辿り着くことが出来ました!

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.31 “珍しい”神社 二の宮八幡社【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

前回、とある名所を訪れようとしたものの違う場所なや辿り着いてしまったライターYosaroh。豊後高田の観光協会の方の助言により、再び「その場所」を目指す…も⁈

ジモプチトリップvol.30 日の光と田を見守る観音さま 朝日観音・夕日観音【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.30 日の光と田を見守る観音さま 朝日観音・夕日観音【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

新年1発目となるジモプチトリップ。今回の目的は実は違う場所だったのです…が観音さま達との出会いがありました。

ジモプチトリップvol.29 自然とアートが同時に楽しめる!並石ダムグリーンランド【豊後高田】

ジモプチトリップvol.29 自然とアートが同時に楽しめる!並石ダムグリーンランド【豊後高田】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

なにやら透明感のあるオブジェがある、と聞きつけてやって来た並石ダムグリーンランド。そこには豊かな自然とアート作品がありました。

【祝】中津市出身の研究者が「大来賞」を受賞したぞ!

【祝】中津市出身の研究者が「大来賞」を受賞したぞ!

中津市出身で研究者の友松夕香さんが一般財団法人国際開発機構(FASiD)が主催する第23回国際開発研究大来賞(おおきたしょう)を受賞。今月24日にFASiD事務所にて表彰式が催された。

大来賞とは、国際開発の分野の様々な課題に関して優れた指針を示す研究図書に与えられる賞のこと。

今回友松さんが受賞した作品は「サバンナのジェンダー:西アフリカの農村経済の民族誌」。ジェンダーとは性別のこと。しかし、生まれ持った生物学的な性差ではなく、社会で身につけた男、女としての性別規範であり、役割を意味している。この本には友松さんが数年に渡って西アフリカ現地でのフィールドワークにおいて調査した結果が詰め込まれており、学術書でありながらサクサク読める軽快さも大きく評価されている。

今回は友松さんに色々話を聞いてみた。

一覧はこちら

ページTOPへ