ノースエリアとは、大分県北の中津市・宇佐市・豊後高田市、福岡県南の豊前市・上毛町・吉富町を指す総称です

ジモプチトリップvol.39 一石何鳥?!の穴場スポット 小平遺跡公園【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは中津市にある小平(こべら)遺跡公園。そこには遺跡だけではない様々な魅力を放つ、まさに一石何鳥?!とも言える穴場スポットでした。

(2020.3.08)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

駐車場

駐車場

小平バス停の所に位置する駐車場は広々としています。ゆうに30台は停められそうです。

入り口へ

入り口へ

入り口横にあった案内板によると、この遺跡公園は法華寺というお寺でもあるそうです。

この公園内には51本も椿が植えられているそうで、入り口の階段から椿の花が絨毯のように落ちていました。

椿の赤が周囲とのコントラストを生んでとても綺麗です。

法華寺

法華寺

階段を上ると近代的な建物が。

こちらは現在の法華寺であり、地区の集会所になっているようです。

お寺には十一面観音菩薩が安置されており、毎年3月中旬に開催されている椿まつりにてご開帳されているんだそう。

運営委員の方に問い合わせたところ、残念ながら今年予定されていた椿まつりはコロナウイルスの影響で中止となるようです。

お寺から左手へ

お寺から左手へ

案内板にあった地図によると、観察ルートは左手から時計回りに進むようです。

入り口には杖が。

そんなに厳しいのか?!とちょっとドキドキなライターです…が、敢えて杖をお借りせずに行ってみます。

やっぱり…

やっぱり…

しばらく階段が続きます。

手すりも頑丈に作られていて整備状態も良好です。

しかし!やはり小さ目でも山。ライターの足は頂上へ着く前にすでにガクガクです…。

階段を上る太腿の筋肉とか少ないんでしょうね。杖をお借りすればよかった…なんて思うも時既に遅し…。こんな連載をやっていますが、実はライター、基本インドアなんですよ…。

階段にも椿の花が落ちていたので、実際の上り下りは滑らないように十分に注意することをおすすめします。

もうすぐ頂上

もうすぐ頂上

頂上まであと一歩の地点で私たちが出会うのは2通りの坂です。

ひとつは「女坂」。緩やかだけれど、少し距離がある坂。

ふたつ目は「男坂」。距離は短いけれど、その角度が痛めつけられた太腿を襲う坂。

…。とりあえずライターは女坂へ行ってみます。

着いたー!

着いたー!

頂上へ無事に着きました。

ベンチの間に石で囲まれた何かがあります。焚き火をする場所でしょうか。

奥にも何かが見えますね。

秋葉様

秋葉様

こちらが奥に見えていたお社です。

近くにあった説明板を見ると、こちらは秋葉様という火防の神様をお祀りしているのだそう。

下にあった法華寺とは別で、観察路入り口付近に「秋葉宮」と書かれた鳥居かあることからも神社であることが見てとれます。こちらも地域の方によって管理されており、お祭りは12月16日に行われているそうです。

中津の田園風景

中津の田園風景

頂上からほんの少し男坂を
下ると中津の田園風景が一望できるという展望所があります。

そこからの景色がこちら。

上からみるとこの辺りはこのような感じなんですね。

古墳

古墳

男坂から下へ下り続けると、横穴古墳群ゾーンへ。

なんと基数は未確認ながら50基以上あることが分かっているそう。この遺跡公園にも古墳スポットが上、中、下段とありますが、安全に見学できるのは秋葉様横の壁際である上段と、この中段のみのようです。

上段、中段周辺は地域の方によって綺麗に整備されていますが、下段は道もなく危険なので行かないようにしましょう。

ぐるっと

ぐるっと

遺跡周辺は迂回できるので、歩けるようになっています。

見て回ると横穴がたくさん…。他の地域の横穴古墳よりも高さが低い感じがしますね。中を覗くと丸みを帯びた石が残っている穴がたくさんありました。

そんな中、穴の前に奇妙な石が2つ落ちて(?)いる所がありました。
もしかすると落ちているのではなく、ここに祀られているものなのかもしれません。左のものは明かに人造的な形をしているので遺跡の一種でしょうか。

観察路帰り道

観察路帰り道

気をつけていないと見落としそうですが、古墳の前に観察路の帰り道がありました。

こちらから最初のお寺兼集会所の方へ帰れるのですが、その途中にも祠や大イチョウの木が見られますよ。

ライターはタヌキも見てしまいました!
運が良ければ自然の生き物に出会えてちゃうかもしれません。

150歳の椿

150歳の椿

そして最後に。

こちらの椿、他の椿に比べても大きいのですが、なんと樹齢150年なんだそうです。天気の影響か、今年は椿の花が殆ど落ちてしまっていましたが、まだこの大樹にはほんの少し花が付いていました。

寺アリ、神社アリ、綺麗な花アリ、古墳アリ、自然アリ、のこのスポット、いかがでしたでしょうか。一石何鳥なのかというくらい魅力がぎゅっと濃縮されたこのスポット。結構な穴場なのかもしれませんよ。

今年はもう散ってしまったようですが、また椿が満開の時期に訪れると絶景が拝めること間違いなしですね。


あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をお送りください。

小平遺跡公園

所在地
〒879−0112 大分県中津市大字福島
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

【豊後高田市】心温まる郷土料理!ふきの里

【豊後高田市】心温まる郷土料理!ふきの里

豊後高田市の富貴寺の前にあるお店。
地元ならではの郷土料理と温かい店員さんに癒されてきました。

豊後高田市昭和の町で長く愛される大寅屋食堂!

豊後高田市昭和の町で長く愛される大寅屋食堂!

創業昭和3年の老舗、大寅屋食堂。
地方に住む常連さんもいる人気店に行ってきました。

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

豊後高田のある場所に釈迦如来の脇侍がひっそりと祀られている場所を発見。ネットでは調べてもあまり情報のない場所ですが、一体どんな場所なのでしょうか。

【豊後高田市】お酒の名店!銘酒処田染荘

【豊後高田市】お酒の名店!銘酒処田染荘

ここにしかないお酒もあるので遠方から来る方も。
気になったので行ってみました!

八面山 展望所が知らない間にバージョンアップ

八面山 展望所が知らない間にバージョンアップ

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

豊後高田のある場所に釈迦如来の脇侍がひっそりと祀られている場所を発見。ネットでは調べてもあまり情報のない場所ですが、一体どんな場所なのでしょうか。

ジモプチトリップvol.41 迫力の巨石「和与石」と新展望台【中津市】

ジモプチトリップvol.41 迫力の巨石「和与石」と新展望台【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

NOASエリアの住民にとって馴染み深い山のひとつ、八面山。離合できる幅の整備された道路が山頂まで続き、アクセスが容易なのも魅力的な八面山。実は名所の宝庫でもあるんです。今回は八面山の名所の中から「和与石」、そしてリニューアルされた新展望台をご紹介します。

【新店舗】カワイイが詰まったアウトドアショップがついに中津に上陸!世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト【中津市】

【新店舗】カワイイが詰まったアウトドアショップがついに中津に上陸!世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト【中津市】

空前のアウトドアブームとなっている今、遂に中津にもアウトドアショップ専門店がオープンしました。

「世界一小さなアウトドアショップ」のキャッチフレーズの通り、可愛らしいサイズのお店です。

しかし侮るなかれ。中にはぎゅぎゅっと女子にも嬉しいオシャレなアウトドアが叶うグッズがたくさん詰まっていました。

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市三光10号線からグッデイ大貞店に繋がる道をドライブ中、左側に見つけた案内板。よくよく案内板を読んでみると、どうやらここは城跡だったよう。

一体中はどんな感じなのでしょうか。

ジモプチトリップvol.38 懐かしさに心温まる 耶馬渓駅跡【上毛町】

ジモプチトリップvol.38 懐かしさに心温まる 耶馬渓駅跡【上毛町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが向かったのは耶馬渓の青の洞門から程近い、福岡県上毛町のとある地区。

ここには上毛町でありながら「耶馬渓駅」があるのだそう。

手元にあった情報は「有野」という地名だけでしたが、意外とすんなりと発見することができました。

一覧はこちら

ページTOPへ