中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・上毛町・吉富町

スタミナ満点★夏のラーメン特集【しゅうちゃんラーメン/中津市】

この暑い夏を乗り切っていただくために、スタミナをつけていただこうと始めました。
ジモッシュライターが行く!ラーメン店巡り企画「スタミナ満点★夏のラーメン特集」!

今回取材にお伺いしたのは中津市犬丸の、しゅうちゃんラーメンです。


※ライターは新型コロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお召し上がりください。

(2020.7.15)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

行列必須のラーメン

行列必須のラーメン

ライターがやってきたのは行列必須のラーメン屋としても有名な「しゅうちゃんラーメン」。

あのミシュランガイド大分2018掲載店でもあるこちらのラーメンの特徴は圧倒的な旨味を感じるしょうゆ豚骨スープ。県外からも並んで食べに来る人もいるほど病みつきになる人が多いんです。

行列が当たり前のしゅうちゃんラーメンですが、店舗の方が何も言わずとも、車から降りて列に並ぶ、というお客さん同士でのマナーが出来上がったそうです。

現在は感染防止や密を防ぐため、入店時の消毒のお願いと、席の間隔を空けて座ってもらうようにしてもらっているんだとか。順番待ちも名前を書いた後、外で待ってもらうシステムになっています。

ソーシャルディスタンスを考え、このスタイルになっており、それに伴い待ち時間が長くなっているとのことです。

忘るるべからず

忘るるべからず

しゅうちゃんラーメンといえばこちら!

サービス品のピリ辛のもやし(なくなり次第終了)と、意外と珍しい生ニンニクのサービス。

もやしには運が良ければチャーシューが入っていることも!

煮卵ラーメン(税込¥780)

煮卵ラーメン(税込¥780)

この日ライターが取材させてもらった一杯は「煮卵ラーメン(税込¥780)」。

早い時には開店10分足らずで売り切れてしまう人気No.1のチャーシューメン(税込¥880)ですが、スタミナ満点を推すならこちらの一杯なんです。

人気No.2の座に立つその実力もさながら、チャーシューも煮卵も味わえる至高の一杯…。なんて贅沢なんだ!

しかもライター調べによると、豚骨ラーメンのプロテイン(タンパク質)含有率は平均20%。日頃トレーニングをしている方ならもうお分かりでしょうが、タンパク質は疲労回復やツヤ肌、髪作りなど筋肉の他に健康や美容にも欠かせない成分なんです。ご存知でしたか?(※過剰摂取には注意)

しかもトッピングのチャーシューや高プロテイン食材の煮卵…。それに特製の濃厚なスープ…。これは究極のスタミナラーメンと呼べるのではないでしょうか。

しかも全ラーメンに共通するのはその三位一体感。そして絶妙な麺の食感です。初めからちゃんとほぐれて絡まらず、心地よいアルデンテ食感がたまりません。しかも旨味いっぱいのスープと絶妙に絡まる細麺ストレート。食べるだけでこだわりを感じます。

そして気になる大将のオススメは!!人気No.3のワンタンメン(税込¥880)なんだそう。実は麺以外は全て手作りのしゅうちゃんラーメン。ワンタンも例外なくこだわりの手作りだそうです。こちらも美味しそう!

あなたはどの一杯にしますか?

食べたばかりなのにもう昔のことのよう

食べたばかりなのにもう昔のことのよう

大将にオススメの食べ方を聞いてみると、

「やはりスープにこだわっているので、調味料を入れる前にまずスープを飲んで欲しいですが、お客さんの好きなように美味しく食べてもらえたらいいです。」

とのことでした。ちなみにライターのおすすめは生ニンニクを入れた後、無言で麺を啜り、その後、煮卵をスープと一緒に味わいながら食べる…というものです。

しゅうちゃんラーメンのスープは旨味を強く感じることで有名ですが、材料は豚の天然の頭のみを使うが故に、その出来を満足のいくものにするのがすごく難しいのだそう。スープが濃くでると味が薄く感じ、逆の場合は醤油ベースのタレが勝ってしまい、正反対の結果となる…。このバランスが難しく、大将曰く、まだまだスープに関しては発展途上で満足してない、と感じているそう。こんなに美味しいのに、まだ成長し続けようとしているスープ!脅威です。

大人気のチャーシューも毎回ブロックの中でも脂がのった良い所だけを使うので、同じ量のブロックでも完成するチャーシューの量は毎回違うんだそうです。完全にサービス品ですね!

食べたばかりなのに、ラーメンを食べたのが1週間くらい前に感じます…。

お子様連れの方もベビーチェアがあったり、半個室の席もあって行きやすくなっていますよ。また、お子様には帰りに飴のサービスも。

まだまだ味の成長を予感させるしゅうちゃんラーメン。これからがまた楽しみですね。是非あなたのスタミナ食リストに加えてくださいね。

しゅうちゃんラーメン

所在地
〒879-0105 大分県中津市大字犬丸2107-2
営業時間
11:00〜15:00(麺・スープがなくなり次第終了)※定休日:火曜
電話番号
0979-27-6226
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

スタミナ満点★夏のラーメン特集【山小屋ラーメン豊前店/豊前市】

スタミナ満点★夏のラーメン特集【山小屋ラーメン豊前店/豊前市】

この暑い夏を乗り切るために、手軽にスタミナ、元気をチャージ!
ジモッシュライターが行く!ラーメン店巡り企画「スタミナ満点★夏のラーメン特集」!
今回ライター:バンビが取材したのは豊前バイパス沿いにある、「山小屋ラーメン豊前店」さんです!

※ライターは新型コロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお召し上がりください。

【新店舗】中津市大貞に新しいラーメン屋さん「百八(ももはち)」がオープン!

【新店舗】中津市大貞に新しいラーメン屋さん「百八(ももはち)」がオープン!

中津市大貞に新しいラーメン屋さんがOPENするらしいと言う情報が!
タレコミを基に調査するとこちらのお店でした!
なんと8月1日(土)OPENです!

■らーめん百八(ももはち)
住所/中津市大貞字今井野322-18
電話/0979-24-7322
営業/11:00~17or18:00(状況により異なる)ラストオーダー10分前迄
休み/不定休
駐車場/有

福岡で修業した若きオーナーの営む新店舗!
ちょっぴり中を覗かせて頂きましたが、黒を基調としたスタイリッシュなお店でした!
メニューの中心は豚骨ラーメンだそうです!
今後の情報はインスタグラム「#百八」で検索してくださいね。

ジモプチトリップvol.49 健気な娘の話が残る 池尾池【豊前市】

ジモプチトリップvol.49 健気な娘の話が残る 池尾池【豊前市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

先週に引き続き、豊前市の伝承を追った今回のジモプチトリップ。今回の目的地は「池尾池」という場所です。


※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

スタミナ満点★夏のラーメン特集【ラーメン五九〇中津店/中津市】

スタミナ満点★夏のラーメン特集【ラーメン五九〇中津店/中津市】

この暑い夏を乗り切るために、手軽にスタミナ、元気をチャージ!
ジモッシュライターが行く!ラーメン店巡り企画「スタミナ満点★夏のラーメン特集」!
今回ライター:バンビが取材したのは中津の産業道路沿いにある、「ラーメン五九〇(ごくまる)中津店」さんです!

※ライターは新型コロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお召し上がりください。

ジモプチトリップvol.48 弘法さまの井堰(いせき)【豊前市】

ジモプチトリップvol.48 弘法さまの井堰(いせき)【豊前市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは豊前市久路土(くろつち)地区。それぞれの地域に語り継がれている伝承。その内のいくつかは実際に今も見ることが出来ます。

だったら…この目で見てみたい!今回ライターが追った伝承は「弘法さまの井堰」というお話です。



※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.49 健気な娘の話が残る 池尾池【豊前市】

ジモプチトリップvol.49 健気な娘の話が残る 池尾池【豊前市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

先週に引き続き、豊前市の伝承を追った今回のジモプチトリップ。今回の目的地は「池尾池」という場所です。


※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.48 弘法さまの井堰(いせき)【豊前市】

ジモプチトリップvol.48 弘法さまの井堰(いせき)【豊前市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは豊前市久路土(くろつち)地区。それぞれの地域に語り継がれている伝承。その内のいくつかは実際に今も見ることが出来ます。

だったら…この目で見てみたい!今回ライターが追った伝承は「弘法さまの井堰」というお話です。



※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

【2020年版】カブトムシ速報 【中津市 内某所】

【2020年版】カブトムシ速報 【中津市 内某所】

クワガタに比べて登場が若干遅れるカブトムシ。天然モノになると、天候によっては出没が遅かったり早かったりすることも。今年は梅雨が長いせいもあり、出現が遅めでした。

今年のNOASエリアの天然カブトムシはもう出没しているのでしょうか。今年もそんなカブトムシの出現状況を調査してきました!


※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.47 小さな迫力 重野岩窟仏【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.47 小さな迫力 重野岩窟仏【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

前回訪れた豊後高田市黒土地区。この地区にはまだまだチェックしておきたい名所がありました。


※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

ジモプチトリップvol.46 最も身近⁈ 福真磨崖仏【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.46 最も身近⁈ 福真磨崖仏【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回訪れたのは豊後高田市の黒土地区。ここには県の史跡になっている磨崖仏があるんだとか。一体どんな場所なのでしょうか。


※ライターは新型コロナウィルス感染症予防に配慮した上で取材しています。
※ソーシャルディスタンスを保ち、感染リスクに配慮しながらお出かけください。

一覧はこちら

ページTOPへ