中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリアをダッシュする

地元をダッシュするニュースサイト ジモッシュ

【豊後高田市】カメラとグルメを楽しむ小さな旅 冬の無動寺へ

公開日:2023年12月24日 (更新日:2024年04月12日)

ライター:ぶぜんノート

こんにちは、フォトライター「ぶぜんノート」です。

2021年春に北九州市から豊前市に移住してからというもの、仕事の合間に時間ができるとNOASエリアのあちこちにカメラを持って出かけています。

その土地ならではの景色を撮り、美味しい食べ物をいただく小さな旅。

「こんなにいい所が!」と驚いたスポットを辿ったルートを、ジモッシュでもお伝えしたいと思います。

今回の旅の目的地は、豊後高田市の無動寺です。

豊前市から豊後高田市の無動寺へは車で約1時間

豊前市から豊後高田市の無動寺へは車で約1時間の距離です。

10号線を通って豊後高田市の市街地から真玉方面に抜けていく道がメジャーのようです。

運転が苦手なライターでも難所が無いルートです。

初めて訪れた無動寺

豊後高田市街地から真玉方面へ行くと、左手にお寺とその先に駐車場があります。

無動寺は六郷満山を構成するお寺の一つで、その中でも修行をするお寺だったようです。

お寺のホームページによると「常に100名あまりの僧が修行に励んでいた」とありました。

大きなお寺だったようですね。

ちょうど駐車場で掃除をしていたお寺の方に写真撮影しても良いかお尋ねして「どうぞ!」と快く了承していただいたので、ありがたく散策を始めました。

まずは鳥居をくぐって身濯神社へと続く石段をのぼりました。

国東半島は神仏習合の形が残っていて、神社とお寺が同じ敷地にあることは珍しくないようです。

石段を登った先は、緑に囲まれた社があり、その奥には岩山が見えました。

無動寺ホームページによれば、この岩山は「国指定名勝、念寺耶馬及び無動寺耶馬」とあります。

絶景なわけです。

岩山をより間近に感じるこの場所は、鳥の声と森の清浄な匂いが心地よい空間でした。

本堂には平安時代から鎌倉時代にかけての十六体の木造の仏像が安置

無動寺の本堂には平安時代から鎌倉時代にかけての十六体の大変貴重な木造の仏像が安置されています。

「ひとことお声かけいただけたら、ご案内しておりますので」と、お寺の方に了承いただいたうえで撮影させていただきました。

平安時代から鎌倉時代にかけての十六体の木造の仏像をこんなに間近で見ることができて、そのうえ撮影もさせていただけるなんて驚きました。

仏像が安置されている場所に出入りする際に必要な作法もありますし、大切な場所ですので、撮影希望の方はお寺の方に必ずお声かけくださいね。

撮影後は近くの食事処「おかん」へ

無動寺での充実した散策を終えて向かったのは、Googleマップで近くを検索して見つけた「おかん」。

まさにおふくろの味的な手作りのランチをいただきました。

メインのおかずのほか、選べる2つの小鉢にお漬物セット、お味噌汁、ピカピカのご飯。

写真に入りきりませんでした。

Googleのレビューでも高評価だったハンバーグは、ふわっとした食感。

料理上手なご家庭でご馳走をいただいている気分になりました。

「見送りは必ず外に出てします。ここまで来てくれてありがとうございます!って」とオーナーご夫婦が見送ってくれました。

オーナーご夫婦は北九州から移住してお店をオープンしたそうです。

誰にでもフレンドリーなご夫婦の力でしょうか、この日いらっしゃっていた2回目のお客様と既に常連のような雰囲気でした。

マラソン、登山、釣りと話題も豊富で、私もこのエリアで気になっていた山の登山について色々教えてもらうことができました。

お店の前のお宅の柴犬さん。

お客様が来ると鳴いて教えてくれるそうですが、仕事が終わったのかお休み中でした。

「いつもこんな風に寝ているんですよ」とオーナーご夫婦が教えてくれました。

おわりに。近くの史跡・グルメスポットリンク

以上、冬の晴れ間の小さな旅の様子をお伝えしました。

珍しい景色を見て、その土地の人たちが集う食事処と、充実した時間を過ごすことができました。

このエリアには他にも見どころ、食事処が沢山ありますので、以下の記事もぜひご参考に!

この近くの史跡(ジモッシュ!webライターのYosarohさんの記事)

> ジモプチトリップvol.46 最も身近⁈ 福真磨崖仏【豊後高田市】

> ジモプチトリップvol.47 小さな迫力 重野岩窟仏【豊後高田市】

> ジモプチトリップvol.139 猫好きにはたまらない?貴船神社【豊後高田市】

この近くのグルメスポット

> 【新店舗/豊後高田市】『胴搗自家製粉手打そば 地慈 ~Jiji~(どうづきじかせいふんてうちそば じじ)』がオープン!

> 豊後高田市/「SOBA CAFE ゆうひ」OPEN!真玉海岸の絶景を見ながら「豊後高田そば」が食べられるカフェレストラン

> 新店舗/豊後高田市に『カフェ&バー フタゴ』オープン!ココでしか食べられない絶品スイーツ♬

店舗名 おかん
住所
〒872-1102 大分県豊後高田市大岩屋60-16
URL https://www.instagram.com/osyokujidokorookan/
Instagram https://www.instagram.com/osyokujidokorookan/

内容は2024年04月12日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

アバター

ぶぜんノート

2021年春に北九州市から豊前市に移住したフォトライターです。
移住前からNOASエリアの歴史のファン。
美味しいごはんと日本酒と温泉が好きです。

歴史写真まとめサイト
https://www.toyonokuniato.com

移住日記
https://note.com/buzen_note

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です



Instagram LINE あなたのお店を紹介しませんか?
あなたのお店を紹介しませんか?