ノースエリアとは、大分県北の中津市・宇佐市・豊後高田市、福岡県南の豊前市・上毛町・吉富町を指す総称です

【新店舗】カワイイが詰まったアウトドアショップがついに中津に上陸!世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト【中津市】

空前のアウトドアブームとなっている今、遂に中津にもアウトドアショップ専門店がオープンしました。

「世界一小さなアウトドアショップ」のキャッチフレーズの通り、可愛らしいサイズのお店です。

しかし侮るなかれ。中にはぎゅぎゅっと女子にも嬉しいオシャレなアウトドアが叶うグッズがたくさん詰まっていました。

(2020.3.20)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルトとは?

世界一小さなアウトドアショップ

実はこちらのお店、ムーンサルトは知る人ぞ知るお店なんです。

もともと3年ほど前からアウトドア用品のオンラインショップとして人気だったムーンサルト。

別府には人気の志高湖キャンプ場があり、中津は福岡界隈のキャンパーがよく経由すること、そしてオーナーの前原さん自身も中津に縁があるとのことで、先月中津に土日祝日メインの実店舗をオープンさせたそう。

実はムーンサルトはインスタだけで宣伝をしていてメディア初登場の店舗。先月にオープンしたばかりの実店舗ですが、既に口コミでオシャレでいいものを求めるお客さんがたくさん訪れています。

今回はこのムーンサルトの人気の秘密をライターYosarohが深掘りしちゃいます。

アクセス

アクセス

行き方は2通り。

中津市にある薦神社とファミリーマートの交差点を大貞郵便局の方向へ曲がってすぐ左手にある住宅街。鋭角になった道を左に入ればお店の旗が私たちを出迎えてくれます。

お店の前の道路からは薦神社の鳥居も見えます。こちらの道からもお店に辿り着けますよ。

お店が見えたら少し狭めの小道に入って左に曲がるとお店に到着です。

駐車場は店舗前に余裕で4台ほど停められる広さがありました。

入り口からオシャレ

入り口からオシャレ

すでに入り口からチラッと見える店内がカワイイ!アウトドア女子だけでなく雑貨好き女子も興奮しちゃいそうな雰囲気が…。

期待値が高まります。

いきなりオススメから聞いちゃうぞ!

いきなりオススメから聞いちゃうぞ!

アウトドア用品に関して超初心者のライター。

お店に入ると魅力的な品物がたくさん!

どこから取材しよう?!

ん〜!!!いきなりオススメから聞いちゃえっ!ということで、オーナー前原さんのイチオシから聞いてみました。

それがこちら!

THE CAMPER(ザ・キャンパー)
Wood Indian Hanger(税込8,965円)

韓国ブランドであるTHE CAMPERは今のところ、日本ではムーンサルトだけの取り扱いなんだそう。木製やコットン素材が売りで見た目にもこだわりを感じるブランドだということです。

このタイプのハンガーはアウトドアにおいてマグやリュックだけでなく服を掛けたり乾かしたり…と便利なアイテムなんですが、その中でもこちらのTHE CAMPERの木製ハンガーは木のぬくもりを感じられる製品で特にオススメなんだとか。

ハンガーの下に見えるBasket Stand(税込4,950円※カゴは別売)もイチオシとの事ですが、現在コロナの影響で在庫が今はこれだけとのこと。しかしご心配なかれ!入荷が可能になり次第また入荷予定だそうです。

別メーカーのハンガー

別メーカーのハンガー

こちらは別の韓国メーカー、MINIMAL WORKSのハンガー。こちらはインディアンハンガー。お値段は5,500円(税込)からで、サイズがS、M、L、XLと幅広く人気なんだそうです。

写真をご覧いただくと分かると思うのですが、この商品、収納する際にすっごくコンパクトになるんですよ。これは便利ですね!

実はこのタイプのハンガーはMINIMAL WORKSが本家なんだとか。人気なのも納得です。

なんでしょう?

なんでしょう?

こちらの商品。

バッグは
DultonのWAX CANVAS LOG BAG(税込3,850円)、

テーブルは
THE CAMPERのFire Wood Table(税込14,850円)。

そして目の前に置かれた薪(1束税込300円)。

実はこれらには共通点があるんです。

何だか分かりますか?

答えは…

『薪』なんです!

バッグにテーブルが一体なぜ薪に関係あるの?と思われることでしょう。

アウトドアといえば薪ですよね?

実はこのバッグ、薪を入れるためのものなんです。すごくオシャレに薪が運べちゃうなんて…。

そしてこのテーブル、台の下を見て頂きたいのですが、なんと薪が収納できるんですよ!

このテーブルは木製のものではコンパクトなタイプで折り畳みも可能なんだそうですよ。

おうちでも重宝しそう

おうちでも重宝しそう

そしてこちらは

Nordic IslandのWool Blanket(税込7,700円)。

こちらはベンチの敷物としてもブランケットとしてもとても優秀なんだそう。

一見、ちょっとゴワゴワなのかな?なんて思ったりしたのですが、触ってみてびっくり!

すっごくフワフワで気持ちいい!

おうちの中でも使いたくなる可愛さですが、こんなにおしゃれなブランケットがアウトドア用品であるなんて!

しかも嬉しいことに、おしゃれ着洗いの洗剤を使えば、おうちの洗濯機のドライコースで洗濯可能なんだそうですよ。

アウトドアにはかかせない

アウトドアにはかかせない

おっと…ライターとしたことがアウトドアにかかせないコイツを見逃すところだったぜ…。

THE CAMPER
Cotton House(税込79,800円)

こちらのテント、THE CAMPERは安い方なんだそうです。しかも大注目なのが色味!!

アウトドア製品ってアースカラーやダークカラーなんかのイメージが強いですが、パステルカラーなんて女子心をくすぐりまくりですよね。

しかもTHE CAMPERの取り扱いは日本国内でムーンサルトだけ。ライターも欲しい…。憧れます。

別メーカーですが、隣の棚に置いてあるテントを支える「ペグ」もカラフルでとってもカワイイ!要チェックですよ!

OD缶カバーって?

OD缶カバーって?

オーナー前原さんが次に見せてくれたのが

OD缶カバー(税込2,310円〜)

革製でカラーはcamelとnaturalの2色。

OD缶って?って思いますよね?OD、つまりoutdoor(アウトドア)のことで、アウトドア用のガス缶なんだそうです。

こちらのカバーをOD缶に装着すると無機質な缶もオシャレなツールに変身するという優れもの。

こんなものまであるなんて、見てるだけでも楽しいですね。

オーナー特製コーヒーも

オーナー特製コーヒーも

最後にご紹介するのはコレ!

オーナー特製のコーヒー豆です。

ブラジル産のコーヒーをオーナーが生豆から仕入れて自分で焙煎しているんだとか。

ライターも飲ませて頂いたのですが、その味はスモーキーでボールド。まるで珈琲屋さんの味でした。

自家焙煎だからこその美味しさを知っているから出来た特製のコーヒー。運が良ければ店舗で試飲できるかも?!(税込330円/100g)

オーナーの想い

オーナーの想い

今回取材をさせてもらい、とてもアツイ想いを沢山語ってくれた前原さん。

「どうしてそんなにアウトドア用品に詳しくなったんですか?」

お店をしているから当たり前じゃないか、とも思う方もいるかもしれません。しかし、このアツイ想いの源は何なのだろう。ライターは気になってその当たり前の質問を前原さんにぶつけてみました。

「元々、芸術工学部出身で、色んなプロダクトを見るのが好きだったんですよ。」

と教えてくれた前原さん。確かにアウトドア用品には様々な用途、形態をしたプロダクト的な魅力がある製品が多いように見えます。

では、ムーンサルトではどうして韓国製のブランドが多いのでしょうか。

「日本ではまだアウトドア製品は男性的なものが多くてスペック重視のものが多いですよね。最近では個人や企業が新しくアウトドア製品を作ったりとガレージブランドも増えて可愛い製品も増えてきましたが、ノウハウや製作費などの問題で金額的に高かったりバリエーションが少なかったり…。

私自身は実はアウトドアに物を持っていかない主義なんです。その代わり、キャンプ場などで楽しめるようにオシャレに工夫するように考えています。

結構アウトドアに行く方はリラックスだったり非日常感だったりを求めてる方も多くいらっしゃいますよね?道具ってその演出のためにあるのかな、と。それだったらオシャレさ、可愛いさを持っててコスパもいい方が断然いい。

それを追い求めて製品を探したら、韓国のブランドってオシャレさと機能性が進んでるんですよ。先駆けというか。だからノウハウも育っているからコスパもいい。欧州だったり他の国より丁寧で欠陥が少ないのも魅力ですね。

韓国は色んなアウトドアブランドが出ていて、ムーンサルトではあまり知られていないけれどいいブランドを取り扱っています。」

世界一小さいけれど中身はいいものがたくさんなショップ、ムーンサルト。今後はアンティーク販売も視野に入れているそうです。今回残念ながら紹介しきれなかった魅力的な商品もまだまだありました。インドア派もアウトドアしたくなるお店。一度訪れてみてはいかがでしょうか。


ホームページ→ https://camping-gear-moonsalto.com/

Instagram→店舗情報の「詳細はこちら」ボタンをクリック

世界一小さなアウトドアショップ ムーンサルト

所在地
〒871-0153 大分県中津市大字大貞226
営業時間
土日祝日10:30~11:00(不定休の為、スケジュールはホームページ又はインスタを見てください)

詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

【豊後高田市】心温まる郷土料理!ふきの里

【豊後高田市】心温まる郷土料理!ふきの里

豊後高田市の富貴寺の前にあるお店。
地元ならではの郷土料理と温かい店員さんに癒されてきました。

豊後高田市昭和の町で長く愛される大寅屋食堂!

豊後高田市昭和の町で長く愛される大寅屋食堂!

創業昭和3年の老舗、大寅屋食堂。
地方に住む常連さんもいる人気店に行ってきました。

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

豊後高田のある場所に釈迦如来の脇侍がひっそりと祀られている場所を発見。ネットでは調べてもあまり情報のない場所ですが、一体どんな場所なのでしょうか。

【豊後高田市】お酒の名店!銘酒処田染荘

【豊後高田市】お酒の名店!銘酒処田染荘

ここにしかないお酒もあるので遠方から来る方も。
気になったので行ってみました!

八面山 展望所が知らない間にバージョンアップ

八面山 展望所が知らない間にバージョンアップ

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.42 釈迦如来の脇侍が祀られる祠 普賢洞【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

豊後高田のある場所に釈迦如来の脇侍がひっそりと祀られている場所を発見。ネットでは調べてもあまり情報のない場所ですが、一体どんな場所なのでしょうか。

ジモプチトリップvol.41 迫力の巨石「和与石」と新展望台【中津市】

ジモプチトリップvol.41 迫力の巨石「和与石」と新展望台【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

NOASエリアの住民にとって馴染み深い山のひとつ、八面山。離合できる幅の整備された道路が山頂まで続き、アクセスが容易なのも魅力的な八面山。実は名所の宝庫でもあるんです。今回は八面山の名所の中から「和与石」、そしてリニューアルされた新展望台をご紹介します。

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

ジモプチトリップ vol.40 知ってた?大畑城跡【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市三光10号線からグッデイ大貞店に繋がる道をドライブ中、左側に見つけた案内板。よくよく案内板を読んでみると、どうやらここは城跡だったよう。

一体中はどんな感じなのでしょうか。

ジモプチトリップvol.39 一石何鳥?!の穴場スポット 小平遺跡公園【中津市】

ジモプチトリップvol.39 一石何鳥?!の穴場スポット 小平遺跡公園【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは中津市にある小平(こべら)遺跡公園。そこには遺跡だけではない様々な魅力を放つ、まさに一石何鳥?!とも言える穴場スポットでした。

ジモプチトリップvol.38 懐かしさに心温まる 耶馬渓駅跡【上毛町】

ジモプチトリップvol.38 懐かしさに心温まる 耶馬渓駅跡【上毛町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが向かったのは耶馬渓の青の洞門から程近い、福岡県上毛町のとある地区。

ここには上毛町でありながら「耶馬渓駅」があるのだそう。

手元にあった情報は「有野」という地名だけでしたが、意外とすんなりと発見することができました。

一覧はこちら

ページTOPへ