中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・上毛町・吉富町

町を読むvol.2~上毛町・道の駅しんよしとみ~

「地元にこんな物があるんだなぁ」
「地元にこんな人がいるんだなぁ」

そんなことに気付くきっかけを、ジモッシュ!webから発信していきます。

(ライター:バンビ)

(2019.7.30)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

道の駅しんよしとみ

道の駅しんよしとみ

「東九州自動車道が開通したから、すっかり人が減っちゃった」
そう言いながら材料を手早く合わせていく秋吉さん。
ふわふわのメレンゲが、窓から入る春の光を浴びて白く輝く。

ここは「道の駅しんよしとみ」の裏手にある菓子工房。
秋吉和実さん(67)はここで様々な酒類の菓子を作り、道の駅で販売している。
「お菓子によっては卵黄だけ使って、卵白が余っちゃうの。もったいないなぁ、これで何かできないかなぁと思ってね」

きっかけは市報に載っていた、道の駅の建設を機に、味噌そしてお菓子を作る人の募集に応募したことだった。最初は15人からスタートしたプロジェクトだったが、20年で残ったのは秋吉さんだけ。
「まぁね、気楽にやってますよ(笑)」

秋吉さんはあっけたかんとして笑う。しかしその仕事量は膨大だ。幼稚園のおやつ、道の駅の販売用の菓子作り、全て秋吉さんでスケジュールを立て、まかなっている。

歩み

歩み

秋吉さんはお隣の豊前市出身。
元々は地元の工場に勤めていたが、リストラをきっかけに46歳で退職した。
ちょうどその時にできたのが「道の駅しんよしとみ」だった。

「もとはお花作りとかが好きだったんだけど、そういう仕事も楽しいかなって思って」
いざ着手すると、秋吉さんの食に対する姿勢は真摯な物だった。

「材料は決めたメーカーの物しか使いません。レモンやたまご、フルーツは全て地元産の物を使っています」
現在は夫の営むイチジクの栽培も手伝っているという。
「コンポートやワイン煮なんかも作ってるよ」

味見させてくれたイチジク。これも絶品だ。

商品ラインナップ

商品ラインナップ

売り場に出ると、そこには秋吉さんの作ったお菓子がずらっと並ぶ。
クッキー(レーズン、チョコ、ナッツ等)、マカロン、ビスコッティ、プリン(ごま、かぼちゃ等)、ケーキ(シフォン、エンゼル)、蒸しパン(抹茶、ミルク、キャラメル、ココア)、その数は年間20~25種に及ぶ。

「あ、ビスコッティ、まだある?」
リピーターのお客さんが早速やってきた。
「あるよ、まだ。あ、そういえばあれさぁ・・・」

秋吉さんはお客さんとしばし話してから売り場に商品を並べ始めた。

「ここにいると、お客さんやスタッフさんと話ができる。それも楽しみの一つなの」
孫が6人もいるという秋吉さん。お菓子を送ってあげることもあるそうだ。

「でもね、ネット通販とか、今はあるじゃない?でも私はネット販売より、誰が作ったかわかるお菓子の方が断然いいと思うの」

心と心で、顔と顔で、お互いをわかったうえでの買い物。
田舎ならではだが、それがいいのだと言う。

ふわふわ、ふんわり

ふわふわ、ふんわり

焼きたてのエンゼルケーキも出てきた。

散らされたアーモンドが香ばしく薫る。

「私もね、ぼちぼちやってるって言ったけど、やっぱり後継者は必要かなって思ってます」

オリジナルのレシピも、毎日のルーティン作業も、道の駅の出品作業も、一朝一夕ではできない。やはり若い後継者を探したいとの思いは日々募る。
「あと4~5年は頑張れても、もう70歳になったら、体力も限界がくるかもしれないなって思ってますよ。それまでには何とかしたいなぁとね」

エンゼルケーキをクーラー(網)に乗せる。
自然に冷めるまでの間も、様々な業者さんがやってくる。

「あら、あんた元気にしとったん?」

ここでも「顔が見える」コミュニケーションが行われていた。

お菓子の甘さ

お菓子の甘さ

秋吉さんが入れてくれたコーヒーを飲みながら、最後にお菓子に対する思いを聴いてみた。

「安心とか、安全とか、紙に書いて、張り出してもさ、結局それが本当に安全かどうかを知っているのは作った本人だからね。私はこのお菓子に何が入ってるか、逆に何が入ってないかは全部わかってる。だから、安心して人にすすめられますよ」

道の駅の売り場スペースでも聞いた、「作っている人の顔が見える買い物」。
野菜も、お菓子も、道の駅にある物は、全部そんな商品ばかり。

「田舎もね、悪くないよ」

秋吉さんが最後にそういって、私の手にポンとビスコッティを乗せてくれた。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

脱・マンネリメニューということで、宇佐市の「ふるさと給食」を作ってみました。

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

リズム感がないので、〇RFのメンバーにもなれませんでした汗

「うちのお母さん」面白エピソード集

「うちのお母さん」面白エピソード集

NOASエリアに実在する最強天然お母さん達。
爆笑・赤面エピソードを毎回2つずつ紹介していきます。
(ライター:バンビ)

食事処 松和(まつわ)オープン!

食事処 松和(まつわ)オープン!

※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

宇佐市上田、「よ〜ちゃんラーメン」さんの跡地の店舗に食事処『松和』(まつわ)さんがオープンしました。
「おや?こんなところに・・・」と、昼食がてらお邪魔しました。

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回訪れたのは深耶馬渓。有名な観光地のひとつで美味しいお蕎麦が食べられる観光地としても有名な場所です。NOASエリアの地元民にもこのエリアの蕎麦ファンが多くいますよね。

深耶馬渓といえば一目百景。恥ずかしながらライターは近すぎて一目八景自体に注目して訪れたことがなかったんです。いわば一目八景未経験者。ライター周辺のNOAS民にもこういった人が意外とたくさんいました。

外出自粛中の今、なかなかお出かけすることは難しくなってきており、今は我慢の時期…。
せめて記事を通して季節を感じ、自粛解除後の楽しみとして読んで頂ければ幸いです。

ということで!いざ一目八景へ訪れてきた時の様子をリポートします!

※取材は2020年3月29日(日)現在の情報です。
※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材をしています。

一覧はこちら

バンビの関連記事WRITER ARTICLE POST

【新店舗】中津市宮夫に「七輪鳥焼専門店もり山」がオープン!

【新店舗】中津市宮夫に「七輪鳥焼専門店もり山」がオープン!

中津市の国道213号線から、宮夫交差点を第一病院方向に入ったところに、新店舗が!
え?あのからあげの「もり山」の2号店?!

いえいえ、からあげ専門店ではなく、「七輪鳥焼専門店もり山」(しちりんとりやきせんもんてんもりやま)と言う新店舗でした!
嬉しいキャンペーンのお知らせもあるよ!

「うちのお母さん」面白エピソード集

「うちのお母さん」面白エピソード集

NOASエリアに実在する最強天然お母さん達。
爆笑・赤面エピソードを毎回2つずつ紹介していきます。
(ライター:バンビ)

【新店舗】隠れ食堂発見!中津市「宮夫食堂」

【新店舗】隠れ食堂発見!中津市「宮夫食堂」

中津市・宮夫に隠れ食堂があるとのうわさを聞き、調査開始!
「え?ここ?」というまさかの場所にありました!
ジモッシュ!webを見てくれた人しか行きつけないかも!?

秘密にしておきたい日本酒BARへ潜入してみた!(中津市中殿)

秘密にしておきたい日本酒BARへ潜入してみた!(中津市中殿)

忘年会・新年会と続くこの時期、
「まだ飲み足りない」「たまには1人でお酒を楽しみたい」
そんな方に激押ししたいお店を発見しました。
お一人様でも大丈夫かなぁ?と思いつつ入りましたが、
大当たりでした★

メディア初掲載とのこと。
お店、名前は「日本酒バー ちろり」です。

【ランチ】宇佐で洋食ランチならココ!宇佐ホテルリバーサイド

【ランチ】宇佐で洋食ランチならココ!宇佐ホテルリバーサイド

宇佐でランチ。洋食が食べたい。
予約無しOKの所がいい。土日祝もランチやってるところあるかな?

それ、ぜーんぶ叶えてくれるレストランを発見!
なんと、言わずと知れた宇佐市のあのホテル、
「宇佐ホテルリバーサイド」さんの中にありました♪

(ライター:バンビ)

一覧はこちら

ページTOPへ