中津・宇佐・豊後高田・豊前・吉富・上毛エリア

【ランチ】愛情大盛り!豊前名物あさり貝汁定食【豊前市】

県外からのお客様も多いという、豊前市にある一憩庵(いっきゅうあん)。
ともすれば見過ごしてしまいそうな、隠れた名店です。
そんな港の一角にある穴場な食堂にお邪魔しました!

(2019.2.12)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

宇島駅近く!お店へのアクセス

宇島駅近く!お店へのアクセス

こののぼりが目印!お見逃しなく。


県道113号線を中津市から豊前市方面に走り、
酒屋さんのある「豊前市赤熊」の交差点を右折します。
踏切を渡ったら道なりに進み、
はためくのぼりが見えたらお店はすぐそこです!

一憩庵(いっきゅうあん)

一憩庵(いっきゅうあん)

ご自宅を改装して作られているので、一見すると民家のようです。
写真中央の、鐘とのれんが下がっている所がお店の入り口。
さあ、入ってみましょう!

実家に帰ってきたような安心感。

実家に帰ってきたような安心感。

店内は6人ほど座れるカウンター席と、
右奥に座敷席があります。
明るいおかみさんに迎え入れられ、思わず「ただいま!」と返したくなる雰囲気。
入るまでのドキドキが一気に和らぐのを感じます。

こちらが座敷席

こちらが座敷席

宴会時には奥の扉を開放して大広間に出来るとか。

あさり貝汁定食(500円)

あさり貝汁定食(500円)

どーん!!
運ばれてきた瞬間、思わず歓声!

男性の手で持ってもはみ出るほどの大きなどんぶりに、
山になったあさり、あさり、あさり!

注文を受けてから貝に火を入れるということで、
あさりの身がとてもふっくら。

だしの効いた貝汁でご飯をかきこみたくなる気持ちをおさえ、
必死に撮影しましたっっ!!
山盛りのあさり貝汁、キラキラとした銀シャリ、そして小鉢が2つにお漬物もついています。

小鉢は日替わりで、同じものが連続して出ることはありません。
また、あさり貝汁は1日限定15~20食。
あさり貝汁定食狙いの方はお早めに…!

他にも定食沢山!

他にも定食沢山!

そして一憩庵、貝汁定食だけではありません。
仕入れによって変わるお魚定食や、おばちゃんの気まぐれ定食があり、
常連の方も通うたび嬉しい発見が出来ること間違いなしです。

夜の部では
・晩酌セット 1,000円
(生ビール1杯、焼酎1杯、小鉢2つ、日替わりおつまみ1種)
・夜の日替わり定食 500円~800円
もあります。

仕事帰りにおかみさんと話しながら晩酌しよっかな、なんて
楽しみすぎませんか…!?

季節とラッキーが交わる店

季節とラッキーが交わる店

おかみさんやご主人の人柄か、お客様が新鮮な食材を持ち込むことがあります。
すぐそばの海でとれたオキアミ、春先にはたけのこ、野菜…等など。
ほんっっとうに運が良ければ、これらがサービスで付くこともあるそうです。
あったかい。人ってあったかいです!

ご主人が漁に出た日は、キスや天然あさり(激レア!)などがお目見えすることも!
こちらは有料ですが、
大きなキスや天然あさりをとれたてで食べれる贅沢、みすみす逃せません。
お店のフェイスブックページではそんな激レア情報も発信しています。
→ https://www.facebook.com/pages/%E4%B8%80%E6%86%A9/156811191397318

沢山の面白いお話を伺い、ここには書ききれませんが、
一つ言えるのは食堂の枠を超えたフリースタイルなお店ってこと!
人にやさしく、財布に優しく、お腹も満足。
障子に書かれた言葉に頷きつつ、お店をあとにします。

ごちそうさまでした!

ごちそうさまでした!

今回お邪魔した一憩庵、中津から車で15分ほど。
お店のブロック塀沿いに駐車することができます。

そして最後に、
皆さんあの入り口の釣り鐘、気になりませんか?
実は、コレ納得の理由があるんです。
これは是非おかみさんに直接確かめてほしいと思います。フフ…

ランチレポート、与太郎でした!

食事&呑み処 一憩庵(いっきゅうあん)

所在地
〒828-0022 福岡県豊前市宇島63-3
営業時間
定休日:第2火曜日 昼 11:00~14:00(o.s)/夜 17:00~23:00(o.s)
電話番号
070-3624-6873

詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

お花見情報まとめ【宇佐】

お花見情報まとめ【宇佐】

2019年の九州北部の桜は3月26日ごろ開花と予想されています。

今年の桜も目一杯満喫しよう!ということで、
宇佐市の桜スポットをご紹介いたします。

お花見の計画にお役立てください♪


※開花に合わせて都度、情報を更新していきます
※お花見の際は、路上駐車や早い時間からの場所取りなどで近隣の方のご迷惑にならないようにお願いします。

【その34ワ】【漫画】庭にわニワちゃんがいる!

【その34ワ】【漫画】庭にわニワちゃんがいる!

トリになりたいオンナの子ニワちゃんのゆる~い4コマ漫画 その34ワ「桜」

「うちのお母さん」面白エピソード集

「うちのお母さん」面白エピソード集

NOASエリアに実在する最強天然お母さん達。 爆笑・赤面エピソードを毎回2つずつ紹介していきます。 (ライター:バンビ)

【新店舗】山国町に築150年の古民家レストランがオープン【ランチ】

【新店舗】山国町に築150年の古民家レストランがオープン【ランチ】

伝統ある茅葺屋根とモダンな雰囲気が混じり合う、
自然食レストラン「KAYABUKI(かやぶき)」

およそ150年前建築された古民家でいただく地産地消ランチビュッフェ!

そして京都の三ツ星料亭で修業を終えた料理人が送る、
「罪悪感を抱かせないランチ」とは…?

【ランチ】地鶏を美味しく炭火で焼いて【中津市】

【ランチ】地鶏を美味しく炭火で焼いて【中津市】

中津市耶馬溪町のさらに山の奥。

地鶏料理が人気のあのお店にやって来ました。


(ライター:HARA-chan)

一覧はこちら

与太郎の関連記事WRITER ARTICLE POST

お花見情報まとめ【宇佐】

お花見情報まとめ【宇佐】

2019年の九州北部の桜は3月26日ごろ開花と予想されています。

今年の桜も目一杯満喫しよう!ということで、
宇佐市の桜スポットをご紹介いたします。

お花見の計画にお役立てください♪


※開花に合わせて都度、情報を更新していきます
※お花見の際は、路上駐車や早い時間からの場所取りなどで近隣の方のご迷惑にならないようにお願いします。

【新店舗】山国町に築150年の古民家レストランがオープン【ランチ】

【新店舗】山国町に築150年の古民家レストランがオープン【ランチ】

伝統ある茅葺屋根とモダンな雰囲気が混じり合う、
自然食レストラン「KAYABUKI(かやぶき)」

およそ150年前建築された古民家でいただく地産地消ランチビュッフェ!

そして京都の三ツ星料亭で修業を終えた料理人が送る、
「罪悪感を抱かせないランチ」とは…?

【ランチ】自家製つるしこ細麺!びっくりごぼ天うどん【中津市】

【ランチ】自家製つるしこ細麺!びっくりごぼ天うどん【中津市】

自家製麺、注文を受けてから茹であげ。
毎日お店で昆布と鰹から出汁(だし)を引く。
麺の上げおきはせず、お客様の入りに合わせて都度ゆがくそうです。

来てくれた全てのお客様に、最高の美味しいうどんを食べていただきたい。
そんな店主の熱い想いが込められた1杯に迫ります。

【ランチ】手作りランチは癒しの魔法【中津市】

【ランチ】手作りランチは癒しの魔法【中津市】

啓蟄(けいちつ)を迎え、ポカポカと暖かい日が増えてきました。
洋服も軽くなり、深呼吸がきもちいい!

今回お邪魔したのは「手作りケーキ&カフェ さんぽみち」さんです。
少し場所がわかりづらいのですが、そんな部分さえも愛おしくなる、
自然と光に溢れた素敵なお店でした。

お散歩がてら、少し足を延ばしてみませんか?

[ライター:与太郎]

【ランチ】いつものやつね!と頼んでみたい。さんかく屋根の喫茶店【中津市】

【ランチ】いつものやつね!と頼んでみたい。さんかく屋根の喫茶店【中津市】

212号線沿い、喫茶ロッシュ。
知らない人はおりますまい。

モーニングに、ランチに、コーヒーに、優しい店員さん!
喫茶店にあってほしい要素全部入りのお店でした。

一覧はこちら

ページTOPへ