中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市の山国町の「さるとび村のさんぽ道」は猿飛千壺峡、念仏橋、魔林峡をみることが出来る遊歩道です。3カ所の内のひとつに行くなら、遊歩道を歩いて全てを見ないともったいないですよ!

(2019.8.18)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

まず目指すは猿飛千壺峡

まず目指すは猿飛千壺峡

中津中心部から車で約1時間ほど、山国町草本を目指して行きます。駐車場の入り口には案内板が出ているので簡単にたどり着く事ができます。まずは猿飛千壺峡を目指します。駐車場は左右に分かれており、向かって右側の駐車場の方が停められる台数が多くあります。

奥へ

奥へ

駐車場から歩いて奥へと進みます。きれいに整備されているのでとても歩きやすいです。

少し進むと休憩所もありました。

見えてきた

見えてきた

道なりに進んで行くと、見えてきました!

猿飛甌穴群(おうけつぐん)です。案内板によると、国指定の天然記念物であるこの甌穴群はその昔はなんと海底だったそう。しかし、幾度もの火山による溶岩の堆積と浸水によって地上に出てきたそうです。この溶岩と中に含まれる小石の硬さが同じことから水流でこの小石が回転し、長い年月をかけてこの甌穴(丸形の穴)ができたとのこと。

実はこの現象自体が岩質、水量、流速が揃っていないとできないそうなんです。まるで奇跡ですね。

絶景

絶景

鉄製のつり橋があったので橋の真ん中から甌穴群を見てみることに。

川床に甌穴があるとのことですが、こうしてみると岩肌による甌穴も観察することができますね。景色もとてもきれいで心が洗われます。

みなさんには是非とも肉眼でこの自然美を見てほしい!!

遊歩道は続く

遊歩道は続く

次のポイントを目指します。

遊歩道を歩いていると、途中、万葉歌碑ロードなるものが!!全国から公募し、入選した万葉歌が刻まれた歌碑が並ぶ区間がずっと続いていました。

じっくり見ながら歩いて行くと、そこは現代版の万葉歌。なんともユニークで思わずクスっとしてしまうものも。

念仏橋

念仏橋

さんぽ道の第2ポイントとなるのは念仏橋です。

ここでの案内板によると、この念仏橋は昭和3年に造られた石橋であるとのこと。この念仏橋からの光景がまた絶景で、猿飛甌穴群と同じく無数の甌穴が出来ていたものの、発達した甌穴が更に水流により甌穴間の壁が破壊されて現在の景色となったそうです。

この案内板でライターが目を見張った表現がありました。案内板曰く、「この峡谷は、つらなる甌穴が水流に串刺しにされたもの」なんだとか。こう聞くと、なんとも自然の偉大さを感じます。

第3ポイントは!

第3ポイントは!

次のポイントは念仏橋から390m歩いた所にある魔林峡(まばやしきょう)です。

この峡谷もたくさんの甌穴が巨大化してできたそう。洪水の時などは轟音を鳴らす恐ろしい激流となるそうですが、洪水後は岩肌に淡い緑や黄色の模様が出てくるとか。

自然による美しさと恐ろしさの両方を感じますね。どのポイントの景色を見てもすぐ側に私たちが普段使う整備された道路があることを忘れてしまうくらいの絶景でした。

さんぽ道の案内板では、ゆっくり歩いて1時間程とのことでしたが、ライターは往復30分程でした。まだ残暑が残る今の季節、目で見て涼みに出かけてはどうでしょうか。


あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。
件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をメールしてください!

さるとび村のさんぽ道(猿飛千壺峡甌穴群)

所在地
〒871-0702 大分県中津市山国町草本
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

日本初?「絵本屋創業コンサルタント」始めました。

日本初?「絵本屋創業コンサルタント」始めました。

ユキノジは、某小学校で読み聞かせのボランティアをしています。そこで知り合ったのが、豊後高田市で中古絵本の販売や読み聞かせ活動を行っている、金谷道範(かなや どうはん)さん。
先日、久しぶりに金谷さんにお会いした時に、

「今度、絵本屋創業コンサルタントを始めたんですよ。どなたか絵本屋始めたいって方がいらしたら、相談に乗るのでよろしく。」

とおっしゃいます。

さっそく、豊後高田にあるお店へ取材に伺いました。

【朗報!】キャンピングカーで連休を遊び尽くせ!【CANTAL(キャンタル)大分中津店】

【朗報!】キャンピングカーで連休を遊び尽くせ!【CANTAL(キャンタル)大分中津店】

宿泊先の心配をせずに気ままに旅に出る。
トイレ、水道、電気の心配なくお出かけ出来る。
遊び疲れても駐車場さえ確保できればどこでも一休みすることができる。

ハイスペックですが、ハイエースベースなので普通車免許のみで運転することができます。
キャンピングカーの魅力をレンタルで体感してみませんか?

今月より新料金となりグッと安くなりました。
これは見逃せません。
新車両も登場したとか…!!

ジモプチトリップvol.36 今回の名所は井戸!鎌倉井戸【中津市】

ジモプチトリップvol.36 今回の名所は井戸!鎌倉井戸【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

まだまだ中津市にも隠れた名所が存在しています。今回ライターが発見した名所は井戸。一体どんな場所なのでしょうか。

【新店舗】隠れ食堂発見!中津市「宮夫食堂」

【新店舗】隠れ食堂発見!中津市「宮夫食堂」

中津市・宮夫に隠れ食堂があるとのうわさを聞き、調査開始!
「え?ここ?」というまさかの場所にありました!
ジモッシュ!webを見てくれた人しか行きつけないかも!?

ジモプチトリップvol.35 これって地蔵系エンターテインメント⁈ 大内岩屋観音堂【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.35 これって地蔵系エンターテインメント⁈ 大内岩屋観音堂【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのはvol.29でプチトリップした並石ダムからほど近い場所。そこには衝撃の光景が!

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.36 今回の名所は井戸!鎌倉井戸【中津市】

ジモプチトリップvol.36 今回の名所は井戸!鎌倉井戸【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

まだまだ中津市にも隠れた名所が存在しています。今回ライターが発見した名所は井戸。一体どんな場所なのでしょうか。

ジモプチトリップvol.35 これって地蔵系エンターテインメント⁈ 大内岩屋観音堂【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.35 これって地蔵系エンターテインメント⁈ 大内岩屋観音堂【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのはvol.29でプチトリップした並石ダムからほど近い場所。そこには衝撃の光景が!

地元のお醤油を使ってお餅を作ってみた【中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・築上町・吉富町】

地元のお醤油を使ってお餅を作ってみた【中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・築上町・吉富町】

NOASエリアが誇るもののひとつ・・・。それはジモトのお醤油、地醤油。

みなさんも御贔屓のお醤油屋さんがあるのではないでしょうか。一度地醤油を口にすると、一般に販売されている他のお醤油を口にすることができない・・・、そうも言われるほどお醤油愛の強いエリアに住む私たち。

ちょうど時期は冬。今年は暖冬のせいで寒い時期につくお餅、寒餅(かんもち)を今からつくご家庭も多いのではないでしょうか。

実は今の時期にしか食べることが出来ない、地元のお醤油をおいしく食べるための方法があるんです‼︎

今回はYosaroh家秘伝の地醤油を使った醤油餅を作ってみました。

ジモプチトリップvol.34 街中に潜む名所 皇后石【吉富町】

ジモプチトリップvol.34 街中に潜む名所 皇后石【吉富町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは吉富町。一体どんな名所なのでしょうか。

ジモプチトリップvol.33 再興された隠れた名所!猪川内岩屋堂【中津市】

ジモプチトリップvol.33 再興された隠れた名所!猪川内岩屋堂【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

タレコミによりプチトリップ情報を入手したライター。なんでも、丁度1年くらい前に地元の地域おこしグループと有志が再興を始めた名所があるのだとか。

その名所は八面山に位置する猪川内岩屋堂(いのこちいわやどう)。これはプチトリッパーとしては行ってみなくては!ということで、取材してきました。

一覧はこちら

ページTOPへ