中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第2怪】隣のおじいさん

全3回にわたってお送りしているNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。 第2怪となる今回は「隣のおじいさん」です。

(2019.8.14)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Oちゃん

Oちゃん

このお話はOさんが子供の時に体験したお話です。

Oちゃんはおてんばで、お母さんのお手伝いをするのが大好きな子供でした。回覧板が家に回ってくると、率先して次のおうちへ回覧板を持って行っていたそうです。

その日も回覧板が回ってきたのでOちゃんはお隣のおうちへ回覧板を持って行きました。

静かな昼間

静かな昼間

ちょうど時間は午後の3時くらいだったそうです。

いつもなら誰か見かけるけれど、この時は誰も見かけることはなかったそうです。

ただのいつも通りの昼間の時間のはずですが、思い返してみればいつもよりすごく静かで不気味だっだかもしれない、とOさんは今となっては思うそう。

子供のOちゃんは何だか不思議な気持ちになりましたが、走っていつも通りお隣の家へ行きました。

隣の家

隣の家

隣の家は留守の時は鍵がかかっているので、その場合は回覧板をポストに入れていました。

「ごめんくださーい!」

玄関の戸はその日開いていたので、Oちゃんは家の人に声をかけました・・・が誰も出てきません。このお隣さんは戸締りをきっちりする家だったのでこんな事は初めてでした。

「おかしいな~。聞こえんのかな~。ごめんくださーい!!!」

玄関も開いていて、居間の電気もついているのに誰の気配もしません。

諦めて回覧板を玄関先に置いて帰ろうかと思ったときでした。居間の奥から誰かが出てきました。

おじいさん

おじいさん

出てきたのはおじいさんでした。上下白のシャツと股引姿です。

Oちゃんはこのおじいさんを見たことがなかったので、てっきりお隣さんの親戚だと思って聞きました。

「ねぇ、おいちゃん、おばちゃんはどうしたん?誰もおらんのん?」

おじいさんは何も答えてくれないばかりかOちゃんに視線も合わせてくれません。

そればかりか骸骨みたいに痩せて猫背になった体でゆっくりゆっくりスローモーションのように玄関の方へ歩いてきます。

Oちゃんはおじいさんは耳が遠いのかと思ってもう一度大きな声で聞きましたが、相変わらず何の反応もありません。Oちゃんはだんだん気味が悪くなりましたが、それもなんだか失礼だと思い、おじいさんの反応を待ち続けました。

しかし、おじいさんはゆっくりゆっくり一点を見つめながら、まるでOちゃんの姿も見えていないかのように前を通りすぎ、玄関横の階段を上っていきました。

おじいさんの姿が見えなくなってから妙に恐ろしくなってきたOちゃんは、回覧板を置いて急いで自分の家に帰りました。家の中に入ってお母さんの顔を見てやっとホッとしたそうです。

親戚?

親戚?

さっきあった不気味なことは気のせいだと思いたくて、Oちゃんはあった事をお母さんに話しました。

「さっきお隣に来てた親戚かなんかのおじいちゃんに話しかけたけど無視されたんよね~。」

すると、お母さんが、

「お隣に親戚のおじいさんなんて来てたかしら?」

と言うのです。とは言ってもお母さんがしらないだけかもしれないので、Oちゃんはお隣さんに会った時にこのことを聞いてみよう、と思いました。

おじいさんの正体?

おじいさんの正体?

次の日、お隣のおばさんにあったOちゃんはおじいさんのことを話しました。すると、

「何言ってるの?誰もいなかったよ。」

とお隣のおばさん。おばさんが嘘をついていると思ったOちゃんはなんで嘘なんかつくんだろう、と思っいましたが、おばさんは怪訝そうな顔をして、そんなおじいさんなんてうちにはいないし、誰もその時はいなかった、としか言わなかったそうです。

益々気味が悪くなってきたOちゃんは帰ってお母さんにおばさんとのやり取りを話しました。するとお母さんが言いました。

「そういえば、お隣の亡くなったおじいちゃんの見た目がちょうどそんな感じだったけど・・・・まさかね。


大人になったOさんはこの出来事があった時期がいつだったかは覚えていないそうですが、もしかするとおじいさんはお盆の時期に帰ってきていたのかもしれませんね。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

日本初?「絵本屋創業コンサルタント」始めました。

日本初?「絵本屋創業コンサルタント」始めました。

ユキノジは、某小学校で読み聞かせのボランティアをしています。そこで知り合ったのが、豊後高田市で中古絵本の販売や読み聞かせ活動を行っている、金谷道範(かなや どうはん)さん。
先日、久しぶりに金谷さんにお会いした時に、

「今度、絵本屋創業コンサルタントを始めたんですよ。どなたか絵本屋始めたいって方がいらしたら、相談に乗るのでよろしく。」

とおっしゃいます。

さっそく、豊後高田にあるお店へ取材に伺いました。

【朗報!】キャンピングカーで連休を遊び尽くせ!【CANTAL(キャンタル)大分中津店】

【朗報!】キャンピングカーで連休を遊び尽くせ!【CANTAL(キャンタル)大分中津店】

宿泊先の心配をせずに気ままに旅に出る。
トイレ、水道、電気の心配なくお出かけ出来る。
遊び疲れても駐車場さえ確保できればどこでも一休みすることができる。

ハイスペックですが、ハイエースベースなので普通車免許のみで運転することができます。
キャンピングカーの魅力をレンタルで体感してみませんか?

今月より新料金となりグッと安くなりました。
これは見逃せません。
新車両も登場したとか…!!

ジモプチトリップvol.36 今回の名所は井戸!鎌倉井戸【中津市】

ジモプチトリップvol.36 今回の名所は井戸!鎌倉井戸【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

まだまだ中津市にも隠れた名所が存在しています。今回ライターが発見した名所は井戸。一体どんな場所なのでしょうか。

【新店舗】隠れ食堂発見!中津市「宮夫食堂」

【新店舗】隠れ食堂発見!中津市「宮夫食堂」

中津市・宮夫に隠れ食堂があるとのうわさを聞き、調査開始!
「え?ここ?」というまさかの場所にありました!
ジモッシュ!webを見てくれた人しか行きつけないかも!?

ジモプチトリップvol.35 これって地蔵系エンターテインメント⁈ 大内岩屋観音堂【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.35 これって地蔵系エンターテインメント⁈ 大内岩屋観音堂【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのはvol.29でプチトリップした並石ダムからほど近い場所。そこには衝撃の光景が!

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.36 今回の名所は井戸!鎌倉井戸【中津市】

ジモプチトリップvol.36 今回の名所は井戸!鎌倉井戸【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

まだまだ中津市にも隠れた名所が存在しています。今回ライターが発見した名所は井戸。一体どんな場所なのでしょうか。

ジモプチトリップvol.35 これって地蔵系エンターテインメント⁈ 大内岩屋観音堂【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.35 これって地蔵系エンターテインメント⁈ 大内岩屋観音堂【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのはvol.29でプチトリップした並石ダムからほど近い場所。そこには衝撃の光景が!

地元のお醤油を使ってお餅を作ってみた【中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・築上町・吉富町】

地元のお醤油を使ってお餅を作ってみた【中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・築上町・吉富町】

NOASエリアが誇るもののひとつ・・・。それはジモトのお醤油、地醤油。

みなさんも御贔屓のお醤油屋さんがあるのではないでしょうか。一度地醤油を口にすると、一般に販売されている他のお醤油を口にすることができない・・・、そうも言われるほどお醤油愛の強いエリアに住む私たち。

ちょうど時期は冬。今年は暖冬のせいで寒い時期につくお餅、寒餅(かんもち)を今からつくご家庭も多いのではないでしょうか。

実は今の時期にしか食べることが出来ない、地元のお醤油をおいしく食べるための方法があるんです‼︎

今回はYosaroh家秘伝の地醤油を使った醤油餅を作ってみました。

ジモプチトリップvol.34 街中に潜む名所 皇后石【吉富町】

ジモプチトリップvol.34 街中に潜む名所 皇后石【吉富町】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは吉富町。一体どんな名所なのでしょうか。

ジモプチトリップvol.33 再興された隠れた名所!猪川内岩屋堂【中津市】

ジモプチトリップvol.33 再興された隠れた名所!猪川内岩屋堂【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

タレコミによりプチトリップ情報を入手したライター。なんでも、丁度1年くらい前に地元の地域おこしグループと有志が再興を始めた名所があるのだとか。

その名所は八面山に位置する猪川内岩屋堂(いのこちいわやどう)。これはプチトリッパーとしては行ってみなくては!ということで、取材してきました。

一覧はこちら

ページTOPへ