中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

ジモプチトリップvol.4 中津市のエアーズロック「箭山権現石舞台(ややまごんげんいしぶたい)」

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回は読者の方から寄せられたプチトリップ情報です。なんでも中津市にあのオーストラリアのエアーズロックのようなスポットがあるとか!中津市のエアーズロック、とても興味深いです。ということで早速プチトリップしてきました。

(2019.6.30)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

向かうは八面山

向かうは八面山

中津市の方は名前は聞いたことがあっても行ったことがない、という方も多いのではないでしょうか。情報によると、スポットは八面山にあるということで、さっそく八面山へ。場所は八面山荘手前の分かれ道(看板有り)を右へ曲がって道なりに進んでいくと発見できます。右側に結構広い駐車場があるので通りすぎることなく到着できました。

意外と近い

意外と近い

駐車場から案内板脇を抜けて階段と上り坂を進むと・・・見えてきました!なんと駐車場からの所要時間わずか数分。アクセスの容易さがなんとも嬉しい!

で・・・でかい!!

で・・・でかい!!

近くで見ると石舞台のその大きさにびっくりします。ミニエアーズロックと言ったところでしょうか。しかし、一枚岩と考えるとその大きさは十分!中津市のエアーズロックを名乗るにふさわしい風貌です。

さらに進んでいくと、休憩できるベンチが。空気もいいし景色もきれいです。さらに上に上れるようなので進むことに。まだまだ体力は残っているのでこのまま進みます。とは言え、「こんな巨石だもの。上に上るのはきっと道は険しいはず・・・。」、と覚悟を決めたその時でした。

優しさ

優しさ

なんと石の上部へ続く階段と上り坂が!!
石舞台に上るにも、さらに階段が設けられていて、とっても優しい!!

こんなに簡単に上れてしまっていいのだろうか・・・と自問自答するも、有難いことに代わりはないので喜んで石舞台に上らせていただきました。

石舞台の上へ

石舞台の上へ

上部に上ってみると岩っぽいゴツゴツした感じではなく、石舞台と言われるだけあって結構平らでした。なんだか不思議。さすがに端っこの方は崖のようになっているので怖くて近寄るのも怖ろしい感じでしたが、街のほうを見てみると絶景が!あまりの絶景に一瞬忘れてしまいましたが、落ちると危険なのでみなさまは十分注意して上ってくださいね。

この石舞台、平らなのになぜかちょこんと2つほど岩が。中津市のホームページによると、

昔、神様の化身の大男が悪魔退治の前の腹ごしらえに八面山に座っておにぎりを食べていたところ、中に石が入っていて噛み割ってしまった。大男は石舞台の上にその石を置いた。

という伝説が残っているとか。今でも石は積み石と呼ばれているそうです。なんだか面白いですね。

結構凄いぞ!箭山権現石舞台!!

結構凄いぞ!箭山権現石舞台!!

地元にあるものの凄さって意外と気づきにくいものですが、この石舞台の凄さも例外ではありません。中津耶馬渓観光協会のホームページによると、この石舞台、なんと石舞台としては日本一の大きさなんだそうです。

また、案内板によるとこの石舞台、面積が畳152枚分ある計算で、1畳18人とすると2736人が一度に石舞台に上がれる計算になるとか。ちょっとそんなまさか・・・なんて気もしますが、計算上はそうなるようです。

他にも足利尊氏が武運の祈りを捧げた、五穀豊穣を願って神楽が舞われた、など信仰の神様として崇められたという伝記が残っているそうです。こうしてみると石舞台の違った顔が見えるようでまた面白いですね。

この興味深い石舞台、行ったことのない方は是非一度行ってみてはいかがでしょうか。


あなたが知っている地元のプチトリップスポットを募集しています。
件名に「プチトリップ」と入れてyosaroh.zimosh@gmail.comまで詳細をメールしてください!

箭山権現石舞台(ややまごんげんいしぶたい)

所在地
〒871-0103 大分県中津市三光田口
営業時間
随時
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

ジモプチトリップvol.15 霊山の麓のストーンサークル「佐田京石」【宇佐市】

ジモプチトリップvol.15 霊山の麓のストーンサークル「佐田京石」【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回も石のご紹介…となるジモプチトリップ。しかし、今回の石は一味違うようで…。

【2019】豊前神楽奉納予定まとめ【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】※随時更新

【2019】豊前神楽奉納予定まとめ【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】※随時更新

国指定重要無形民俗文化財になっている豊前神楽。そろそろシーズンの時期がやってきました!

今回はNOASエリアの豊前神楽の奉納スケジュールをリストアップ!リストの最後には今年度の京築地域の神楽の奉納鑑賞に関するスペシャルな情報も!

毎回観に行く人も観に行った事がない人も今年の神楽の奉納を楽しんでくださいね。

地元の赤グルメ取材②in中津市

地元の赤グルメ取材②in中津市

暦の上ではもう秋なのに、日差しがまだまだ厳しい9月。
そんな暑い時には、辛い物を食べて、もっともっと汗をかいて、
時折吹く風で秋の訪れを感じちゃいましょう!

※再掲載※
記事は2018年12月掲載の内容です。
過去掲載のお電話番号を正しい番号へ訂正させて頂いております。
電話番号をご登録頂いておりますお客様に関しましては、今一度番号をお確かめ頂きます様お願い致します。

ジモプチトリップvol.14 絵巻物風の石⁈青宇田画像石【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.14 絵巻物風の石⁈青宇田画像石【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは豊後高田市にある、青宇田(あうだ)画像石。

なんでも、何かの絵が描かれた石であるとか。一体どんな石なのでしょうか。

知るともっと楽しめる神楽!「駈仙(みさき)」【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】

知るともっと楽しめる神楽!「駈仙(みさき)」【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】

NOASエリアが誇る豊前神楽。しかし地域によって馴染みが薄い人がいるのも事実。

今回は馴染みが薄い人も神楽好きの人にも知るともっと楽しめる話をご紹介します。

演目はどの神楽の団体も奉納している「駈仙」です。

一覧はこちら

Yosarohの関連記事WRITER ARTICLE POST

ジモプチトリップvol.15 霊山の麓のストーンサークル「佐田京石」【宇佐市】

ジモプチトリップvol.15 霊山の麓のストーンサークル「佐田京石」【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回も石のご紹介…となるジモプチトリップ。しかし、今回の石は一味違うようで…。

【2019】豊前神楽奉納予定まとめ【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】※随時更新

【2019】豊前神楽奉納予定まとめ【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】※随時更新

国指定重要無形民俗文化財になっている豊前神楽。そろそろシーズンの時期がやってきました!

今回はNOASエリアの豊前神楽の奉納スケジュールをリストアップ!リストの最後には今年度の京築地域の神楽の奉納鑑賞に関するスペシャルな情報も!

毎回観に行く人も観に行った事がない人も今年の神楽の奉納を楽しんでくださいね。

ジモプチトリップvol.14 絵巻物風の石⁈青宇田画像石【豊後高田市】

ジモプチトリップvol.14 絵巻物風の石⁈青宇田画像石【豊後高田市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ライターが訪れたのは豊後高田市にある、青宇田(あうだ)画像石。

なんでも、何かの絵が描かれた石であるとか。一体どんな石なのでしょうか。

知るともっと楽しめる神楽!「駈仙(みさき)」【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】

知るともっと楽しめる神楽!「駈仙(みさき)」【豊前市/吉富町/上毛町/中津市/宇佐市】

NOASエリアが誇る豊前神楽。しかし地域によって馴染みが薄い人がいるのも事実。

今回は馴染みが薄い人も神楽好きの人にも知るともっと楽しめる話をご紹介します。

演目はどの神楽の団体も奉納している「駈仙」です。

ジモプチトリップvol.13 アートと匠の技の融合!安心院の鏝絵【宇佐市】

ジモプチトリップvol.13 アートと匠の技の融合!安心院の鏝絵【宇佐市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回ご紹介するのは宇佐市安心院にある鏝絵(こてえ)。なんと、全国一の密集度を誇るのだとか。町の中の風景に溶け込むように現れる絵は匠の技を感じるアートです。古いものでは明治時代の頃のものも!

一覧はこちら

ページTOPへ