中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・上毛町・吉富町

地元出身シンガーソングライター「蘭華」さんインタビュー

中津市出身のシンガーソングライター、作詞・作曲家、そしてラジオDJでもある「蘭華」さん。
12月7日(金)、お久しぶりのNOAS FMラジオ放送生出演のところをキャッチ!
現在リリース中の2ndアルバム「悲しみにつかれたら」についてや、週末のイベントについて伺いました。

(2018.12.08)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2ndアルバム「悲しみにつかれたら」

2ndアルバム「悲しみにつかれたら」

2018年9月19日に2ndアルバム「悲しみにつかれたら」をリリースされた蘭華さん。今日は明け方に近い時間の深夜ラジオ生放送を千葉で終えた後、始発の新幹線に乗って大分県まで帰ってきたそう。ほぼ徹夜の状態でインタビューさせて頂いたにも関わらず、素敵な笑顔で対応してくれました。

■2ndアルバム「悲しみにつかれたら」について

Q:前作から2年を経てリリースされた今作は、前作の和テイストとちょっと変わりましたね。

A:ジャズやスウィング、シャンソンなどのジャンルからもインスピレーションをもらって、まるで音楽で世界旅行をしているかのようなアルバムに仕上がったなと思います。渾身の10曲を詰め込んでいますので、ぜひ多くの方に聴いて頂きたいアルバムです。

Q:全部で10曲入り!NOAS FMのパワープッシュにもなっていました♯01「メランコリック」は、このエリアのみなさんにも耳馴染みのある楽曲です!

A:今回のテーマは「愛と喪失」「喪失と再生」です。人生の中で起きる様々な別れと悲しみから、それを乗り越えてゆくまでを、曲の中の詩とメロディーに込めました。

Q:ALL PRODUCE BY蘭華。これは2年、かかりますよね。

A:そうですね、10曲中7曲は作詞作曲全てを行っています。押尾コータローさんがギターとアレンジを担当して頂いた「悲しみにつかれたら」や、
憧れのアレンジャー佐藤準さんにアレンジして頂いた「メランコリック」など、全てがオススメの一曲です。

Q:ジャケットも前作とは全く違いますね。

A:洋楽アルバムの雰囲気を意識して、撮影しています。

Q:いつもの蘭華さんと、またちょっと違った一面を見れて、素敵で目を惹く感じで素敵です!

A:直接(NOAS FMに出演して)地元の皆さんにリリースのお伝えをするまでに、約2か月空いてしまいましたが、蘭華の2ndアルバム「悲しみにつかれたら」、ぜひ聴いて頂けたら嬉しいです。

12月9日(日)講演会について

12月9日(日)講演会について

なんと今回の大分帰省は、ライブ活動以外の、蘭華さんの活動を垣間見ることができる、意外なイベントのためだそう。

■講演会開催「生きる力を育む教育」について

Q:今回はあるイベントの為に大分県に帰省されたそうですね。

A:12月9日(日)に別府市にある「ビーコンプラザ」で行なわれる、大分県の県立高校の先生が集まって開かれる教育研究大会の中で、講演会をさせて頂きます。演題は「生きる力を育む教育」~これからの時代を生きる逞しい子供たちを育てるために~。
私がシンガーソングライターを目指して、歌手として活動してゆくまでの様々な経験を通して学んだことの中から、少しでも、これからの教育に携わる方へ、そしてその生徒さんへ「夢」や希望を持つ大切さをお伝えできたらいいなと思います。

A:歌手、ライブ活動以外の蘭華さんを見ることのできる、貴重な機会ですね!一般の方も参加可能ですか?

Q:もちろんです。事前にお問合せ頂いた方が入場できる講演会になっていますので、ぜひお問い合わせください。

A:ちなみに歌声の披露は・・・・

Q:予定していますよ。ぜひ、会場でお聴きくださいね。


■イベント概要
イベント名/第48回教育研究大会
日付/2018年12月9日(日)
時間/開会行事11:00~
※講演会は11:25~12:55予定
講師/蘭華(中津市出身)
演題/「生きる力を育む教育」~これからの時代を生きる逞しい子供たちを育てるために~
料金/入場無料
注意/事前申し込みが必要となります。
問合/097-536-2511(大分県公立高等学校教職員組合)

★ありがとうございました★

★ありがとうございました★

忙しい中、時間をつくってくれた蘭華さん。
週末の過ごし方を聴いてみると、
「明日はまだ紅葉に間に合うかな?と思う耶馬渓の方の温泉に行って、お肌をリフレッシュさせて、その後にコタツに入ってゆっくり講演会の内容を練ろうと思います!」
とのこと。

忙しい活動の中でも、地元に帰って来てくれてうれしい!
ますます今後の活動が楽しみです!
これからも応援しています!


■蘭華(らんか)プロフィール
美しく透明感溢れる歌声と、日本文学や和の心を表現した詩の世界、J-POPと歌謡曲を融合させ、二胡や和楽器、民族楽器をサウンドに取り入れたオリエンタルな世界観が、幅広い世代から注目の癒し系シンガーソングライター。2015年、人気作家よしもとばなな原作の映画「海のふた」主題歌を収録した両A面シングル「ねがいうた/はじまり色」でメジャーデビュー。「ねがいうた」は、有線お問合せランキングで3か月連続ベスト10にランクインし、J-POPと演歌・歌謡曲ジャンルの両方にランクインする快挙達成した。2016年秋には、蘭華が全曲の作詞・作曲を手掛けたファーストアルバム「東京恋文」をリリースし、『第58回輝く!日本レコード大賞企画賞」を受賞。今後の活躍が大いに期待されるアーティストである。

■オフィシャルWEBサイト
http://rankaweb.net/?mov=false

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

NOAS(ノース)民の日常 Vol.6

脱・マンネリメニューということで、宇佐市の「ふるさと給食」を作ってみました。

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

NOAS(ノース)民の日常 Vol.5

リズム感がないので、〇RFのメンバーにもなれませんでした汗

「うちのお母さん」面白エピソード集

「うちのお母さん」面白エピソード集

NOASエリアに実在する最強天然お母さん達。
爆笑・赤面エピソードを毎回2つずつ紹介していきます。
(ライター:バンビ)

食事処 松和(まつわ)オープン!

食事処 松和(まつわ)オープン!

※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材しています。

宇佐市上田、「よ〜ちゃんラーメン」さんの跡地の店舗に食事処『松和』(まつわ)さんがオープンしました。
「おや?こんなところに・・・」と、昼食がてらお邪魔しました。

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

ジモプチトリップvol.43 圧巻のパノラマビュー! 一目八景【中津市】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

今回訪れたのは深耶馬渓。有名な観光地のひとつで美味しいお蕎麦が食べられる観光地としても有名な場所です。NOASエリアの地元民にもこのエリアの蕎麦ファンが多くいますよね。

深耶馬渓といえば一目百景。恥ずかしながらライターは近すぎて一目八景自体に注目して訪れたことがなかったんです。いわば一目八景未経験者。ライター周辺のNOAS民にもこういった人が意外とたくさんいました。

外出自粛中の今、なかなかお出かけすることは難しくなってきており、今は我慢の時期…。
せめて記事を通して季節を感じ、自粛解除後の楽しみとして読んで頂ければ幸いです。

ということで!いざ一目八景へ訪れてきた時の様子をリポートします!

※取材は2020年3月29日(日)現在の情報です。
※ライターはコロナウイルス感染症予防に配慮した上で取材をしています。

一覧はこちら

バンビの関連記事WRITER ARTICLE POST

【新店舗】中津市宮夫に「七輪鳥焼専門店もり山」がオープン!

【新店舗】中津市宮夫に「七輪鳥焼専門店もり山」がオープン!

中津市の国道213号線から、宮夫交差点を第一病院方向に入ったところに、新店舗が!
え?あのからあげの「もり山」の2号店?!

いえいえ、からあげ専門店ではなく、「七輪鳥焼専門店もり山」(しちりんとりやきせんもんてんもりやま)と言う新店舗でした!
嬉しいキャンペーンのお知らせもあるよ!

「うちのお母さん」面白エピソード集

「うちのお母さん」面白エピソード集

NOASエリアに実在する最強天然お母さん達。
爆笑・赤面エピソードを毎回2つずつ紹介していきます。
(ライター:バンビ)

【新店舗】隠れ食堂発見!中津市「宮夫食堂」

【新店舗】隠れ食堂発見!中津市「宮夫食堂」

中津市・宮夫に隠れ食堂があるとのうわさを聞き、調査開始!
「え?ここ?」というまさかの場所にありました!
ジモッシュ!webを見てくれた人しか行きつけないかも!?

秘密にしておきたい日本酒BARへ潜入してみた!(中津市中殿)

秘密にしておきたい日本酒BARへ潜入してみた!(中津市中殿)

忘年会・新年会と続くこの時期、
「まだ飲み足りない」「たまには1人でお酒を楽しみたい」
そんな方に激押ししたいお店を発見しました。
お一人様でも大丈夫かなぁ?と思いつつ入りましたが、
大当たりでした★

メディア初掲載とのこと。
お店、名前は「日本酒バー ちろり」です。

【ランチ】宇佐で洋食ランチならココ!宇佐ホテルリバーサイド

【ランチ】宇佐で洋食ランチならココ!宇佐ホテルリバーサイド

宇佐でランチ。洋食が食べたい。
予約無しOKの所がいい。土日祝もランチやってるところあるかな?

それ、ぜーんぶ叶えてくれるレストランを発見!
なんと、言わずと知れた宇佐市のあのホテル、
「宇佐ホテルリバーサイド」さんの中にありました♪

(ライター:バンビ)

一覧はこちら

ページTOPへ