中津・宇佐・豊後高田・豊前・吉富・上毛エリア

【ランチ】だんご汁を味わうならココ!【中津市】

最近テレビでも紹介があった
大分の郷土料理「だんご汁」。

そんなホットな食べ物を味わうなら
ココがおススメです。

(ライター:HARA-chan)

(2019.3.04)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「門前茶屋のどか。」

「門前茶屋のどか。」

今回ランチを求めてやって来たのは
中津市本耶馬溪町。

羅漢寺(らかんじ)という
本耶馬溪町にあるお寺の付近に
お店があります。

ちなみに、小道の奥に見える古民家がお店です!

カワイイ。

カワイイ。

店内はこんな感じ。
テーブル席、テラス席、座敷があります。


この時期はひな祭りが近いというだけあって
ひな人形が飾ってありました。

その他にも
ところどころに可愛らしい置物や
ユーモア溢れる時計など
インスタ映えしそうな物がいっぱい。

なんと店構えや店内のインテリアは
全てオーナーとオーナーのお父様の手作りなのだとか!

心温まるこんな物も・・・

心温まるこんな物も・・・

食べに来たお客さんが
メッセージを書く用の冊子を見せてもらいました。
福岡方面から来た人、横浜からはるばるやって来た人も!
外国人のお客さんもいました!

冊子ぎっしりに書かれたメッセージを見るだけでも
心が温まります。

中には「ここに来るのは3回目です!」と
リピーターのお客さんも多いようで。
一度ならず、何度も来たくなるような落ち着くお店です^^

だんご汁+のどかセット(850円)

だんご汁+のどかセット(850円)

こちらが人気NO.1のだんご汁。
オーダーの方法は単品と、のどかセット付きと2種類あります。

単品だと700円でだんご汁、4種の小鉢。
のどかセットは+150円で更に
俵おむすび2個とアイスクリームが付きます。

かなり満腹!!

かなり満腹!!

味付けはいりこダシに味噌ベース。
地元の小麦粉を使用しただんごは、モッチモチでツルツル!
私はやせうまの平たい麺を想像していましたが、県北はこの色合い・この形なのだそうです。


だんごと一緒に野菜もたっぷり!
ごぼう、しいたけ、にんじん、かぼちゃ、
大根、白菜、玉ねぎ、長ネギ、油揚げとかなり具だくさんです。
この1杯だけで一日分の野菜が摂れそうです。

だんご汁だけでもかなりお腹いっぱいになるので
のどかセットを付けるなら空腹の状態がおススメです。

実は

実は

「門前茶屋のどか。」では、甘味の種類も多い。
その甘味だけを食べに来るお客さんもいて、
喫茶店のような感覚で利用することもできます。

こだわりは何と言っても北海道小豆のあんこ!!
粒が大きくて上品な甘さです。
自慢のあんこを使った甘味も外せませんね^^

----------------ジモッシュ!コラボ企画-----------------------
注文時に「ジモッシュ見た」「ラジオ聞いた」で
のどか特製キャラクターの缶バッジを1人1つプレゼント!
店でしか手に入らないレアなグッズです。
(有効期限:3月末まで)
------------------------------------------------------------------------

門前茶屋のどか。

所在地
〒871-0311 中津市本耶馬溪町跡田(あとだ)1364-1
営業時間
10:00~19:00(定休日:火曜)
電話番号
0979-52-2267

詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

お花見情報まとめ【宇佐】

お花見情報まとめ【宇佐】

2019年の九州北部の桜は3月26日ごろ開花と予想されています。

今年の桜も目一杯満喫しよう!ということで、
宇佐市の桜スポットをご紹介いたします。

お花見の計画にお役立てください♪


※開花に合わせて都度、情報を更新していきます
※お花見の際は、路上駐車や早い時間からの場所取りなどで近隣の方のご迷惑にならないようにお願いします。

【その34ワ】【漫画】庭にわニワちゃんがいる!

【その34ワ】【漫画】庭にわニワちゃんがいる!

トリになりたいオンナの子ニワちゃんのゆる~い4コマ漫画 その34ワ「桜」

「うちのお母さん」面白エピソード集

「うちのお母さん」面白エピソード集

NOASエリアに実在する最強天然お母さん達。 爆笑・赤面エピソードを毎回2つずつ紹介していきます。 (ライター:バンビ)

【新店舗】山国町に築150年の古民家レストランがオープン【ランチ】

【新店舗】山国町に築150年の古民家レストランがオープン【ランチ】

伝統ある茅葺屋根とモダンな雰囲気が混じり合う、
自然食レストラン「KAYABUKI(かやぶき)」

およそ150年前建築された古民家でいただく地産地消ランチビュッフェ!

そして京都の三ツ星料亭で修業を終えた料理人が送る、
「罪悪感を抱かせないランチ」とは…?

【ランチ】地鶏を美味しく炭火で焼いて【中津市】

【ランチ】地鶏を美味しく炭火で焼いて【中津市】

中津市耶馬溪町のさらに山の奥。

地鶏料理が人気のあのお店にやって来ました。


(ライター:HARA-chan)

一覧はこちら

HARA-chanの関連記事WRITER ARTICLE POST

【ランチ】地鶏を美味しく炭火で焼いて【中津市】

【ランチ】地鶏を美味しく炭火で焼いて【中津市】

中津市耶馬溪町のさらに山の奥。

地鶏料理が人気のあのお店にやって来ました。


(ライター:HARA-chan)

【ランチ】こだわりの味。春色パスタ【中津市】

【ランチ】こだわりの味。春色パスタ【中津市】

ある晴れた日の午後。
ご年配の方が多い!中津市の喫茶店を見つけました。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】女子もガッツリ!チキン南蛮【中津市】

【ランチ】女子もガッツリ!チキン南蛮【中津市】

中津市のとあるバーの、とあるランチが
女子高生など若い女性客に人気なのだそうです。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】和と洋の両方を味わえる贅沢ランチ【豊前市】

【ランチ】和と洋の両方を味わえる贅沢ランチ【豊前市】

豊前市の住宅地に家の様なレストランを発見。

このレストランにしかない、
「和洋折衷」を織り込んだランチが
女性に人気なのだそうですよ。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】こなみといえばコレ!【中津市】

【ランチ】こなみといえばコレ!【中津市】

中津市のとある食事処で
「ランチに来たお客さんの98%はコレを注文する」
という、地元の人に定着したランチを発見しました。

(ライター:HARA-chan)

一覧はこちら

ページTOPへ