中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリア

【ランチ】だんご汁を味わうならココ!【中津市】

最近テレビでも紹介があった
大分の郷土料理「だんご汁」。

そんなホットな食べ物を味わうなら
ココがおススメです。

(ライター:HARA-chan)

(2019.3.04)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「門前茶屋のどか。」

「門前茶屋のどか。」

今回ランチを求めてやって来たのは
中津市本耶馬溪町。

羅漢寺(らかんじ)という
本耶馬溪町にあるお寺の付近に
お店があります。

ちなみに、小道の奥に見える古民家がお店です!

カワイイ。

カワイイ。

店内はこんな感じ。
テーブル席、テラス席、座敷があります。


この時期はひな祭りが近いというだけあって
ひな人形が飾ってありました。

その他にも
ところどころに可愛らしい置物や
ユーモア溢れる時計など
インスタ映えしそうな物がいっぱい。

なんと店構えや店内のインテリアは
全てオーナーとオーナーのお父様の手作りなのだとか!

心温まるこんな物も・・・

心温まるこんな物も・・・

食べに来たお客さんが
メッセージを書く用の冊子を見せてもらいました。
福岡方面から来た人、横浜からはるばるやって来た人も!
外国人のお客さんもいました!

冊子ぎっしりに書かれたメッセージを見るだけでも
心が温まります。

中には「ここに来るのは3回目です!」と
リピーターのお客さんも多いようで。
一度ならず、何度も来たくなるような落ち着くお店です^^

だんご汁+のどかセット(850円)

だんご汁+のどかセット(850円)

こちらが人気NO.1のだんご汁。
オーダーの方法は単品と、のどかセット付きと2種類あります。

単品だと700円でだんご汁、4種の小鉢。
のどかセットは+150円で更に
俵おむすび2個とアイスクリームが付きます。

かなり満腹!!

かなり満腹!!

味付けはいりこダシに味噌ベース。
地元の小麦粉を使用しただんごは、モッチモチでツルツル!
私はやせうまの平たい麺を想像していましたが、県北はこの色合い・この形なのだそうです。


だんごと一緒に野菜もたっぷり!
ごぼう、しいたけ、にんじん、かぼちゃ、
大根、白菜、玉ねぎ、長ネギ、油揚げとかなり具だくさんです。
この1杯だけで一日分の野菜が摂れそうです。

だんご汁だけでもかなりお腹いっぱいになるので
のどかセットを付けるなら空腹の状態がおススメです。

実は

実は

「門前茶屋のどか。」では、甘味の種類も多い。
その甘味だけを食べに来るお客さんもいて、
喫茶店のような感覚で利用することもできます。

こだわりは何と言っても北海道小豆のあんこ!!
粒が大きくて上品な甘さです。
自慢のあんこを使った甘味も外せませんね^^

----------------ジモッシュ!コラボ企画-----------------------
注文時に「ジモッシュ見た」「ラジオ聞いた」で
のどか特製キャラクターの缶バッジを1人1つプレゼント!
店でしか手に入らないレアなグッズです。
(有効期限:3月末まで)
------------------------------------------------------------------------

門前茶屋のどか。

所在地
〒871-0311 中津市本耶馬溪町跡田(あとだ)1364-1
営業時間
10:00~19:00(定休日:火曜)
電話番号
0979-52-2267

詳細はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

【読み切り・全3回】本当に体験した怖い・不思議なはなし【第3怪】巨大な物体

全3回にわたってお送りしているNOASエリアの住民が本当に体験した怖い、不思議なお話・・・・。最後となる 第3怪は「巨大な物体」です。

【お昼はお弁当】丸善かまぼこ店のお惣菜で自分だけのお弁当

【お昼はお弁当】丸善かまぼこ店のお惣菜で自分だけのお弁当

 中津市の老舗かまぼこ店、丸善かまぼこ店のお惣菜が美味しい。お昼に行くとマイ弁当を作ることが出来ます。
 丸善かまぼこ店のお惣菜は、野菜、お肉、海の幸とたくさんの種類が。美味しそうなお惣菜が目の前に並ぶとどれにしようか迷ってしまいます。さて、どんなお弁当が出来上がったでしょうか?!

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

ジモプチトリップvol.11 自然が織りなす不思議 さるとび村のさんぽ道【中津】

まだまだ様々な見所が満載のNOASエリア。地元だからこそ気軽にフラっと訪れることが出来るプチ名所を紹介していきます。

中津市の山国町の「さるとび村のさんぽ道」は猿飛千壺峡、念仏橋、魔林峡をみることが出来る遊歩道です。3カ所の内のひとつに行くなら、遊歩道を歩いて全てを見ないともったいないですよ!

【豊前市】色が変わる!?暑さを吹き飛ばすハッピードリンク

【豊前市】色が変わる!?暑さを吹き飛ばすハッピードリンク

毎日暑い!立ってるだけで汗が出る2019・夏。
でもそんな夏にピッタリの飲み物を、豊前市で発見しちゃいました。
数量限定で販売中らしいので、お早めにどうぞ。

焼きたてほかほか「ちるぱん」に行ってきた

焼きたてほかほか「ちるぱん」に行ってきた

 「ちるぱん」に行って来ました。
ちる(chill)=ゆったりする、まったりする、という意味。お店にゆっくりしに来て欲しい、そんな思いが店名になっています。
 その思い通りに、一人で来ても、大勢で来ても、ゆったり、まったり出来るお店の雰囲気です。

一覧はこちら

HARA-chanの関連記事WRITER ARTICLE POST

【調査!】中津市のあのお店って…?

【調査!】中津市のあのお店って…?

今回、ジモッシュ!web・WEB事業部宛に
ユーザー様からの調査依頼が届きました!!

どうやら中津市上如水、井出ちゃんぽんの向かい側に雑貨屋らしきお店があるという…。
「どんなおみせなのか気になるのでリサーチしてください!」
という事で、ジモッシュライターが調査に行ってきました。

(ライター:HARA-chan)

【新店舗】昭和レトロな「軽食喫茶みやまち」を取材!

【新店舗】昭和レトロな「軽食喫茶みやまち」を取材!

豊後高田市宮町(みやまち)にて7月16日にオープン。
時間を忘れてついつい長居してしまう、その秘密とは…?

「軽食喫茶みやまち」を取材してきました。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】あの「のがみ」が肉うどん店をオープン!?【豊後高田市】

【ランチ】あの「のがみ」が肉うどん店をオープン!?【豊後高田市】

豊後高田市にて、2019年3月下旬にオープン。

あの最高級おおいた和牛の取り扱いで有名な「のがみ」が
肉うどん店を開業したのだそうですよ!

早速リサーチしてきました。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】肉にトコトンこだわった極上の赤身ステーキ丼【中津市】

【ランチ】肉にトコトンこだわった極上の赤身ステーキ丼【中津市】

ー最高品質の肉をなるべく低価格でー

肉の仕入れから調理法まで
究極にこだわったオーナーの作るランチを
紹介します。

(ライター:HARA-chan)

冷やし中華はじめました。【中津市/宇佐市/豊前市】

冷やし中華はじめました。【中津市/宇佐市/豊前市】

今年も夏がやって来ました。
年々暑さが強くなり、夏バテが辛い時期・・・。
ですが、この時期にしか味わえない私たちのソウルフードを
お忘れではなかろうか?

そう、それは「冷やし中華」である。

夏季限定に出される、あの冷たくてサッパリとした味わい。
地元でもあちらこちらで「冷やし中華はじめました」。

※トップ画像はイメージです。

(ライター:Yosaroh,HARA-chan,与太郎,)

一覧はこちら

ページTOPへ