ノースエリアとは、大分県北の中津市・宇佐市・豊後高田市、福岡県南の豊前市・上毛町・吉富町を指す総称です

【調査・まとめ】地元テイクアウト需要は増えているのか⁉

新型コロナの影響は地元の「食」にも大きく影響しています。昨日、地元の某寿司チェーンにて家族分の持ち帰り寿司を注文した際、夕方4時の注文時点で夜7時40分頃の受け渡しと多くの方が持ち帰りへシフトしている事がわかりました。

これは、地元のテイクアウトにも幅広く影響しているのでは!?
そこで、地元テイクアウトと言えば「唐揚」。有名店を中心に聞き込みをしました。

(2020.3.07)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

地元のからあげ店

地元のからあげ店

宇佐市の有名唐揚店店主
「テイクアウト」が2月中旬から多く平年のこの時期と比べると多く感じるし売上も増加している。
中津市の老舗唐揚専門店社長
「百貨店催事出店の売上が減った。百貨店の集客自体が落ちているのを実感する。
しかし、店舗では配達注文が2月後半から増え休日の夕方は予約で満杯です」

他の唐揚専門店にもヒアリングすると、どの店舗も“持ち帰り”が増えたと同意見を聞けた。

聖地中津からあげの会の間地会長は「多くのお客様が、コロナの影響で外食せずに家で食事を楽しむ傾向に見受けられます。学校休校もあり子供が買い物に来る事も多くなった」と現状を語りました。

地元某スーパー

地元某スーパー

また地元の食卓を支えるスーパーにも聞いてみた、地元老舗のスーパーのデリマートかなえだ金枝代表は「地元のイベントの中止により、大量のお弁当のキャンセルがでました。しかし、店売りのオリジナル弁当は好評で良く出ている。ただ感染対策として揚げ物や総菜のビュッフェ形式の販売を一時中止しました。食材は包装し衛生的に配慮し販売しています」
やはりテイクアウト需要は地元でも活況です。

居酒屋系

しかし居酒屋店などの飲食店は非常に悪い状況で、筆者の知り合いが経営する中津市内の居酒屋では、歓送迎会のキャンセルが増え普段の常連さんもまばらとなっている。この状況が数ヶ月続くと経営がもたないと嘆いており、早めの終息を願っておりました。この規模の状況では個人や友達ぐるみの来店支援ではごく限定的であり、感染拡大が長引けば、国の即急かつ具体的な解決策・支援策しかありません。

様々な地元業種にも影響を与えているコロナウイルス、早くの終息を願うばかりです。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

【コロナ対策!】アルコールハンドジェル、あります!【プロショップ新居】

【コロナ対策!】アルコールハンドジェル、あります!【プロショップ新居】

現在、新型コロナウイルスによる影響で、不安な毎日を過ごしていることと思います。
今、各自でできること…。
それは、一人ひとりの予防意識を高め、できる範囲の対策をしていくことです。
大切な家族・友人を守るため、この地域を守るため、皆さま一人ひとりのご協力が必要です。
こまめに予防をして、感染拡大を防ぎましょう!

老舗醤油店の新たな挑戦【中津市/むろや醤油】

老舗醤油店の新たな挑戦【中津市/むろや醤油】

享保元年(1716年)創業、中津市で最も歴史の古いお醤油屋さん「むろや醤油」をご紹介します。
13代目当主の急逝により惜しまれつつ休業された後、約半年間の充電期間を経て復活。
その歴史と伝統を未来へ受け継ぐために、新たな挑戦を続けています。

豊前市【新型コロナ発生情報】更新2020年4月8日(水)

豊前市【新型コロナ発生情報】更新2020年4月8日(水)

※更新2020年4月8日(水)更新

NOASエリアである福岡県豊前市にて、コロナウイルス感染症の感染4例目が発生しております。
下記情報は豊前市役所公式HP・福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部(事務局:保健医療介護部がん感染症疾病対策課)にて発表されています。

【閉店】鶏白湯ラーメン とりの助 大分中津店【大分県中津市】

【閉店】鶏白湯ラーメン とりの助 大分中津店【大分県中津市】

大分県中津市上如水にありました「鶏白湯ラーメン とりの助 大分中津店」が2020年3月31日に閉店していたことがわかりました。
店頭の張り紙にて確認いたしました。

長らく地域で愛されていたお店がなくなるのは
とても残念です。

=======================
ジモッシュ!webでは、地元のニュース情報、
新店舗、閉店の情報を募集しています。
ぜひ「zimo@789.fm」まで情報をお寄せください!
=======================

新型コロナウイルスの影響 ノースエリアの今!①

新型コロナウイルスの影響 ノースエリアの今!①

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で、大分県は1日、県民に対して4月7日まで不要不急の外出やイベントへの参加を自粛するよう要請しました。
全国でも生活や仕事が制限されて、世の中に暗いムードが漂っています。

消費市場も過去にないほどの落ち込み方を見せている今、 ノースエリアの日常への影響はどうなっているのでしょうか?NOAS FMパーソナリティMICHIROCKが、宇佐市にて現状を調査しました。

一覧はこちら

ページTOPへ