中津市・宇佐市・豊後高田市・豊前市・吉富町・上毛町エリアをダッシュする

地元をダッシュするニュースサイト ジモッシュ

ライターにぼしのホシの【キャンプでビールでニクつつく】#64

公開日:2022年12月21日 (更新日:2024年04月11日)

ライター:にぼしのホシ

連載シリーズとして【キャンプでビールでニクつつく】編、第64弾をお送りいたします。

この連載では、日本キャンプ協会公認キャンプインストラクター&日本バーベキュー協会認定のバーベキューインストラクターであるにぼしのホシが、キャンプ&バーベキューの便利なグッズを紹介したり、キャンプ&バーベキューの楽しさをお届けしていきます。

自宅とは違う環境の中で不便を楽しんだり、自然環境の中で快適さを工夫したりと楽しみ方は無限大です。

自然環境の中でお子さんの体験教育にも役立つと思いますし、安全と衛生、災害時にも役立つ情報を発信できればと思いますのでどうぞお付き合いください。

第64弾は、“みんな大好き石焼き芋”をご紹介します。

やって来ました!夏!

夏が来ましたねー。

海や山、祭りやイベントなど盛りだくさんですね。

くれぐれも怪我や熱中症にはお気をつけください。

今日は焼き芋用の石でしっとりとした焼き芋を作ってみたいと思います。

用意したのはキャプテンスタッグの“焼き重用石”

ざーっと洗います

ざーっと水洗い。

そして準備する間に乾かします。

この時期はすぐに乾きます。

コールマンダッチオーブン

シーズニングして保存しています。

いいツヤ感です。

育て途中

じゃんじゃん使っていい味わいに仕上げたいですねー。

残りの水分を飛ばします

一度も経験したことはありませんが、石がハゼる場合があるという事なので離れておきましょう。

可愛いサイズ

可愛いお芋ちゃん。

ジャガイモととうもろこしもご一緒に。

しばし待ちます

焚き火は炎が上がらない程度で、30分ほど待ちます。

ひっくり返してもうしばらく待ちます

ええ香りやー。

触ってみて柔らかくなってるので、火から離して余熱で仕上げます。

カンセーイ

遠赤外線でじっくり焼いた焼き芋は、しっとりの仕上がり。

皮ごと丸かじりです。

ジャガイモはバターをのせて。

とうもろこしは皮をむいたらツヤッツヤ。

↑いつもの通り飲みすぎて写真は撮り忘れました。笑

ちょっとの手間と工夫で大満足の美味しさでした。

では今回はこの辺で。

お付き合いいただきありがとうございました。

内容は2024年04月11日時点の情報のため、最新の情報とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

アバター

にぼしのホシ

キャンプとバーベキューをこよなく愛するライターです。 YouTubeエガちゃんねる○ーパン村 村民のあたおかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です



Instagram LINE あなたのお店を紹介しませんか?
あなたのお店を紹介しませんか?