中津・宇佐・豊後高田・豊前・吉富・上毛エリア

-地元の赤グルメ②in中津市-

クリスマスはもう終わってしまいましたが
冬はまだまだこれからですよ。

地元に存在する赤くて辛いグルメを紹介。
寒い季節だからこそ辛い物を食べましょう。
(ライター:HARA-chan)

(2018.12.27)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

第2弾は「京都しもがも担々麺~賢魂一滴~」さんへ

第2弾は「京都しもがも担々麺~賢魂一滴~」さんへ

中津駅南口から市役所方面へ進んだところ、
道路沿いにお店があります。
「タンタン麺」と書かれたのぼりを見つけたら、
もうお店はすぐそこ。

駐車場は、店の隣にあるコーヨー堂さんの「34番」。
車が停められなくて別の番号の駐車場に停めたお客さんには駐車券を見せると100円のキャッシュバックがあります。

ここは約2年前に別の場所にオープン。
今年の5月に現在の場所に移転したのだそうですよ。

広めの店内

広めの店内

カウンター席とテーブル席があります。

スペースが広いので
荷物が多い人や、キャリーバッグを抱えた人にも
利用しやすいです。

さっそく注文してみようー!

さっそく注文してみようー!

ここでは初回の注文のみ食券を購入して
店員さんに渡す注文スタイルになっています。

替え玉などの追加の注文は、
そのまま店員さんに伝えてもOK。

お客さんの要望に沿ったメニューも

お客さんの要望に沿ったメニューも

その日のセットメニューや
お客さんの嗜好に合わせた提案メニューなども
用意してあって、お客さん想いなのが伝わります^^

実食!ウマ辛担々麺 並(800円)

実食!ウマ辛担々麺

全ての工程において一から手作りの
店主オリジナル担々麺。
細めの麺にネギ、ひき肉、糸唐辛子が載っています。


味の決め手となるスープは野菜・ガラに練りごまベース。
さらにウマ辛の元が足されて、
ピリリと辛い、でも美味しいウマ辛担々麺です。


スープの隠し味に
茹でて素揚げしたピーナッツの香りと食感が
クセになります!

辛さの調節ができます

辛さの調節ができます

ウマ辛担々麺は誰でも美味しく食べれるように
ピリ辛に仕上げてあります。

辛さが足りない人向けに
粉唐辛子と自家製の豆板醤が用意されているので
お好みで足してみて。

私は両方入れてみましたが
粉唐辛子の方は担々麺の風味を邪魔しない、純粋に辛さを増してくれます。
豆板醤の方は若干の酸っぱさとニンニクがアクセントになります。

ごちそうさまでした!

ごちそうさまでした!

食べ終わる頃には
顔が汗ばんでいました。

名前の通り、ウマ辛で美味しかったです!
ご馳走様でした。
何度も食べに行きたくなります^^


今回ジモッシュ!とのコラボ企画で
「ジモッシュ!見た」と伝えると
替え玉の小(50円)と並(100円)が1杯分無料になります!!
(期間:~1月27日)

追記

追記

コチラのお店、夜は「HAMELN」というダーツバーに
早変わりします。

中津ではなかなか見られない
スペシャルなお酒が気になります・・・!

ちなみに担々麺は夜でも注文できるので
昼に食べ逃した人は、夜に食べれますよ。


○年末年始の営業時間○
京都しもがも担々麺~賢魂一滴~:31日(月)、1日(火)休み
HAMELN:休まず営業

京都しもがも担々麺~賢魂一滴~

所在地
〒871-0058 中津市豊田町11-10 久保ビル1F
営業時間
11:30~15:30(LO15:00)、18:00~24:30 ※定休日:火曜・第2第4水曜
電話番号
090-4586-4603
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

関連記事RELATED POST

【ランチ】こだわりの味。春色パスタ【中津市】

【ランチ】こだわりの味。春色パスタ【中津市】

ある晴れた日の午後。
ご年配の方が多い!中津市の喫茶店を見つけました。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】自家製つるしこ細麺!びっくりごぼ天うどん【中津市】

【ランチ】自家製つるしこ細麺!びっくりごぼ天うどん【中津市】

自家製麺、注文を受けてから茹であげ。
毎日お店で昆布と鰹から出汁(だし)を引く。
麺の上げおきはせず、お客様の入りに合わせて都度ゆがくそうです。

来てくれた全てのお客様に、最高の美味しいうどんを食べていただきたい。
そんな店主の熱い想いが込められた1杯に迫ります。

【ランチ】手作りランチは癒しの魔法【中津市】

【ランチ】手作りランチは癒しの魔法【中津市】

啓蟄(けいちつ)を迎え、ポカポカと暖かい日が増えてきました。
洋服も軽くなり、深呼吸がきもちいい!

今回お邪魔したのは「手作りケーキ&カフェ さんぽみち」さんです。
少し場所がわかりづらいのですが、そんな部分さえも愛おしくなる、
自然と光に溢れた素敵なお店でした。

お散歩がてら、少し足を延ばしてみませんか?

[ライター:与太郎]

【ランチ】いつものやつね!と頼んでみたい。さんかく屋根の喫茶店【中津市】

【ランチ】いつものやつね!と頼んでみたい。さんかく屋根の喫茶店【中津市】

212号線沿い、喫茶ロッシュ。
知らない人はおりますまい。

モーニングに、ランチに、コーヒーに、優しい店員さん!
喫茶店にあってほしい要素全部入りのお店でした。

着物をもっと身近に、楽しく!【着物お手入れ処 小川屋】

着物をもっと身近に、楽しく!【着物お手入れ処 小川屋】

しっ‐かい【悉皆】
① 一つ残らず全部。ことごとく。(三省堂 大辞林より)

城下町の風情を色濃く残す、中津市片端町(かたはまち)。
着物が似合う歴史的な町並みの中にある小川屋は、『悉皆業』を営んでいます。

その名が表すとおり、着物に関するお手入れやリメイクなど、
一切合切を請け負う『悉皆屋(しっかいや)』
今回は、謎のベールに包まれた、お仕事の内容に迫ります!

一覧はこちら

HARA-chanの関連記事WRITER ARTICLE POST

【ランチ】こだわりの味。春色パスタ【中津市】

【ランチ】こだわりの味。春色パスタ【中津市】

ある晴れた日の午後。
ご年配の方が多い!中津市の喫茶店を見つけました。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】女子もガッツリ!チキン南蛮【中津市】

【ランチ】女子もガッツリ!チキン南蛮【中津市】

中津市のとあるバーの、とあるランチが
女子高生など若い女性客に人気なのだそうです。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】和と洋の両方を味わえる贅沢ランチ【豊前市】

【ランチ】和と洋の両方を味わえる贅沢ランチ【豊前市】

豊前市の住宅地に家の様なレストランを発見。

このレストランにしかない、
「和洋折衷」を織り込んだランチが
女性に人気なのだそうですよ。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】だんご汁を味わうならココ!【中津市】

【ランチ】だんご汁を味わうならココ!【中津市】

最近テレビでも紹介があった
大分の郷土料理「だんご汁」。

そんなホットな食べ物を味わうなら
ココがおススメです。

(ライター:HARA-chan)

【ランチ】こなみといえばコレ!【中津市】

【ランチ】こなみといえばコレ!【中津市】

中津市のとある食事処で
「ランチに来たお客さんの98%はコレを注文する」
という、地元の人に定着したランチを発見しました。

(ライター:HARA-chan)

一覧はこちら

ページTOPへ